謎!チェーン店なのにある店舗の唐揚げが異常に美味しいのはなぜ?

color_shower

以前某ドキュメント番組で、何度も足を運んでしまう唐揚げ定食のお店の話がありました。その番組では、ある方は毎日通っている程、病み付きになってしまい、何かヤバいものが混入されているんじゃないかということで、その理由を様々な角度から調査をしました。

チェーン店で全く同じレシピなのに・・・

そのお店は、チェーン店。全ての店舗がマニュアル化されており、どのお店も全く同じレシピで作られていました。なので、基本的にどの店舗も同じ味になるはずです。そこで、そのチェーン店の本社に行き、マネージャーに確認すると、明らかに調査をしている店舗の唐揚げ定食が出る率が他の店舗よりかなり高いとのことで、マネージャーを連れて、その店舗に調査に行きました。

 

病み付きにさせてしまうヤバいものの正体

マネージャーが確認したところ作り方はマニュアル通りで他の店舗と同じ。でも食べてみると明らかに美味しい。でもレシピ的には特に秘密はなさそう。そこで、唐揚げを揚げているスタッフに何か秘密があるんじゃないかということで、唐揚げを挙げている店長を調査すると、確かにその店長が唐揚げを揚げるようになってから、売り上げが上がっているとのこと。そこで直接その店長に、「何かヤバいもの入れてませんか?」と聞くと・・・

特別に入れているとすれば「まごころ」という答えでした。せっかくお越しになるお客様に美味しく召し上がってほしいという想いから、心を込めて作っている、という話で番組は終わりました。

 

心を込める事でビジョンが輝く

よく料理は心という話があります。パートナーとご飯を作る際には、一度ハグをしてから作ると美味しい料理になるという話も聞いた事があります。まさにこの店長さんのまごころという話はとても分かりやすい話だと感じました。料理だけではなく、何事も心を込めることで、それは多くの人と共鳴し魅力的な世界が展開されます。ビジネスやマーケティングではもちろん、人間関係、目に見えてはいない世界との関係性など、様々な場面で心を込めることが豊かさを引き寄せてくれると感じます。こころを込めることを簡単に言えば、意図を明確にするということですね。どんな時でも、心ここに有らず状態ではなくて、全てを認めて、今行っている事の意義を味わいながら、行動することですね。そうすることで、本質的な心、ビジョンがどんどんと開花していきます。

育児をして日々気付く事がたくさんあります。ぐずっている娘をあやしている時、「早くねてくれないかなぁ」なんて思いながらあやしていると、余計にぐずってしまう。焦らずに、娘と向き合い、心を込めてあやすと娘もリラックスしてきます。娘にいろんなことを教えてもらっています。日々精進です。

★「Love for パートナーシップ」開催します。★

10月20日(月)10:00-12:00に、和奏やよいさん主催で僕のワークショップ「Love for パートナーシップ」を横浜市都筑区にあるやよいさん宅で開催します。お席がわずかにあるとのことなのでこちらでもご案内させていただきました。

恋愛は人間体験の中でも最もすばらしい関係性である反面難しい関係性でもあります。このワークでは理想的なパートナーと出会うために、そして現在のパートナーシップをもっと豊かにするためのワークショップです。下記の内容をメインにパートナーシップについてお話をさせていただきます。

・理想のパートナーと出会うための3ステップ
・関係性を豊かにするためのワーク
・理想のパートナーと出会うための祈りのワーク

お申し込みは下記のリンクから、直接、和奏やよいさんまでお申し込みください。もしくは、info@w-blue.comまでメールいただいても構いません。
http://ameblo.jp/rainbow-tree-wakana/entry-11938314432.html

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。