ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

その意図にはあなたの本質が入ってますか?

   

intention_ray

今起きている現実、手に入れているものは、あなたの意図です。意図があれば、必ずそれは結果としてこの世界に投影されます。つまり、あなたの個人的な現実の中に概念として創造されることになります。一度でも意図したことは、些細な事でも現実に投影されています。

 

あなたはあなたとしてここにいる

この意味で、今の現実が恐怖や不安、恐れ、不満などがある場合、意図の中にあなたそのものを表す本質が入っていないことになります。この世界にはあなたにしかできないことがあります。それが創造であり、あなたの本質です。誰もあなたにはなれないし、他者になる必要も全くありません。他の人が手に入れたからと言って、同じ意図を持つと、矛盾が生じることがあります。他者とあなたは手に入れるもの、為るもの、は違うのが当たり前です。

 

意図には否定形は通用しない

不安や恐怖を元にして意図をすると、そのまま不安や恐怖が現実に創造されます。この事に気付いたのも、シャーマニズムの儀式での臨死体験からです。シャーマニズムの儀式では意図がとても大切です。意図の中に個人的なブロックが入っていると、エネルギーはブロックの方へと流れていきます。悲しみを手放すために、創造の源を知りたい・・・とすれば、悲しみの世界の中に入っていき、世界は悲しみしか無いという概念に包み込まれてしまいます。

 

これはシャーマニズムの儀式に関わらず、現実の世界でも同じです。 例えば、悲しくなりたくないから、という意図があると、悲しみが現実化します。体を壊したくないから、○○を食べる。というようにした場合、例え○○が一般的に体によいとされているものであっても、体を壊すような体験になっていきます。意図には否定形は通用しません。どんなモチベーションやパッションを持って意図するかが、傷付く体験になるか、それとも本当の自分の本質に気付くかの分かれ道です。

 

あなたの本質を意図に入れると現実化は早くなる

心からワクワクすることをベースにする意図、それは子供の頃の純粋な意図。言葉で言えば、「楽しそうだから」「やってみたいから」という純粋に心からワクワクというフィーリングがあるシンプルなモチベーションです。もし、ワクワクすることが見付からない場合は、「どんなことがあるかは脇に置いておいて、結果的にワクワクしている」という意図を持って、日常を意識的に生きることからはじめましょう。五感と感情を意識的に味わったり、意識的に呼吸をするところからスタート。

 

最終的には、わたしたちは欲しいものを手にいれたり、なりたい自分になれます。なので、焦る必要はありません。ただ、本質的な自分の価値から人生を生きるようになると、自然と早くほしいものが現実化してきます。

 

ワールドブルーアウェイクニングプログラム情報

ワールドブルー アウェイクニングプログラム1期はお陰様で満員御礼となりました。面接も終わり、4/25のスタートを待っています。そして、早速ですが、第2期の募集も開始します。第2期は2015年8月1日(土)スタート予定で開催します。既に2期のお申込も頂いておりまして、現在残席3名となっております。説明会は、5/9(土)13:00-15:00で開催しますので、ご興味ある方は是非ご参加ください。また、資料請求やお問合せも随時受け付けております。→ ワールドブルー アウェイクニングプログラム詳細

top_awakening2

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) , ,

  関連記事

ダンス

私たちが住むこのシステムには「ダンス」があります。それぞれの文化において、様々なダンスのスタイルがあります。 フラメンコ、ベリーダンス、インド舞踊、ラテン、ヒップホップ、ジャズ、サルサ、ハウス、日本舞 …

no image
from WITHIN to WITHOUT

昨日あるドラマを見ていたら、ある場面の瞬間に「from WITHIN to WITHOUT」というメッセージが映りました。 この意味は「内から無へ」という意味合いになります。結局、あるポイントまでは、 …

無邪気な喜び

週末に妹夫婦の家に甥っ子の様子を見に行ってきました。 久しぶりに見ると本当に大きく、そしてプックリしていました。 笑顔も頻繁に見せるようになってきていて益々可愛くなってきました。 そして、首も据わった …

no image
阿佐ヶ谷の石屋さんから連絡が!

皆さんお元気ですか?最近は、いろいろと面白い流れがきています。人の出会いが本当に多くなっています。先日は、僕が石と再開を果たした東京阿佐ヶ谷の石屋さんから本当に何年かぶりで電話が掛かってきました。その …

リモートビューイングで自分を認める力を+福岡WS1月開催

現代はまさに情報社会です。FacebookやTwitterをはじめ、ソーシャルメディアの普及の影響もあり、日々私たちの生活の中には情報が日々増殖的に入ってきています。特に悲しみや不安な情報に対して敏感 …

no image
パラレルワールド

あるポイントからこの3次元的を見ると、とても面白いことが分かります。私たちの住む地球には生死の概念が存在し、ある転生から転生へ輪廻しています。そして、今「自分」に意識をフォーカスしてエンジョイしていま …

多次元的な遊び場を作るために

今、体験している私たちの世界は、一部分な体験で、言わば体という意識と一緒に体験をしている世界で、どんな行動をするにも体が必要になります。もちろん、私たちの本質的な意識が体験を望んで体験している体験です …

2014年の新春ワーク 2014年のキーポイント

本日は2014年度の新春ワーク-ビギニング2014-を開催しました。毎年恒例になっている年初めのイベントです。ワールドブルーのワークショップ始めでもあります。   今年の流れをお話させていた …

no image
好き・嫌いを捨てるとは?

レストランに行って何を食べるか選ぶ時、買い物に行って服を買う時、聞きたい音楽を選ぶ時など、日常の様々な場面で私達は「選択」に出会います。「何を食べようか?」「どんな色にしようか?」「どの曲を聴こうか? …

no image
Form(カタチ)

この世の中にはたくさーんの形がありますよね。丸や四角、三角、六角形、立方体、球などなど・・・また、人間の顔、石、動物、昆虫、車、植物、建物、分子、原子、素粒子も全てに形があります。この世の全ては形と言 …