ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

恐れの源は自分の中にある

   

私たちが感じる恐れの元。それは外側にあるものではなくて、そもそもは自分の中にあるものです。確かに、外側の現象がきっかけとなって「怖い」と思うかもしれませんが。結局、反応しているのは、内面にある恐れの源です。その源があると、外側に恐れの対象を現実化させます。

 

恐れは大きく分けて3つ。痛み、羞恥心、そして失うことの恐れ。そして、それらは究極的には、死に対する恐れから付随しているものです。死に対する恐れが源にあり、そこから不安、心配、嫉妬、傲慢さ、罪悪感、悲しみ・・・等が起こります。この状態となっているとき、私たちは今に生きる事ができず、過去の後悔、未来への不安、他者との比較などを体験してしまいます。

 

現代は情報社会。特に恐れに付随した情報が簡単に拡散していきます。やっぱり怖いことは多くの人とシェアしたいというのが私たちの想いです。恐怖によって人は簡単に繋がります。インターネット上では、恐怖がベースとなった情報が、たとえそれが噂や嘘、曖昧なものだったとしても、簡単に鵜呑みにしてしまったり参加したりすることで、現実に恐れが現実化しやすくなっていきます。

 

自分自身で自分の価値を認めることができれば、死の恐怖から離れていくことができます。何かの情報を知ったとき、そこには恐れがあるのか、それともワクワクするのか?ここがポイントになります。ワクワクすることを意識していくことで、個人の価値を自然と認めていくことができ、恐れからも自由になっていくことができます。日々簡単に私たちが味わっている個性は五感と感情です。今の五感と感情をただ味わうことで、私たちは多次元的に生きている存在であることに気付き、この世界は一つの可能性の世界であり、私たちの意識は多次元的に拡大していることが腑に落ちた形で理解できるようになってきます。

 

第一期アウェイクニングプログラム申込締切迫る

ワールドブルーアウェイクニングプログラム~創造の源への旅~の第一期は4/25(土)からスタートします。参加申込は4/10(金)となります。このプログラムはスクール型の10ヶ月のクイックプログラム。伝統的なシャーマニズムの儀式を最終的に体験し、本当の自分に目覚め創造の源を知ります。書籍や情報、瞑想などで気付いた体験ではなく、確実に腑に落ちる実体験をするためのプログラムです。詳細やお問合せ、資料請求は下記のページまで。

▼ワールドブルーアウェイクニングプログラム~創造の源への旅~

http://www.w-blue.com/awakening/

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

全ては仮説

最近、有限会社B.E.の龍治さんに「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」という本を借りました。まさに、今の世の中の現象を説明しているとても面白い本です。今の「常識」や「説明」は科学とい …

縁のある土地のエトセトラ

なぜか導かれるように行きたくなったり、辿り着く土地、たまたま行ったらはまってしまったという土地って皆さんありますよね。それはまさに「縁」と言える場所ですね。何度引っ越ししてもまた元の場所へ戻ってきてし …

伝染

伝染と聞くと病気等の感染が思い浮かぶかもしれませんが、 意識が伝染(感染)するということがあります。 それは日本映画の「感染」や、鈴木光司さんの「リング」や「らせん」等でも ちょっとホラーチックに表現 …

プリン

プリンを分解すれば、牛乳と卵に分けられます。しかし、プリンとして成り立たせるためには、その二つが見事に融合していないと美味しいプリンにはなりません。 美味しいプリンは牛乳と卵の絶妙なバランスが大切でし …

no image
英語の冠詞(a an the)から

日本人が英語を難しいと感じる要因の一つに冠詞があります。冠詞とはa an theで、簡単に説明すると名詞(モノの名前や名称など)に限定を与える語です。 僕も冠詞は苦手でいつも迷います。aが付くのかth …

ループ

一年前に小笠原で作家の鈴木光司さんと遭遇するという面白い出来事がありました。鈴木さんは日本のスティーブンキングとも言われており、有名な作品では「リング」「らせん」「ループ」がありますね。小笠原からの帰 …

no image
既に存在している

例えば、目の前に一枚の白い紙があるとします。これから、その紙に絵を描こうとしているところをイメージしてみてください。 頭の中では、何を描こうかと考えたり、構図を考えたり、「あの時、こうしたから今日はこ …

輝きを知る場所

輝き。この言葉を聞くと、様々な想いが浮かんだり、喜びに満ちた体験を思い出したり、自分の能力をフルに発揮したこと等を思い出したりするのではないでしょうか。もしスポーツをやられている方なら、試合で勝って優 …

no image
新しい扉が開く時

ここでの体験は本当に面白く喜びに満ちているものですが、一見苦しかったり辛かったり、人生谷あり山ありのように感じるときがあります。でも、例えそれが他人からの影響だとしても、それは自らの責任で創造している …

no image
イメチェンの意図

自分の他のモード(意識、隠れた能力等)を発見したり知るためにはイメージチェンジが効果ありです。外見を変えることで、内面の何かが共鳴します。もしくは、内面の何かが外見に共鳴するとも言うことができますね。 …