ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

子供の意図と大人の意図の違いとは?

   

gradation

明日から福岡でワークショップがスタートします。今回のテーマはシャーマニズム的な視点で生きるということ。シャーマニックジャーニー、リモートビューイング、体外離脱ワークショップと盛りだくさんな内容で開催します。平日にも関わらずお申込いただいた皆様ありがとうございます。福岡で会いましょう。まだ申込も可能なので詳細は福岡ワークショップのページをご覧ください。

 

さて、シャーマニズムでは様々な儀式がありますが、とても大切なのは意図です。個人的に様々な儀式を体験してきましたが、意図次第で内容はがらっと変わり、さらにこの現実も意図によって動かされているということに気付きました。今見ている世界はみなさんの意図がそう見せています。分かりやすく、「子供の意図」と「大人の意図」でみてみたいと思います。もちろん、一人ひとり人生は異なりますので、子供と大人と分ける事自体が無理があるかもしれませんが、あくまでも分かりやすくという点で一般的な概念で書きます。

子供の意図vs大人の意図

子供の意図は純粋でシンプルなものです。例えばですが、小さい頃、水溜りがあると、ワーッと走っていって水溜りに入った記憶ありませんか?そこにはただ「楽しそう」という理由以外、複雑な動機はありませんね。登山家が言う「そこに山があったから、登っただけ」という台詞と同様です。僕の10歳の妹の子供(甥っ子)がいますが、甥っ子が1歳の頃、僕があげた100円ショップの地球儀で遊んでいました。そして、突然ビリっと表面の地球義の絵が描かれている紙を剥がし始めました。満面の笑みで(^.^)すごく楽しそうでした。で、甥っ子に会う度に、その話をしていたので、今でもその時の記憶を持っています。

最近、妹が甥っ子に「なんで絵を剥がしたの?」というように聞いたら「ただ楽しそうだったから」という回答でした。

大人の意図は複雑で、たくさんの理由が絡んでいます。

「あの人によく見られたいから、○○をやりたい」
「不安を手放したいから、○○をやりたい」
「自分はどうせ●●だから、○○をしなければならない」

というように、何かをしようとするときに、他者や社会的な概念が入り、理由が入ります。しかも、その理由はシンプルな自分のワクワクしたものではなくて、「恐怖」や「不安」が絡みあって複雑な動機になっています。大人になり社会に出ると、他者の評価や社会的な「正しさ」や責任感に属してくるので、複雑になってくるんですね。

意図の原動力はモチベーションにある

シャーマニズムの体験から分かったことは、意図通りにエネルギーが流れて、現実が創られているということです。しかも、恐怖や不安がベースにあると、そこに意図のエネルギーが流れていきます。例えば、「悲しみをリリースするために、創造の源を知りたい」とした場合、エネルギーは創造の源ではなくて、悲しみに流れていき、世界は悲しみに流れます。

 

もし、今の現実がなんか違和感があったり、意図したものと異なっている場合、そもそもの動機をチェックしてみましょう。そして、子供の頃の意図のように「ただこうしてみたいから」とか「楽しそうだから」とか「ワクワクするから」というように、シンプルに意図を確認してみます。すると、現実化がとても早くなってくることに気付くでしょう。全ては見方で変わります。「心頭を滅却すれば火もまた涼し」です。柔軟に世界を味わっていきましょう。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

  関連記事

過去を生きないために

久しぶりの更新になってしまいましたが、皆さんお元気ですか?僕はエリーの妊娠のケアも始まり、福岡ワークショップ&熊本リトリート等もあり、新し流れを感じている日々です。熊本リトリートについては改めて記事に …

感情で傷付くか豊かになるか

感情によって傷付くこともできるし、感情によって豊かな情報を味わう事ができます。感情は純粋なエネルギーで、どのような価値感や信念を持っているかで、様々な状態に変化します。   長年の歴史や人類 …

no image
チャレンジ 牧師が中古車ディーラーに!

昨夜なかなか面白い番組を見ました。ドキュメンタリー番組で、アメリカのメイン州の牧師が、ラスベガスの中古車ディーラーのセールスマンになりきるというものです。1ヶ月で完全になりきり、最終日には本当のプロの …

no image
タイタンライブに行ってきました

4/8に友人と爆笑問題の事務所「タイタン」のお笑いライブ「タイタンライブ」に行ってきました。前職が阿佐ヶ谷にありましたが、タイタンも阿佐ヶ谷にありよくタイタンの芸人さんと会ってました。その流れで、タイ …

no image
A Thausand Years

スティングの1999年に発売されたアルバム「 Brand New Dayには神秘的な曲が収録されていて僕のお気に入りの一枚です。アラビアのマントラを使ったデザートローズ(Desrt Rose)もオスス …

罠にはまると世界が複雑になってしまう

  上記の図はチベット文字の「あ」という字を使った特殊なシンボルです。この白抜きをただ見詰めてる実践をZineと呼びます。これはドリームヨガでは基本の実践で、明晰夢を見たり体外離脱するための …

曼荼羅の夜

曼荼羅(マンダラ)とは仏教や密教の仏画的なイメージを思い起こす方もいるかと思いますが、マンダラとは私たちの本質・エッセンスを表現したシンボルやイラストです。ある意味、私たちが見ている世界はマンダラであ …

リアリティーと夢

今住んでいる世界、今目の前に表れていて認識している世界はリアルです。目の前に机があれば、「机」として認識できるし、誰かがいれば「人」として認識ができ、テレビに映し出される映像もリアリティーとして認識し …

no image
現実化~忍耐から集中へ

この世界のシステムは「創造→維持→破壊」を繰り返しています。これは自然のサイクルで、この流れに任せることで自分が欲しいと望んでいるものや状況を入手できるものです。 そのために、古から様々な儀式や実践、 …

no image
習慣から離れるコツ

人間には習慣というものがあって、例えば、ある原因があり体が緊張してしまう環境に長い間いるとします。そして、あるタイミングでその環境がガラリと変わって、緊張の原因となることが消えた状態になっても、習慣で …