ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

リラックスする最適な時

   

rimo-birthday

昨日5/13は娘の1歳の誕生日でした。お祝いと妻エリーのねぎらいを兼ねて、伊豆伊東の温泉に行ってきました。思い出に残る誕生日になりました。しかし、一年はあっという間ですね。娘の日々の成長を暖かく見守っていきたいなと思います。ワールドブルーラジオも収録してきたので、こちらもお楽しみに。

 

リラックスの必要性

今回はリラックスについて書きたいと思います。リラックスすることは、何の心配もなく、自分らしく生きるためのキーです。リラックスできていれば、どんな心配や不安からも解放され、どんどんと自分らしい道が創造されていきます。日常の中で、なんでもいいので自分自身がリラックスできることを少しでも行っていくことがおすすめです。リラックスできていないと、結局欲しいものを手に入れたり、なりたい自分になることにすごく時間がかかってきます。心身の疲れは、私たちの思考を集合的な抑圧へと誘います。

 

リラックスに最適な時間

では、リラックスするのに最適な時間はいつでしょうか?もちろん、いつでもリラックスできていればベストです。そうは言っても、日々いろいろと考えなければならないことも現実にはあるもので、いきなり全ての瞬間をリラックスさせることは難しいものです。

 

手始めにリラックスを意識的に行うのに最適な時は、ズバリ寝る前です。先日のワールドブルーラジオ Vol.4でもお話させていただきましたが、寝る前に考えたことが夢に影響し、そして朝の状態にも影響します。寝る前にリラックスできていないと、夢もリラックスできないような内容になり、そして朝も夜と同じリラックスできていない状態になります。そうなると、一日がリラックスできていない状態になり、その次の日も・・というようにループし、結局何も変わりません。

 

寝る前にリラックスできていれば、これとは逆に夢もリラックスし、更には明晰夢や体外離脱・幽体離脱のように意識が拡大した状態を味わうことができ、朝起きた時もリラックスでき、その日を自分らしく本質的に生きていくことができるようになってきます。この生き方が続き、自分自身へとどんどんと目覚めていきます。

 

寝る前に、どんな方法でもいいので、心身がリラックスできることを行ってみましょう。お風呂、音楽、映画、アロマ、ストレッチ、瞑想、ヨガ、ダンス、お笑い、ゲーム・・・なんでも構いません。自分自身が癒されて心身がゆったりとできることを行います。

個人的にはコメディやコントなどのお笑いを見るのがお気に入りです。笑いもリラックスへと誘ってくれますから。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング, 夢・OBE, 意識・心・気付き , , ,

  関連記事

誰もが特別な存在だから大丈夫

本来、どんな人もこの世界では特別な存在で、素晴らしくて、すごい輝きを放っています。それに気付いていくのが、この人生ですね。   しかし、幼少期の頃の体験や、様々な制約や抑圧を感じた体験の中で …

本質の情報を得るために

アカシックレコードやリモートビューイング、チャネリング等、様々な五感を超えていく情報を得る事は誰しもができる能力ですし、無意識的にも行っています。ふとした直感や気付き、誰かの事を思うとその人から電話が …

no image
夢の世界

今年はどのような初夢を見ましたか?初夢は「1月1日から2日の朝に掛けて見る夢」です。12月31日から1日に掛けて見るのが初夢ではないんですね。僕は寝正月だったため、かなりのたくさんの夢を見ました。 今 …

no image
時間というツール

この地球上では直線状に「時間」が流れています。時間とは便利な道具のようなもので、時間を使って私たちは体を使っていろんなものを作ることができたり、考えたり、移動したり・・・時間があるからこそ、「生きる」 …

no image
「矛」「盾」

矛盾・・・それは文字通り、矛と盾の話が語源となっている言葉ですね。 どんな矛さえも通さない最高の盾と、最高の矛(剣状の武器ですね)はどんな盾も貫く武器。この2つが出会った場合、そこには辻褄が合わない現 …

no image
自由空間を創る

昨年アムステルダムに行って気付いたこと。それは一言「自由」です。 その自由さに僕は初めは戸惑う面もあったけど、3日程経つと慣れてきて対応することができてきました。 アムステルダムでは大きな犯罪が極めて …

no image
妖精君との遭遇!?

寝正月の影響+夜の寒さのせいもあり、夜あまり眠れませんでした。そんな時、突然幽体離脱をする前や金縛り時に体験するような体の痺れが体に走りました。しかし、痺れがあるだけで、幽体離脱状態でも金縛りでもない …

no image
今から始まるストーリー

今この瞬間に人生の第一幕が終わって、第二幕が始まるとしたら、どんな脚本を書くでしょうか?どんな五感や感情を感じていくでしょうか。 これからの未来(実際は過去さえも)は今この瞬間の意図で決まります。誰し …

オリジナリティ

日常生活の中には様々な場面を私たちは目撃し、そして五感や感情を通して様々な体感をしています。それが人生ですね。 どんな体験であろうと、その体験・体感の中には「私」のエッセンスが入っているものです。今感 …

no image
現実のサイン

もし自分が見えない存在であって、姿を見せずに自分の存在を気付かせるにはどうするだろうか。人それぞれ方法があると思いますが、この方法にこの世の中の不思議な出来事や時間軸を理解するヒントがあるように感じて …