ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

誰も正しくないし、誰も間違っていない

   

inspiration

この世界で私たちは日々生活を送っているわけですが、一人ひとりが自分のオリジナルの人生を過ごしています。自分の人生は誰か他の人と比較することはできませんし、比較することは意味がありません。あなたの人生はあなたのもので、あなたそのものです。

誰も正しくないし、誰も間違っていない

誰も正しくないし、誰も間違っていません。自分の人生は自分のオリジナルで展開していきます。他の人の人生はあなたにとっては「正しく」ありません。もちろん人生は正しいとか間違っているとラベルを貼ること自体意味がありませんが、ここでの「正しくない」とは「自分らしくない」「自分のオリジナルから離れていく」という意味。

でも、他者の人生は間違ってもいません。人はそれぞれの道を歩んでいます。手にいれるものも違うし、手に入れるアプローチも違うし、存在の仕方も異なるでしょう。人はそれぞれ独自の道を歩みます。

「あの人はこうしなければダメだ」とか「あの人のようになるためには○○しなければならない」といいう判断をすることは、自分のオリジナルの人生を手に入れることを後延ばしにしてしまいますし、人間関係をギクシャクしたものにしてしまいます。ここから、不安や嫉妬、様々な争いが始まり、簡単に傷付きます。

 

個性・ユニークさが大切な時代へ

例えば、誰かを見て嫉妬したり、ダメ出ししたり、嫌悪感を抱いてしまう場合、自分の中にあるブロックや抑圧が放出していることになります。外側の影響によって、自分の中に抑えていた感情や想いが表面化している状態ですね。そのような場面に出会った場合、「誰も正しくないし、誰も間違っていない」という事を思い出してください。そして、あたなはあなたのオリジナルの世界を創造していきましょう。これからは個性・ユニークさがとても大切ですし、自分の価値を自分で認めるためのキーでもあります。独自の世界を表現していくことで、あなたと波長が合う人が集まってきて、もはや自分の存在証明を外側に証明する必要も無くなります。

冬至が過ぎて、自分のビジョンが表面化しやすくなる時期。自分自身のオリジナルのビジョンを明確にして、2015年を迎えましょう。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

気持ちのクリーニング

私たちは物事をどのようにも受け取る柔軟性を誰しもが持っています。ある事象があって、ある人はポジティブに受け取るかもしれませんし、またある人はネガティブに受け取るかもしれません。どのように受け取るかはそ …

no image
意識とテンプレート

今月から正式に大井町のスポーツクラブの会員になりました。 ヒップホップのダンスを中心に、軽くウェイトトレーニグなどを 目標を作らずにただエンジョイ&リラックスでやっていきたいと思います。 目標を作ると …

no image
失敗は存在しない

何かに躓いたり、ミスったり、間違えた時、それは失敗と考えられてしまいます。しかし、「失敗は成功の元」という言葉もあるように、失敗なんて存在しません。人間は様々な体験をして成長していくものだし、自らその …

no image
カードの不思議

今日はとても暖かく、春の到来を予感させてくれました。 春の何とも言えない香ってありますよね。その香が今日はしていました。 本格的な春まで後少しって感じですね。 暖かかったので、今日のお昼は旗の台にある …

no image
英語の冠詞(a an the)から

日本人が英語を難しいと感じる要因の一つに冠詞があります。冠詞とはa an theで、簡単に説明すると名詞(モノの名前や名称など)に限定を与える語です。 僕も冠詞は苦手でいつも迷います。aが付くのかth …

no image
I AM

「今ここに在る」これを英語では「I AM」と阜サされます。I AMは「私は~です」と和訳されていますが、本来は「存在」浮キ言葉なのだそうです。「今」を生きることは非常に大切であり、それしかないのだが、 …

自分を知る証は日々の日常の中にある

先日のアウェイクニングプログラムのシャーマニックリチュアルにてメンバーが自分に目覚める瞬間に立ち会いましたが、これは僕にとっても大きな体験でした。メンバー全員が今まで体験したことがない体験をした訳です …

no image
バーチャルなリアリティ

全ての出来事は僕たちの意識で作られていると感じています。 例えば色があります。 色を見せてくれているのは「光」です。 光の波長の長さにより赤や青などの色を「視覚」を通して認識しています。 つまり、ある …

大人の子供への影響

最近、僕の住んでいる戸越公園にモスバーガーが出来ました。連日大盛況のようで、テイクアウトを頼むと20分位待つことになります。今日はちょっと遅いランチで会社に向かう途中15時位に行きましたが、20分位や …

未来の予知をどのように活かすか

アカシックレコードやリモートビューイング、夢や幽体離脱等でタイムラインの中へ入って行く事で、これから起こりうる未来の可能性(プロバビリティ)を知る事ができます。簡単に言えば、予知や予言ですね。 &nb …