ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

「いけない」という恐れからの脱却

   

excitment

ついつい使う言葉「~しなきゃいけない」

日々の生活の中で私たちは様々な情報に触れています。日々、情報量は倍増していますね。その情報に飲み込まれてしまうと、様々な「いけない」という概念が付きまといます。
「○○を食べてはいけない」「○○をしてはいけない」「○○でないといけない」・・・と様々な「いけない」があります。そして、大抵の場合、この「いけない」は何らかの外側との比較や恐れの動機があるものです。「いけない」という言葉を使えば使うほど、自分の中に壁や制限を作り出し、恐怖や恐れ、心配や不安が増幅します。

 

「恐れ」からか「ワクワク」からか

何をするにも、その動機として「恐れ」があると、不安や心配等の余計な想いが付きまといます。長い目で見れば、不安や心配も経験として、後から振り返って「あれはいい経験だった」というように捉える事ができますが、それもパターン化して、何かするためには心配や不安にならなければいけない・・という思考パターンや行動パターンになりがちです。つまりは、余計な傷付く体験が伴うということになります。本来の私たちはスムーズに人生を展開させていくことができるものです。その秘訣としては、全ての行動の動機を「ワクワク」にしておくことです。どんな嫌な仕事や義務、日々の生活のサイクルの中にある行動の原動力を「恐れ」ではなく、「ワクワク感」を考えてみることがポイントです。

 

好きなことや楽しいことを日々の中で行うこと

日々の生活の中でワクワクを感じる事、つまりは心から楽しいと思うことや、ワクワクすること、夢中になることなどにまずは意識の焦点を当てていくことです。いきなり全てをワクワクにしていくことは難しいかもしれません。でも、少しであれば楽しい事やワクワクを感じられることができるでしょう。ワクワク感を感じられることであれば、何でもOKです。

 

小さい頃塗り絵が好きであれば塗り絵をちょっとやってみる。音楽が好きならば、好きな音楽を集中してきく。笑うことが好きであれば、心から笑える映画やドラマを見る。作曲をしてみたかったら、鼻歌から始めてみる・・など、1日少しづつでよいのでワクワクを感じられることを、どんな状況であれ行います。

 

そして、大切なのは、周りの情報も自分のワクワクをサポートしてくれるものにフォーカスをして、様々な恐れを煽る情報は情報としてのみ認識し、参加をしないことです。情報社会、自分らしく生きるために必要な情報を的確に活用していくことがとても大切だと感じています。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

自分の価値をビジョンを通して知る

五感や感情という感覚意識を通して、私たちは日常を生活しています。五感と感情がビジョンです。一般的にはビジョンというと映像的な印象があると思いますが、ビジョンとは五感と感情が組み合わさった複合体です。 …

no image
言葉の乗り物

私達が普段使っている言葉は全て形を持っています。目には見え無いのだけども、全てに言葉の意図が入った形。例えるなら、「乗り物」ですね。 例えば、電車や飛行機。目的地が設定されていて、ちゃんと目的地まで運 …

ネイリストの妹との自信についての対話から

ワールドブルー内でネイルサロン925を行っているネイリストの妹が先日ふとこんな質問をしました。 「自分が上手いと思い込めば、本当にうまくなるのかなぁ」と。その裏には、妹は他のネイリストと比べると遅咲き …

no image
想い=現実

結局、この世の中で見ている世界は自分が想像(創造)している世界です。そして、それは個人個人ユニークな世界になっています。だから、他人と比較することは正直あまり価値は無いことです。なぜならば、一人一人が …

他者を認めた上でのコミュニケーションの必要性

現代は多様性の時代ですね。様々な考えを持つ人がいて、様々なテクノロジーや概念が生まれ、様々な生き方ができるようになってきました。そして、時代は個のパワーの時代になってきています。個性と個性が繋がり、大 …

no image
暗号を解く

本日のニュースで第二次大戦中にナチス・ドイツが暗号機のエニグマを使って発信した暗号文の未解読となっていたものが解読できたというものがありました。 http://headlines.yahoo.co.j …

あなたが存在しなければ他者は存在できない

この世界は多様的であり、本当にたくさんの概念が存在し、様々なことを体験をすることができます。でも、それはあまりにもたくさんありすぎて、あなた一人で全部の体験をすることができません。でも、私たちはなるべ …

恐れはパワフルに私たちの想いを増幅させる

ビクビクすることや怖いと感じることに対して、過敏に反応したり戦ったりすることで、更に対象となるものに力を与えることになります。   例えば、寺院にある仁王像などちょっと怖い顔をしている仏像。 …

no image
アカシックレコードvsリモートビューイング

本日、リモートビューイングワークショップの1日目が終了しました。1日目はリモートビューイングとは何か?なぜそれが可能なのか?できない理由は何か?どうやったらできるのか?という内容を概念から説明させてい …

no image
スピリチュアルって?

スピリチュアルという言葉が様々なところで使われるようになりました。 スピリチュアルとは「精神的な、霊的な」という意味ですが、螺旋状に伸びるこの次元での私たちの存在のことであったり、肉体意識の進化を表し …