ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

罠にはまると世界が複雑になってしまう

   

TibetanA

 

上記の図はチベット文字の「あ」という字を使った特殊なシンボルです。この白抜きをただ見詰めてる実践をZineと呼びます。これはドリームヨガでは基本の実践で、明晰夢を見たり体外離脱するための意識作りをするために欠かせない実践なんです。この実践が日本に入ってきて「阿字観(あじかん)」となりました。パソコンの画面では少々やりにくいかもしれませんが、目が疲れない程度に、白抜きの字をただ観てみて下さい。その際、あまり一生懸命見るというよりは、目をソフトフォーカスにします。そして、体をなるべく動かさずに、瞬きも出来る限りせずに観ます。1分位やってみてください。実際は、徐々に長くして、20分位行います。瞑想の一種ですね。

 

さて、どうだったでしょうか?白抜きの文字が立体になったり、様々な模様が見えたり、キラキラとしたエネルギーが見えたり、ビジョンが見えたり。個人差はありますが、様々な現象が起こります。もし、そのような状態が起こったら、集中できずにうまくいっていないという証です。

 

Zineに仕掛けてある罠

この図案は様々な現象が起こるように設計されています。いわゆる罠が仕掛けてあるんですね。その罠にはまると、「これは面白い」「すごいビジョンが見えた」「私はすごい能力があるに違いない」というような想いが浮上します。これが集中力が切れている状態と言えます。ただ字を観るだけなのに、様々なストーリーが展開してしまいます。うまく行っている場合は、ただ字があるという状態で無心になり、最終的には「私=字」というような一体感や融合するフィーリングに包まれて、満足します。

 

罠にはまらずに本質を生きるために

私たちは私を知るための旅をしています。しかし、様々な罠、それは悲しみ、驚き、不安、楽しかった記憶など、にハマってしまうと、その先にある本質的な自分の道に進まずに、グルグルと同じ道を回ってしまったり、立ち往生をしてしまいます。様々な概念や意味にはまって、世界を個人的に捉え、複雑化したりして、本質の道へ進まずに何度も同じ繰り返し、結果的に本当にほしいものが手に入らなかったり、なりたい自分になれずに傷付いてしまいます。

 

全ては自らが作り出している概念。もちろん概念が無いと私たちは生きていけませんが、本当に自分にとって必要な概念を生きることができると世界はシンプルになり、全てが自分の意図で創造できることに気が付きます。世界には様々な情報が氾濫しています。そして、悲しみや世知辛い情報が増えています。よりよい人生のために活用できればOKですが、それによって傷付いたり、恐怖が出たり、気持ちが収縮するのであれば、それはあなたらしい概念ではないでしょう。なんでもいいので、日々の中で創造的な活動をしていきましょう。夢中になれるものの中にあなたの本質の輝きが存在しています。

 

アカシックレコードワークショップ間もなく開催です。

2/21土)22(日) 2DAYSワークショップ 「 はじめてのアカシックレコードin東京」
11年間で得たノウハウを徹底的にお伝えします。体験を深めたいので少人数で開催。アカシックレコードの概念からアクセスまでを行うワークショップ。アカシックレコードからの情報を日常に活かしましょう。

日時:2015/2/21(土)22(日) 11時~18時
料金:50,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
リモートビューイングの可能性

今月の21日22日に仙台からスタートするリモートビューイングのワークショップにお問い合わせをいただいておりますが、やはり多いご質問がリモートビューイングを実際に日常にどのように役立てることができるのか …

他者を通して知るこの世界のシステムの正体

私たちは、人と人との交流の中で生かされるシステムを持っています。そのシステム自体、実は私たちの意識が自ら創り出したバーチャルリアリティのようなもので、時空を持っているプログラムです。このプログラムの中 …

no image
別れも必要なエネルギー

「与えること=受け取ること」これは、「宇宙の法則」と言えることで、全ての出来事や出会いは私たちの意識の鏡であり、私たち自身で作り出しているということです。最近、思うことは人と人との繋がりですね。ちょっ …

プライドと自尊心の大きな違い

誰かを嫉妬してしまったり、他者と比較したり、人を許せなかったり、欲しいものがなかなか入らなかったり・・・このような状態になっている場合、プライドを捨てて、自尊心を高める必要があります。   …

「在る世界」と「無い世界」のバランスを取る

私たちが生きているこの世界は様々な概念が在る世界であり、その概念を使って行動して味わっている世界です。   そして、その「在る」というこの世界を創造している源、始まりの瞬間は何も無い「無い世 …

no image
記憶喪失の約束

記憶喪失には様々なレベルがあるようですが、一般的には自分の記憶が無く誰だか分からないという症状です。自分も含めて自分の周りの人全員が記憶喪失状態としたらどうでしょう。全員が記憶喪失だったら、自分が記憶 …

言葉とフィーリング

私たちは言葉の世界で暮らしています。言葉の中にフィーリングが保存され、その言葉が発せられることによって、目の前の世界や内側の世界に言葉の世界が創りだされます。それはとてもシンプルな仕組みです。どんな言 …

自己表現vs自己証明

1000人いれば1000人とも違う視点をもっているのが私たち人間です。同じ映画を見て「面白い」と感じても、その見方は人それぞれ違うものです。そして、私たちはその中で生きて、自分自身を表現しています。 …

no image
「私を呼んでいる?」

私達がコミュニケーションで使っている言語・言葉は、私たちの過去が影響を与えています。なぜならば、私たちの知性というのは、様々な情報を解釈可能な形で置き換えようとします。そのため、いろいろな体験をして感 …

他者と同じ価値観に参加せずに豊かになる

この世界はみんな違います。それぞれがオリジナルの価値観や信念を持ち、個性的に生きていくことが可能です。   だから、自分の価値観を誰かに押し付けることや、その逆に他者の価値観を無理矢理自分の …