ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

植え付けられた恐怖から自由になるためには?

   

vision_expressions

この世界は私たちの意図やフィーリングが影響して「認識」されています。どのように世界を捉えているかで、状況はどんどんと変化してきます。全ては一人一人が創り出している世界です。

 

恐怖があると世界に怯え、怒りに向かう

その中でもパワフルなフィーリングの一つは恐怖です。恐怖があると、様々な体験に対して怯えてしまいます。つまり、未来に対する出来事を頭の中でリハーサルして、「こうなったらどうしよう」「どうせ自分はこうなるだろう」などという不安がどんどんと大きくなります。そして、この恐怖があると、怒りが湧いてきます。不満が募った結果ですね。怒りのパワーは恐怖のパワーでもあり、それが日々の言葉の中に入り、結果的に恐怖の状態が世界に現実化していきます。社会の集合意識にはこのような怒りがあります。無意識的に、怒りのエネルギーに参加をしてしまっている場合もよくあります。社会によって植え付けられた怒りです。

 

恐怖を自由にして現実化に使うコツ

世界や地球上では様々な出来事が起こっています。それを個人的に受け止めることで、恐怖がどんどんと増していき、怒りや悲しみも増していきま、知らず知らずに恐怖を植え付けられてしまう状態になることがあります。この状態では、本来の自分の人生を描くどころか、その逆。他者のためだったり、世の中の常識のため、世界を助けるための人生になり、それは自分の惨めさや儚さを証明しようとする人生と言えます。ほしいものも手に入らず不満状態が続き、ループしていきます。

世界を個人化せず、自分自身のオリジナルの表現、クリエイティビティを発揮していくことが、本当の自分の人生を歩むためのキーです。怒りのエネルギーを感じたら、それを他者や世界との戦いには向けずに、自分のために自由に活用しましょう。本来の人生は自由です。どんな風にも「想いつく限り」体験をすることができます。意識的な体外離脱や幽体離脱も多次元的な自分の本質に気付くことに大いに役立ちます。

 

体外離脱ベーターセッションワークショップ来月いよいよ開催

 12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 「 体外離脱ベーターセッションワークショップ 」
シンプルな8ステップと特殊なサウンドを用いたベーターセッションを用いて意識的な体外離脱を行うためのスペシャルワークショップ。

日時:12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 11時~18時
料金:72,000 円(税込)
会場:五反田JMAスペース+五反田ベータールーム
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 夢・OBE, 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

  関連記事

no image
車山高原に行ってきました。

先日、信州の車山高原に行ってきました。友人がペンションで働いていて、仲間たちで行ってきたわけです。とても涼しいところで、料理も美味。車山登山に出掛けてみましたが、山の頂上で大雨にあい、慌てて下山すると …

見たい夢を見る事は欲しいモノを得る事と同じ

夢の中では何でも体験することができます。明晰夢(夢の中で夢に気付いて自由に夢を体感する夢)になれば、意識的に夢を体験することができるようになります。更に、感覚意識が明晰夢に伴っていくと、体外離脱、更に …

日常にある美しさの中に私たちがいる

目の前にあるものはどんな状態であれ、私たちが無垢で純粋な意識状態でいられると、言葉にすれば「美しい」「満足」という状態になります。その対象物との一体感が生まれ、もはや「私」と「対象物」というような分離 …

世界が見せている「私」の世界

今、目の前に表れている世界はリアルな世界として存在していますが、シャーマニズムの世界から見ると、例えるならば、バーチャルリアリティ的であり、ある種のプログラミングによって見せられている世界とも言えます …

no image
人との交流からの情報

今日は税理士の豊島先生と武蔵小山の明日香さんという小料理屋さんに行ってきました。明日香さんは、もちろん全て手作りで家庭的でありつつ独創的な料理が堪能できるお店です。それほど大きくないお店なので、集まる …

no image
占いによる現実化の仕組み

占いは現在様々なメディア(テレビ、雑誌、インターネット等)で取り扱われており日常的な情報となっていますね。占いには様々なスタイルがあり、星座を活用する西洋占星術、インドではジョーティッシュというインド …

no image
地球からのメッセージ

地震起きましたね。「そろそろ大きめの地震が東北近辺で発生するのでは?」と今月の11日頃突然感じました。昨日の雲がそのサインだったと思います。 地震で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。 しか …

no image
できるvsできない

何かに興味を持って進んでいる時、何かの問題が起こった時、何かの壁にぶつかった時、等様々な状況で「できる」「できない」ということがテーマになってきます。これは人生で必ず浮上することで、成功・失敗と大きく …

グラウンディングなビート2

昨日書くのをすっかり忘れておりましたが、Govindaもおすすめですが、プレム・ジョシュアもグルーブ感があっておすすめです。プレム・ジョシュアはドイツ人で、人生の意味を探しにインドを訪れた際に前にいた …

no image
シンボリックな現実

私たちの周りには様々な事が起こっています。もちろんそれはある同意に基づいた情報であったり、結果であったり、プロセスの一つであるのですが、外側で起こる出来事に執着してしまう傾向があるように感じています。 …