ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

悲しみや怒りの情報とつながらない生き方とは?

   

excitment

この世界は人と人とのつながり、コミュニケーションで創造されている世界とも言えます。日々、私たちは様々な人との交流から、新しいことに気付いたり、インスピレーションを得たり、本来の自分の姿を他者を通して見たり。私たちの世界は、あの金八先生の有名なセリフ「人という字は人と人とが支え合っている」世界ですね。

 

人は悲しみや恐れで簡単につながれる

しかし、人と人とのつながりで、気をつけなければならないのが悲しみや恐れの連鎖です。この地球は悲しみの星とも言われ、人は簡単に悲しみで繋がっちゃいます。悲しみのエネルギーはとてもユニークなエネルギーであり感情。この世界でしか味わえないエネルギーの質とも言えます。例えば、映画の世界を考えてみましょう。ヒットする映画には悲しみや怒りの要素が使われていますね。あまり悲しみが使われていない映画はマニアックな映画としてあまりヒットはしない傾向があります。悲しみや怒りは感情移入しやすいエネルギーです。

 

最近の情報社会では、悲しみや怒りの情報が日々拡散されています。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアにはこうしている間でも悲しみや怒りの要素を含んだ情報がシェアされています。やっぱり、悲しみや恐怖を感じたら、怖いから人に伝えたくなるものなんですよね。その情報が真実なのかどうかも確認せずにシェアが行われ、全てが自分の生活に当てはまると思い込みます。

 

必ずしもすべての情報が自分自身に当てはまるとは限らない

しかし、この世界は一人一人がみんな違います。みんなユニークな存在であり、誰一人として同じ人はいません。体質も違いますし、生き方も違います。また、情報が過去からのものであれば、時代が違うということになります。つまり、必ずしも自分自身に当てはまるとは限らないということになります。

 

まずは自分の時間や個性を大切にすること

いつでもまずは自分の時間や個性を大切にすることです。その上で、日々の様々な情報が本質的な自分の生き方に当てはまるのか、参加することに一点の曇りもないのか、その情報でワクワクするのか、という視点で活用し、そうでなければ活用せず参加をしないことです。もちろん情報に対して「正しい・間違ってる」というように戦うことも全く同じです。貴重な自分の時間を無駄にすることになっちゃいますし、本当にやりたいことや欲しいもの、なりたい自分になることがそれだけ後回しになります。自分を大切にする、自分を認めるには、自分の時間を大切にすること。悲しみでの繋がりではなく、ワクワクからの繋がりを日々の中で創造していきましょう。

 

体外離脱ベーターセッションワークショップ1日目終了

10341725_604738842964753_8413380590129976903_n
12/13(日)に体外離脱ベーターセッションワークショップのDAY1が無事終了しました。ご参加いただいた皆様ありがとうございます。たくさんの質問をいただいたのでとてもイキイキとしたワークショップになりました。次はベーターセッションを受けていただき、2/8(日)のDay3では更に体外離脱を意図的にするための実践をどんどんと行います。来年1/24(土)に今回行ったDay1のプログラムを行う特別枠をご用意しました。まだDay2のベーターセッション、Day3のプログラムに間に合います。お申し込みと詳細は下記をご参照ください。ご参加お待ちしております。

 1/24(土)2/8(日)+ベーターセッション 「体外離脱ベーターセッションワークショップ 」
別日程追加!シンプルな8ステップと特殊なサウンドを用いたベーターセッションを用いて意識的な体外離脱を行うためのスペシャルワークショップ。

日時:1/24(土)2/8(日)+ベーターセッション 11:00-18:00
料金:72,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
ドルフィンスイム&ワークショップ

今年の7月に「イルカの島ネイチャー&ミスティックツアー」と題して、御蔵島でのワークショップが決定しました。アクリスとの初のコラボレーションになります。「本当に楽しんでいいんだ♪」ということを実感するた …

no image
傷つくためには

傷付くためには自分への許可が必要になります。何かに対して怖がるためにも自分への許可が必要になります。「こういう事が起こったら傷付こう」とか「このような場面には怖がるようにしよう」というように戦略(スト …

フランスからのメッセージ

昨日の話になりますが、スピリチュアルストーンのお客さんでもあり、 現在はフランスのパリで宝石学と宝石デザインを勉強されているYさんが事務所にお越しになりました。 Yさんとの出会いは一通のメールから始ま …

no image
タイムトラベルの夢

タイムトラベルは人類の長年の夢的なイベントとして映画や書籍などで取り上げられていますよね。映画では「Back to the Future」シリーズが有名ですよね。 アインシュタインやホーキング等の現代 …

子供に戻ってクリエイティブ

クリエイティビティ(創造力)は誰しもが持っているもの。それをどのように発揮していくかは興味やライフスタイルで様々ですが、誰しもが小さい頃から持っています。 例えば、小さいお子様にペンを渡せば、誰のマネ …

no image
バーチャルリアリティ

この世界はバーチャルリアリティー(仮想空間)な世界だと個人的な体験から感じています。 例えるなら、テーマパーク等にあるバーチャルリアリティを映し出す装置や3Dのマシン。それは、どんな体験でも始めに自由 …

イリュージョン

リチャードバックの作品「イリュージョン」はこの世のシステムを「ある状態」から描いた作品です。 遊覧飛行で生計を立てているリチャードが、かつては救世主だったと言うリチャード・シモダと出会うことからストー …

no image
新しい扉が開く時

ここでの体験は本当に面白く喜びに満ちているものですが、一見苦しかったり辛かったり、人生谷あり山ありのように感じるときがあります。でも、例えそれが他人からの影響だとしても、それは自らの責任で創造している …

幸せは在る

私たちは幸せになりたいというモチベーションで、様々な行動を取って幸せを求めていく傾向があります。 「幸せ」という言葉の定義は人それぞれが、僕が感じる「幸せ」とは、言葉で表せば「完全なる私」「満足、満た …

no image
境界線とバランス

何をするにもバランスは大切。この世界は自然の均衡で成り立っていると言っても過言ではないでしょう。しかし人間にはエゴや葛藤が存在し、思考等でそのバランスを崩してしまうことがよくあります。 そして、バラン …