ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

子供の意図と大人の意図の違いとは?

   

gradation

明日から福岡でワークショップがスタートします。今回のテーマはシャーマニズム的な視点で生きるということ。シャーマニックジャーニー、リモートビューイング、体外離脱ワークショップと盛りだくさんな内容で開催します。平日にも関わらずお申込いただいた皆様ありがとうございます。福岡で会いましょう。まだ申込も可能なので詳細は福岡ワークショップのページをご覧ください。

 

さて、シャーマニズムでは様々な儀式がありますが、とても大切なのは意図です。個人的に様々な儀式を体験してきましたが、意図次第で内容はがらっと変わり、さらにこの現実も意図によって動かされているということに気付きました。今見ている世界はみなさんの意図がそう見せています。分かりやすく、「子供の意図」と「大人の意図」でみてみたいと思います。もちろん、一人ひとり人生は異なりますので、子供と大人と分ける事自体が無理があるかもしれませんが、あくまでも分かりやすくという点で一般的な概念で書きます。

子供の意図vs大人の意図

子供の意図は純粋でシンプルなものです。例えばですが、小さい頃、水溜りがあると、ワーッと走っていって水溜りに入った記憶ありませんか?そこにはただ「楽しそう」という理由以外、複雑な動機はありませんね。登山家が言う「そこに山があったから、登っただけ」という台詞と同様です。僕の10歳の妹の子供(甥っ子)がいますが、甥っ子が1歳の頃、僕があげた100円ショップの地球儀で遊んでいました。そして、突然ビリっと表面の地球義の絵が描かれている紙を剥がし始めました。満面の笑みで(^.^)すごく楽しそうでした。で、甥っ子に会う度に、その話をしていたので、今でもその時の記憶を持っています。

最近、妹が甥っ子に「なんで絵を剥がしたの?」というように聞いたら「ただ楽しそうだったから」という回答でした。

大人の意図は複雑で、たくさんの理由が絡んでいます。

「あの人によく見られたいから、○○をやりたい」
「不安を手放したいから、○○をやりたい」
「自分はどうせ●●だから、○○をしなければならない」

というように、何かをしようとするときに、他者や社会的な概念が入り、理由が入ります。しかも、その理由はシンプルな自分のワクワクしたものではなくて、「恐怖」や「不安」が絡みあって複雑な動機になっています。大人になり社会に出ると、他者の評価や社会的な「正しさ」や責任感に属してくるので、複雑になってくるんですね。

意図の原動力はモチベーションにある

シャーマニズムの体験から分かったことは、意図通りにエネルギーが流れて、現実が創られているということです。しかも、恐怖や不安がベースにあると、そこに意図のエネルギーが流れていきます。例えば、「悲しみをリリースするために、創造の源を知りたい」とした場合、エネルギーは創造の源ではなくて、悲しみに流れていき、世界は悲しみに流れます。

 

もし、今の現実がなんか違和感があったり、意図したものと異なっている場合、そもそもの動機をチェックしてみましょう。そして、子供の頃の意図のように「ただこうしてみたいから」とか「楽しそうだから」とか「ワクワクするから」というように、シンプルに意図を確認してみます。すると、現実化がとても早くなってくることに気付くでしょう。全ては見方で変わります。「心頭を滅却すれば火もまた涼し」です。柔軟に世界を味わっていきましょう。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

  関連記事

Signs(サイン)

ナイトシャラマン監督作品のサインはとても分かりやすい形でシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然的な出来事)を描いた作品だと感じています。 日本語タイトルは「サイン」ですが、英語タイトルは「Signs …

no image
シンボリックな現実

私たちの周りには様々な事が起こっています。もちろんそれはある同意に基づいた情報であったり、結果であったり、プロセスの一つであるのですが、外側で起こる出来事に執着してしまう傾向があるように感じています。 …

誰も傷付けないこと cause no harm

私たちは今いる大きな意義の一つが、古から伝わる言葉「汝自身を知れ」ということです。私たちの本質の正体を知る事が、アプローチはそれぞれであっても、日々の中で、また時空を越えたところで、これを実践していま …

no image
ロズリン礼拝堂の音の暗号

先日イギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠さ …

no image
毎日が奇跡

この日記を楽しみにしていただいている皆様に本当に感謝しております。更新が鈍ってしまいごめんなさい。何も反省することが無いわけでは無く、日々様々な出来事が目白押しで本当に人生とは何があるか分からないと感 …

no image
“I see you” from Avatar

昨日、川崎のIMAXに二度目のアバターを観てきました。前回は、その映像で圧倒されてしまった面が大きかったので、今回はストーリーに注意を払って観てきました。 アバターには、現代の物質社会に対するメッセー …

カラフルな再会♪

カラフルフードセラピストである成瀬さんのお宅にご招待いただき、スタッフ一同でご馳走になってきました。成瀬さんは食と色との関係性を探求していて、何よりも食の楽しみを心から表現されています。そんな成瀬さん …

no image
答えは今この瞬間に

私たちが今認識している日常・現実は一つの可能性の世界として存在しています。私たちの本質的なコアな部分が、大きな視点から見ると「今この瞬間」にとって必要なイベントを体感するために「今」という瞬間に私たち …

大野百合子さんとの出会い

2月27日(日)にi unity(アイユニティ)主催の「アトランティスの叡智-過去世退行でアトランティスの叡智を思い出す」が開催されます。クリスタルを使ったワークショップということもあり、スピリチュア …

新潟の上越に来ています。上越の高田公園は日本三大夜桜の一つで4000本の桜が咲いています。ちょうど今日が満開。300店の屋台も出ていて賑やかです。 私たちは日々、やらなきゃならないと思ったり、考えなき …