ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

概念から自由になり世界がシンプルになる方法とは?

   

現実的にこの世界で生きていくためには様々な概念に属していきていく必要性があるポイントまであります。概念とは、様々な人々とのコミュニケーション上必要なもの。コミュニケーションを通して私たちは自分を知っていくプロセスを歩んでいるとすれば、概念は必要です。もし概念が無ければ、他者との交流がとても難しくなりますね。概念は意味や価値と言ってもいいでしょう。共通の意味や価値を共有することで、社会は成り立ちます。グループや団体、社会、文化などの集合的なものに属することも概念を共有する意味があります。ちなみに、このブログで使う言葉や僕自身の考え方や体験も皆さんにとっては概念の一つですね。

 

概念によって欲しいものから遠ざかってしまう

しかし、この概念には厄介な面もあります。概念をもっと別の言葉で言えば、制限、縛り、正しさ、絶対、というような言葉にもなり得ます。。

つまり、「こうじゃなければならない」「これが絶対に正しい」・・・というような想いが作られ、自分自身の世界に制限を掛けてしまいます。そこから、葛藤や抑圧、危機的な状況が生まれ、ほしいものが手に入らなかったり、なりたい自分になれない状態になります。また、「私が正しくて、あの人が間違っている」というような他者との比較も生まれますし、自分の概念という価値を他者に無理やり押し付けてしまうようなコントロールが起こったり、自分のオリジナルの輝きを発揮することの邪魔になるのも概念です。

このように概念は自分を知るためにもありますし、その逆に自分を遠ざけていくためにも作用し、少々複雑。

 

世界が複雑さからシンプルになるために

最終的には全ての概念からリリースされて、「何も無い」という瞬間へと道は通じています。「何も無い」とは外側の概念が全てなくて、何でも作り出せる状態です。言い方を変えれば「何も無いけど、全てある」という状態。般若心経の「色即是空、空即是色」的な世界感です。他者の評価を期待したり、自分の証拠を外側に投影する必要が全く無い状態で、逆に言えば、自分そのものがオリジナルの存在として世界を創造しているような、そんな存在に誰もがなっていきます。そのためには、様々な概念というフィルターに飲み込まれずに自分らしく活用し、創造力・クリエイティビティを発揮していく必要性があります。

この世界には絶対というものはありません。自分がどこに価値を置くかが概念を導きます。もし今属しているグループが自分のオリジナリティの価値と合わなかったり、拡大せずに収縮するフィーリングがあったりすれば、それは概念に飲み込まれてしまっている可能性があります。世の中の社会的な概念・価値は時代とともに変化していきます。無常な世界ですね。概念から自由になっていくと、世界はシンプルになっていきます。もちろん、いきなり全ての概念から解き放たれるのは社会にいる以上難しいかもしれませんが、日常の中で創造力を発揮し、「自分の力で自分を認めること」ができれば、自然と世界はシンプルになっていることに気付くでしょう。その時、あなたは多次元的に、どこにも属さずに存在している者となっています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

3年B組金八先生シリーズ5

最近ふと気になり昔録画しておいた3年B組金八先生のシリーズ5を観ました。毎回金八先生は教育問題や社会問題を大きく取り上げていますが、第5シリーズは主に家庭についての問題も取り上げています。引きこもりの …

未来の予知をどのように活かすか

アカシックレコードやリモートビューイング、夢や幽体離脱等でタイムラインの中へ入って行く事で、これから起こりうる未来の可能性(プロバビリティ)を知る事ができます。簡単に言えば、予知や予言ですね。 &nb …

アカシックビジョン「サンライズ」~Gayatri Mantra

太陽の恵みで私たちは生かされていると言っても過言ではありませんね。太陽があってこそ、生命は育まれ、エネルギーも循環していきます。宇宙の神秘でもあり、バランスでもあります。   冬至を過ぎて、 …

自分の辞書にある概念で世界を生きている

この世界で体験しているリアルな世界は、「見たい」「知りたい」「こうしたい」という自分の想い・意図・衝動があり、主観が生まれストーリーが展開しています。今目の前に表れているイベントや事象は、一人ひとりが …

no image
シンメトリー

シンメトリー(symmetry)とは左右対称のことですが、シンメトリーの概念は様々なシンボル、物理学、量子力学、数学、幾何学、音楽、建築等に登場します。シンメトリーは私達の意識に影響する概念だと感じて …

no image
光と影

この地球のシステムは光と影で構成されています。光が大きくなれば、影も必ず大きくなります。結局は、光=影という図式が成り立つことになるように感じます。メリットがあれば必ずデメリットも存在するし、正しいと …

あなたが存在しなければ他者は存在できない

この世界は多様的であり、本当にたくさんの概念が存在し、様々なことを体験をすることができます。でも、それはあまりにもたくさんありすぎて、あなた一人で全部の体験をすることができません。でも、私たちはなるべ …

no image
臨界点を待つ

水が氷になる瞬間、突然氷になります。呼吸でも、吸う息が吐く息に変わるポイントも、突然吸うから吐くに変わります。そのような臨界点は様々な出来事にも当てはまると感じます。 一歩踏み出したことが、なかなか達 …

偏見の無い意図

私たちの想いはどんな形であれ現実に投影されています。目の前に表れている現実は、私たちの意図の結果です。 自分の意図と結果が一致していれば満足しますが、ずれていると不満な状態になります。でも、満足しよう …

知識や情報のみでは本当の自分を生きれない

私たちは体の感覚を通して、この世界を体験しています。体がある理由、それは五感や感情という感覚意識を味わいながら、この世界の創造も味わっていくことにあります。   この意味で、体感を意識してい …