ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

競争することから脱却するための方法は?

   

flower_birthing

日常の様々な場面で、私たちは競争心を抱いてしまうことがありますね。仕事の場面、友達との関係性の中で生まれる競争心。競争することは、嫉妬や妬みを生み出し、健全ではありません。正直、無駄な心と言ってもいいでしょう。確かに、競争することで、モチベーションを高めて、頑張れるというメリットもあるかもしれません。しかし、それは一時的にはいいかもしれませんが、競争の輪のサイクルから抜け出せず、心が休まることができなくなり、常に他者や他社を気にして焦ることにもなりますし、何しろ自分らしく生きることができなくなります。

 

競争のサイクルから突破するためには

競争のサイクルから突破するためには、ズバリ自分の力で自分自身を認めるサイクルに入っていく必要性があります。競争が起こる原因は、他者との比較。自分の正しさや正当性を外側に置いている状態。誰かからの承認を求めて、「何か間違っているんじゃないか」「自分が絶対正しい」という想い。これらの自分の証拠探しが、外側に向かっていると、他者との比較が活性化してきます。このサイクルから出るためには、自分で自分を認めることが重要です。

 

ひとりひとりがユニークで貴重な存在

自分を自分で認めるためには、オリジナルの創造力・クリエイティビティを日常の中で発揮していくことがまずは大切なキーです。それを個性と言ってもいいでしょう。この世界ではあなたはあなたしかいません。他の誰もあなたになることはできない。一人一人がユニークな存在で、他の誰かと同じになる必要性は全くありません。何かのビジネスを展開している場合、価格競争に参加してしまう場合もあると思いますが、これも同じ。他の誰かより安くしたり真似をして競争をすると、一時的には効果があるかもしれませんが、長い目でみるといつも外側ばかりを気にしてしまい、心が休まらず自滅してしまうことも。自分自身のユニークさ・個性を発揮することで、それに引き寄せられて人は集まります。価格ではなく、個性的なコンテンツ。競争の輪からでるポイントは個性の表現にあります。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
「知る」ということ♪

ある事柄について知識としては理論的に頭(知性)で分かることがあります。 また体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って分かる事もあります。 そして、さらにその体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って …

no image
イメチェンの意図

自分の他のモード(意識、隠れた能力等)を発見したり知るためにはイメージチェンジが効果ありです。外見を変えることで、内面の何かが共鳴します。もしくは、内面の何かが外見に共鳴するとも言うことができますね。 …

no image
人生のプロセスとバックグラウンド

先日仙台に行きましたが、僕にとって大きな出来事を思い出しました。 その当時、大学四年だった僕は教師を目指していましたが、アメリカへの短期留学やインターネットとの出会いを通して、「教師になるなら社会に出 …

第3の眼だけではアンバランスになる

スピリチュアルな世界や精神世界では霊性を高めたり、サイキック能力を活性化したり、明晰性を高めるために、第六チャクラの第3の眼を活性化することがポイントと言われています。僕自身もワークショップでは第3の …

概念をリリースしてオリジナリティを発揮する

世の中には何かを身に着けたり、行ったり、到達するための手法・アプローチは本当に様々あります。そのアプローチによって、様々な概念が生まれシンプルなものが複雑になっていくことがあります。そして、自分の中に …

no image
情報の真偽

世の中たくさんの情報が流れており、何が真実で真実で無いかを判断することは難しくなってきていると感じています。しかし、何を信じるかは抽象的になってしまいますが、結局は自分自身を信じるしか無いと思います。 …

世界は音と形で出来ている証

上記はヤントラと呼ばれるヴェーダの伝統的な銅版です。ヤントラとはこの世界のシステムを描いていたり宇宙の真理を描いている幾何学的な模様で、ヴェーダでは瞑想や儀式に活用されてきました。これだとよく意味が分 …

オリジナリティを輝かせるシンプルな方法

日々、情報が拡大している 様々な情報や概念が拡大している時代ですね。日々、インターネットやテレビ等のメディアの情報も拡大しており、欲しい情報をいつでも手に入れることが容易になってきています。その反面、 …

no image
ワールドブルーチャンネルVol.6「2011年の予感+お葉書コーナー」

2011年初のワールドブルーチャンネル。今回で第6回目になります。今回は2011年の私たちの意識に関わるアカシックレコードからの情報と、恒例になっていて何気なく好評を頂いています「おはがきコーナー」を …

no image
Double Star

Double Star(二重星)とは肉眼で見ると一つの星なのに、詳しく調べてみると重なり合っていたり、接近している恒星のことです。いつも輝いて見えている一つの星が実は二つの星だったりするんです。僕が知 …