リラックスする最適な時

rimo-birthday

昨日5/13は娘の1歳の誕生日でした。お祝いと妻エリーのねぎらいを兼ねて、伊豆伊東の温泉に行ってきました。思い出に残る誕生日になりました。しかし、一年はあっという間ですね。娘の日々の成長を暖かく見守っていきたいなと思います。ワールドブルーラジオも収録してきたので、こちらもお楽しみに。

 

リラックスの必要性

今回はリラックスについて書きたいと思います。リラックスすることは、何の心配もなく、自分らしく生きるためのキーです。リラックスできていれば、どんな心配や不安からも解放され、どんどんと自分らしい道が創造されていきます。日常の中で、なんでもいいので自分自身がリラックスできることを少しでも行っていくことがおすすめです。リラックスできていないと、結局欲しいものを手に入れたり、なりたい自分になることにすごく時間がかかってきます。心身の疲れは、私たちの思考を集合的な抑圧へと誘います。

 

リラックスに最適な時間

では、リラックスするのに最適な時間はいつでしょうか?もちろん、いつでもリラックスできていればベストです。そうは言っても、日々いろいろと考えなければならないことも現実にはあるもので、いきなり全ての瞬間をリラックスさせることは難しいものです。

 

手始めにリラックスを意識的に行うのに最適な時は、ズバリ寝る前です。先日のワールドブルーラジオ Vol.4でもお話させていただきましたが、寝る前に考えたことが夢に影響し、そして朝の状態にも影響します。寝る前にリラックスできていないと、夢もリラックスできないような内容になり、そして朝も夜と同じリラックスできていない状態になります。そうなると、一日がリラックスできていない状態になり、その次の日も・・というようにループし、結局何も変わりません。

 

寝る前にリラックスできていれば、これとは逆に夢もリラックスし、更には明晰夢や体外離脱・幽体離脱のように意識が拡大した状態を味わうことができ、朝起きた時もリラックスでき、その日を自分らしく本質的に生きていくことができるようになってきます。この生き方が続き、自分自身へとどんどんと目覚めていきます。

 

寝る前に、どんな方法でもいいので、心身がリラックスできることを行ってみましょう。お風呂、音楽、映画、アロマ、ストレッチ、瞑想、ヨガ、ダンス、お笑い、ゲーム・・・なんでも構いません。自分自身が癒されて心身がゆったりとできることを行います。

個人的にはコメディやコントなどのお笑いを見るのがお気に入りです。笑いもリラックスへと誘ってくれますから。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。