ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

概念から自由になり世界がシンプルになる方法とは?

   

現実的にこの世界で生きていくためには様々な概念に属していきていく必要性があるポイントまであります。概念とは、様々な人々とのコミュニケーション上必要なもの。コミュニケーションを通して私たちは自分を知っていくプロセスを歩んでいるとすれば、概念は必要です。もし概念が無ければ、他者との交流がとても難しくなりますね。概念は意味や価値と言ってもいいでしょう。共通の意味や価値を共有することで、社会は成り立ちます。グループや団体、社会、文化などの集合的なものに属することも概念を共有する意味があります。ちなみに、このブログで使う言葉や僕自身の考え方や体験も皆さんにとっては概念の一つですね。

 

概念によって欲しいものから遠ざかってしまう

しかし、この概念には厄介な面もあります。概念をもっと別の言葉で言えば、制限、縛り、正しさ、絶対、というような言葉にもなり得ます。。

つまり、「こうじゃなければならない」「これが絶対に正しい」・・・というような想いが作られ、自分自身の世界に制限を掛けてしまいます。そこから、葛藤や抑圧、危機的な状況が生まれ、ほしいものが手に入らなかったり、なりたい自分になれない状態になります。また、「私が正しくて、あの人が間違っている」というような他者との比較も生まれますし、自分の概念という価値を他者に無理やり押し付けてしまうようなコントロールが起こったり、自分のオリジナルの輝きを発揮することの邪魔になるのも概念です。

このように概念は自分を知るためにもありますし、その逆に自分を遠ざけていくためにも作用し、少々複雑。

 

世界が複雑さからシンプルになるために

最終的には全ての概念からリリースされて、「何も無い」という瞬間へと道は通じています。「何も無い」とは外側の概念が全てなくて、何でも作り出せる状態です。言い方を変えれば「何も無いけど、全てある」という状態。般若心経の「色即是空、空即是色」的な世界感です。他者の評価を期待したり、自分の証拠を外側に投影する必要が全く無い状態で、逆に言えば、自分そのものがオリジナルの存在として世界を創造しているような、そんな存在に誰もがなっていきます。そのためには、様々な概念というフィルターに飲み込まれずに自分らしく活用し、創造力・クリエイティビティを発揮していく必要性があります。

この世界には絶対というものはありません。自分がどこに価値を置くかが概念を導きます。もし今属しているグループが自分のオリジナリティの価値と合わなかったり、拡大せずに収縮するフィーリングがあったりすれば、それは概念に飲み込まれてしまっている可能性があります。世の中の社会的な概念・価値は時代とともに変化していきます。無常な世界ですね。概念から自由になっていくと、世界はシンプルになっていきます。もちろん、いきなり全ての概念から解き放たれるのは社会にいる以上難しいかもしれませんが、日常の中で創造力を発揮し、「自分の力で自分を認めること」ができれば、自然と世界はシンプルになっていることに気付くでしょう。その時、あなたは多次元的に、どこにも属さずに存在している者となっています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

no image
受け取ることの大切さ

スピリチュアルなアイデアとして「与えること」はとても大切であるとよく言われています。それは宇宙の法則で「与えたものは全て自分に返ってくる」という法則があるためです。 確かにこれは一理あります。この現実 …

グラウンディングなビート

グラウンディングとは「地に足を付ける」という意味があって、要するにこの現実を生きるために必要な要素ですね。このグラウンディングが弱くなると、ちょっとフラフラとしてしまい不安が強くなったり、迷いが出たり …

穏やかな人間関係

嫉妬や妬み、恨みや傲慢さ等は他者との比較から生まれますが、その根本にある想いは他者や社会から認められたいという想いです。自分以外の人に自分自身を説明して理解をしてもらいたい、分かってもらいたいという思 …

no image
喧嘩の中にいる自分

私たち人間は、あの金八先生も言っているように、文字通り「人と人との間」で生きています。自分という存在は、他者がいなければ、感じることができないのは確かです。 アカシックリーディングでも多いご相談の一つ …

no image
自信deハッピーライフ

アカシックレコードリーディングで「自信が無くてなかなか行動できない」というような質問があがります。 自信とは文字通り、「自分を信じること」「自分を信頼すること」になりますが、今までなかなかできなかった …

no image
モード切り替え♪

人間は変わることはできません。なぜなら、生まれながら自分は自分だから。だから、自分を変えようなんて思う必要性は全く無く、自分自身を受け入れることがとても大切だと僕は感じます。 ただ、モードを切り替える …

誰もがクリエイター

  私たちは誰もがクリエイターであり、アーティストです。それは例え仕事として行っていなくても、日々の日常の中でアーティスティックな部分やデザイナー的な能力を発揮して人生を進めていきます。 & …

no image
疑問=答え

あるポイントになると質問と答えが同時に存在しています。その状態だと質問と答えが同時に存在しないとも言えるかもしれません。 でも、ここの世界ではその両方の間には時間と空間が存在しています。そのため、質問 …

中心点

今日は2011年の冬至から2012年の冬至のちょうど中心点の日。 これからますますビジョンというものがより明確になってくるように感じています。 思考パターンや行動パターン、先入観や固定概念、古い尺度か …

日常にある美しさの中に私たちがいる

目の前にあるものはどんな状態であれ、私たちが無垢で純粋な意識状態でいられると、言葉にすれば「美しい」「満足」という状態になります。その対象物との一体感が生まれ、もはや「私」と「対象物」というような分離 …