ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

悲しみや怒りの情報とつながらない生き方とは?

   

excitment

この世界は人と人とのつながり、コミュニケーションで創造されている世界とも言えます。日々、私たちは様々な人との交流から、新しいことに気付いたり、インスピレーションを得たり、本来の自分の姿を他者を通して見たり。私たちの世界は、あの金八先生の有名なセリフ「人という字は人と人とが支え合っている」世界ですね。

 

人は悲しみや恐れで簡単につながれる

しかし、人と人とのつながりで、気をつけなければならないのが悲しみや恐れの連鎖です。この地球は悲しみの星とも言われ、人は簡単に悲しみで繋がっちゃいます。悲しみのエネルギーはとてもユニークなエネルギーであり感情。この世界でしか味わえないエネルギーの質とも言えます。例えば、映画の世界を考えてみましょう。ヒットする映画には悲しみや怒りの要素が使われていますね。あまり悲しみが使われていない映画はマニアックな映画としてあまりヒットはしない傾向があります。悲しみや怒りは感情移入しやすいエネルギーです。

 

最近の情報社会では、悲しみや怒りの情報が日々拡散されています。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアにはこうしている間でも悲しみや怒りの要素を含んだ情報がシェアされています。やっぱり、悲しみや恐怖を感じたら、怖いから人に伝えたくなるものなんですよね。その情報が真実なのかどうかも確認せずにシェアが行われ、全てが自分の生活に当てはまると思い込みます。

 

必ずしもすべての情報が自分自身に当てはまるとは限らない

しかし、この世界は一人一人がみんな違います。みんなユニークな存在であり、誰一人として同じ人はいません。体質も違いますし、生き方も違います。また、情報が過去からのものであれば、時代が違うということになります。つまり、必ずしも自分自身に当てはまるとは限らないということになります。

 

まずは自分の時間や個性を大切にすること

いつでもまずは自分の時間や個性を大切にすることです。その上で、日々の様々な情報が本質的な自分の生き方に当てはまるのか、参加することに一点の曇りもないのか、その情報でワクワクするのか、という視点で活用し、そうでなければ活用せず参加をしないことです。もちろん情報に対して「正しい・間違ってる」というように戦うことも全く同じです。貴重な自分の時間を無駄にすることになっちゃいますし、本当にやりたいことや欲しいもの、なりたい自分になることがそれだけ後回しになります。自分を大切にする、自分を認めるには、自分の時間を大切にすること。悲しみでの繋がりではなく、ワクワクからの繋がりを日々の中で創造していきましょう。

 

体外離脱ベーターセッションワークショップ1日目終了

10341725_604738842964753_8413380590129976903_n
12/13(日)に体外離脱ベーターセッションワークショップのDAY1が無事終了しました。ご参加いただいた皆様ありがとうございます。たくさんの質問をいただいたのでとてもイキイキとしたワークショップになりました。次はベーターセッションを受けていただき、2/8(日)のDay3では更に体外離脱を意図的にするための実践をどんどんと行います。来年1/24(土)に今回行ったDay1のプログラムを行う特別枠をご用意しました。まだDay2のベーターセッション、Day3のプログラムに間に合います。お申し込みと詳細は下記をご参照ください。ご参加お待ちしております。

 1/24(土)2/8(日)+ベーターセッション 「体外離脱ベーターセッションワークショップ 」
別日程追加!シンプルな8ステップと特殊なサウンドを用いたベーターセッションを用いて意識的な体外離脱を行うためのスペシャルワークショップ。

日時:1/24(土)2/8(日)+ベーターセッション 11:00-18:00
料金:72,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
人それぞれの時間

私たちは時間の中で生活をしています。時間があるからこそ、いろいろなことを楽しむことができるし、いろんな体験ができる。もし時間が無かったら、ある一点に集約されてしまい、そこはまさに「空」間であり、肉体や …

no image
自由空間を創る

昨年アムステルダムに行って気付いたこと。それは一言「自由」です。 その自由さに僕は初めは戸惑う面もあったけど、3日程経つと慣れてきて対応することができてきました。 アムステルダムでは大きな犯罪が極めて …

自然から純粋さを知る

自然の中にいると私たちは、自然のエネルギーと共鳴して、純粋でナチュラルな状態になってきます。自然の中には一切のブロックや偏見が無いんですね。 私たちは、様々な偏見がある社会の中にいます。「これがよい」 …

no image
失敗や不安の壁を越える

昨日の夜の話になりますが、夜11時頃最後の出荷から返ってきた時、空が夕焼けのように空一面が赤く見えました。不思議に感じていましたが、昨日太陽の周りに虹が円のように現れ、太陽の中心に陰陽を表すかのような …

no image
マイナスとプラス

マイナスのエネルギーとプラスのエネルギーは一緒に来るものです。何か悪いと思われることがあったら「くそ~!」と思わず、「ちょっと待てよ。この出来事はきっと素晴らしいことに繋がっているはずだ」と意識します …

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …

クリエイティブなやり方を見付ける

14世紀に始まったルネサンス頃から人間が持つ様々なクリエイティブ・創造力が高まってきています。これも時代の流れで、権力や戦い等に重きを置いていた時代から、人間が本来持っている可能性を追求していくという …

動物の予兆について

  例えば、黒猫が目の前をよぎると不吉、カラスがたくさん鳴いているとよくないことが起きる、など動物にまつわるサインや予兆の話ってよくありますよね。   でも、それは人間寄りに捉えた …

no image
外からの評価VS心の望み

自分のやりたい事をやろうと思ったとき、最初にためらいが起こることがあるでしょう。例えば、「これは私には無理だ」「きっと失敗する」「誰かに批判されるかもしれない」などなど。そして、実際やってみても、途中 …

no image
現実化~忍耐から集中へ

この世界のシステムは「創造→維持→破壊」を繰り返しています。これは自然のサイクルで、この流れに任せることで自分が欲しいと望んでいるものや状況を入手できるものです。 そのために、古から様々な儀式や実践、 …