ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

子供の意図と大人の意図の違いとは?

   

gradation

明日から福岡でワークショップがスタートします。今回のテーマはシャーマニズム的な視点で生きるということ。シャーマニックジャーニー、リモートビューイング、体外離脱ワークショップと盛りだくさんな内容で開催します。平日にも関わらずお申込いただいた皆様ありがとうございます。福岡で会いましょう。まだ申込も可能なので詳細は福岡ワークショップのページをご覧ください。

 

さて、シャーマニズムでは様々な儀式がありますが、とても大切なのは意図です。個人的に様々な儀式を体験してきましたが、意図次第で内容はがらっと変わり、さらにこの現実も意図によって動かされているということに気付きました。今見ている世界はみなさんの意図がそう見せています。分かりやすく、「子供の意図」と「大人の意図」でみてみたいと思います。もちろん、一人ひとり人生は異なりますので、子供と大人と分ける事自体が無理があるかもしれませんが、あくまでも分かりやすくという点で一般的な概念で書きます。

子供の意図vs大人の意図

子供の意図は純粋でシンプルなものです。例えばですが、小さい頃、水溜りがあると、ワーッと走っていって水溜りに入った記憶ありませんか?そこにはただ「楽しそう」という理由以外、複雑な動機はありませんね。登山家が言う「そこに山があったから、登っただけ」という台詞と同様です。僕の10歳の妹の子供(甥っ子)がいますが、甥っ子が1歳の頃、僕があげた100円ショップの地球儀で遊んでいました。そして、突然ビリっと表面の地球義の絵が描かれている紙を剥がし始めました。満面の笑みで(^.^)すごく楽しそうでした。で、甥っ子に会う度に、その話をしていたので、今でもその時の記憶を持っています。

最近、妹が甥っ子に「なんで絵を剥がしたの?」というように聞いたら「ただ楽しそうだったから」という回答でした。

大人の意図は複雑で、たくさんの理由が絡んでいます。

「あの人によく見られたいから、○○をやりたい」
「不安を手放したいから、○○をやりたい」
「自分はどうせ●●だから、○○をしなければならない」

というように、何かをしようとするときに、他者や社会的な概念が入り、理由が入ります。しかも、その理由はシンプルな自分のワクワクしたものではなくて、「恐怖」や「不安」が絡みあって複雑な動機になっています。大人になり社会に出ると、他者の評価や社会的な「正しさ」や責任感に属してくるので、複雑になってくるんですね。

意図の原動力はモチベーションにある

シャーマニズムの体験から分かったことは、意図通りにエネルギーが流れて、現実が創られているということです。しかも、恐怖や不安がベースにあると、そこに意図のエネルギーが流れていきます。例えば、「悲しみをリリースするために、創造の源を知りたい」とした場合、エネルギーは創造の源ではなくて、悲しみに流れていき、世界は悲しみに流れます。

 

もし、今の現実がなんか違和感があったり、意図したものと異なっている場合、そもそもの動機をチェックしてみましょう。そして、子供の頃の意図のように「ただこうしてみたいから」とか「楽しそうだから」とか「ワクワクするから」というように、シンプルに意図を確認してみます。すると、現実化がとても早くなってくることに気付くでしょう。全ては見方で変わります。「心頭を滅却すれば火もまた涼し」です。柔軟に世界を味わっていきましょう。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

  関連記事

no image
新しい扉が開く時

ここでの体験は本当に面白く喜びに満ちているものですが、一見苦しかったり辛かったり、人生谷あり山ありのように感じるときがあります。でも、例えそれが他人からの影響だとしても、それは自らの責任で創造している …

色とりどりの世界で生きる

この世界は色とりどりの世界。般若心境の有名な一節に「色即是空 空即是色(色とはすなわち空であり、空とはすなわち色である)」という言葉がありますが、これをシャーマニズムの視点からとらえると、始まりの瞬間 …

no image
先祖の意識

土・日と横須賀の親戚の家に泊まりにいき様々な事について話してきました。横須賀の叔母さんは富家の一番年長であり、叔母さんの旦那さんも富家に通じている方です。富家の歴史をいろいろと聞いてきました。そこで気 …

Shantih Shantih Shantih

3.11。あれから3年経ちます。多くの他界された人々、愛する方を失われた人々、未だ困難な日々を過ごしていられる方々へ健やかな祈りを捧げたいと想います。   祈りとは、バランスのエネルギーです …

気持ちの浮き沈みにサヨナラするための自分時間

お盆も終わり、明日から仕事という方も多いのではないでしょうか。気持ち的に仕事のスイッチが入らないと感じる方もいるかもしれませんね。   私たちの気持ちは、自分の時間を使うか、他者の時間を使う …

no image
未来予想図

未来予想図。ドリカムの三部作になっている曲は、まさに未来や夢は自分の想いが創っていく現実化を示唆しているように感じます。『想った通りに叶えられてく』既にそうなってはいますが、これからの時代ますます現実 …

2015年からは一気に頂上へと行ける年

2015年が始まりました。今年も今この瞬間をエンジョイで行きましょう。ワールドブルーは本日から仕事始めです。今年も様々な企画をしていきたいと思っています。早速、来週からは福岡でのワークショップが始まり …

1+1=1

1+1=2 これは算数で習う正しい計算方法ですよね。 しかし、この計算方法は分離を前提にした計算方法になります。 分離とは、全てを孤立させて分けて考えることですが、 これはオールドパラダイム的な概念で …

no image
エゴを手放すこと

エゴを手放すこと。これは「今」を生きることに非常に大切なことです。手放すとは「捨てる」という意味ではなく、「ありのままを受け入れる」ということです。受け入れて観察するという感じでしょうか。エゴに振り回 …

グラウンディング

グラウンディングとは「地に足をしっかりと着ける」という意味があります。グラウンディングが出来ていないと、フワフワしてしまったり、ぼーっとしてしまったり、現実的に様々な問題やブロックを味わうことが起こり …