ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

恐れの源は自分の中にある

   

私たちが感じる恐れの元。それは外側にあるものではなくて、そもそもは自分の中にあるものです。確かに、外側の現象がきっかけとなって「怖い」と思うかもしれませんが。結局、反応しているのは、内面にある恐れの源です。その源があると、外側に恐れの対象を現実化させます。

 

恐れは大きく分けて3つ。痛み、羞恥心、そして失うことの恐れ。そして、それらは究極的には、死に対する恐れから付随しているものです。死に対する恐れが源にあり、そこから不安、心配、嫉妬、傲慢さ、罪悪感、悲しみ・・・等が起こります。この状態となっているとき、私たちは今に生きる事ができず、過去の後悔、未来への不安、他者との比較などを体験してしまいます。

 

現代は情報社会。特に恐れに付随した情報が簡単に拡散していきます。やっぱり怖いことは多くの人とシェアしたいというのが私たちの想いです。恐怖によって人は簡単に繋がります。インターネット上では、恐怖がベースとなった情報が、たとえそれが噂や嘘、曖昧なものだったとしても、簡単に鵜呑みにしてしまったり参加したりすることで、現実に恐れが現実化しやすくなっていきます。

 

自分自身で自分の価値を認めることができれば、死の恐怖から離れていくことができます。何かの情報を知ったとき、そこには恐れがあるのか、それともワクワクするのか?ここがポイントになります。ワクワクすることを意識していくことで、個人の価値を自然と認めていくことができ、恐れからも自由になっていくことができます。日々簡単に私たちが味わっている個性は五感と感情です。今の五感と感情をただ味わうことで、私たちは多次元的に生きている存在であることに気付き、この世界は一つの可能性の世界であり、私たちの意識は多次元的に拡大していることが腑に落ちた形で理解できるようになってきます。

 

第一期アウェイクニングプログラム申込締切迫る

ワールドブルーアウェイクニングプログラム~創造の源への旅~の第一期は4/25(土)からスタートします。参加申込は4/10(金)となります。このプログラムはスクール型の10ヶ月のクイックプログラム。伝統的なシャーマニズムの儀式を最終的に体験し、本当の自分に目覚め創造の源を知ります。書籍や情報、瞑想などで気付いた体験ではなく、確実に腑に落ちる実体験をするためのプログラムです。詳細やお問合せ、資料請求は下記のページまで。

▼ワールドブルーアウェイクニングプログラム~創造の源への旅~

http://www.w-blue.com/awakening/

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
今を変えるパワー

どのような生き方をしたとしても、最終的には自分のほしい物を手に入れたり、なりたい自分になることができるものです。どんな事が起ころうが、自分の人生は続いていきます。 私たちは、他者との比較や何かを隠すた …

no image
1017のハーモニックコンバージェンス(Arcturian Alignment)

今週、海外や日本から10月17日について情報が届いています。Mission1017やArcturian Alignmentとも呼ばれている宇宙のムーブメントで、これは本日の10時17分から18日の午前 …

動と静のバランスに響く自分の正体

自分らしさ、自分の本質を生きるためには動と静のバランスが大切です。   動というのは、運動をする、表現をするなどの体を動的に動かすこと。現実を生きるために必要なのが動です。 静とは、リラック …

パンドラの箱から分かる不安や心配は始まりの証である理由

今回は不安や心配は終わりではなくて、始まりの証である理由についてパンドラの箱をテーマに書きたいと思います。   日常で不安や心配を感じると、「もうだめだ」「自分には無理だ」というように物語の …

動物の予兆について

  例えば、黒猫が目の前をよぎると不吉、カラスがたくさん鳴いているとよくないことが起きる、など動物にまつわるサインや予兆の話ってよくありますよね。   でも、それは人間寄りに捉えた …

no image
人との出会い

人と人との出会いは突然やってきます。そしてその出会いは新しいゲートが開くことに繋がっている場合が多いと実感しております。本日は非常に意志が高く、「新しい」エネルギーを持っている方とお会いしました。本当 …

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …

通勤は運動にならない?

セッションやワークショップでお越しになる方に運動は最近されているかをお聞きすると「会社に行く際に歩いて行っています」という声をよく聞きます。   しかし、残念ながら通勤では運動にはならない事 …

怒ったっていい。怒りのエネルギーの処方箋

理不尽なことや納得がいかないことがある時、私たちは怒りという質を持つ感情やエネルギーを味わいます。人間であれば、怒りを味わうことは当然のことであり、それはこの世界を生きている証とも言えます。だから、怒 …

鳥のシンボル-Boji Stone

最近、鳥のサインが来ています。 外でふと目を下にするとスズメ君達がいたり、事務所の外に見える屋根の上からカラスがこちらをずっと見ていたり、外に出たらどこからともなく白い鳥の羽が空から舞い降りてきたり。 …