地球からのメッセージ

地震起きましたね。「そろそろ大きめの地震が東北近辺で発生するのでは?」と今月の11日頃突然感じました。昨日の雲がそのサインだったと思います。
地震で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

しかし、今回の地震は単なる自然のバランスを保つイベントではなく、
地球からのメッセージ的な意図が強かったと感じます。
昨日発生した雲は確かに地震雲のようにも見えましたが、
龍の存在を示しているような意図も感じました。

本日はある集まりがあり様々な人と出会いましたが、皆さんの顔つきが
以前会った時よりも、エネルギーの質的に変化があることに気付きました。
そして、何か確信めいたものを内側で感じているような感じでした。

明らかに時間の流れが変化し、現実化のスピードが益々速くなってきているように感じます。その流れに乗るにはですが、葛藤なく決断することだと感じています。意図を明確に、そして本当に楽しいこと、昔からやりたかったことにエネルギーを注ぐことで、「自分を知る」というゲートが大きくなってくるでしょう。

生きるということはこの瞬間のことです。24時間後、12時間後、1時間後、1分後、私たちはどうなっているか分かりません。だったら、この瞬間を思いっきりエンジョイすることが大切なのではないでしょうか。心から楽しいなぁってことを考えているだけではなくて、実行に移すべきじゃないかな。
そんなことを、本日の地震と、さっき見たアメリカのホームコメディドラマ「FULL HOUSE【フルハウス】」から感じました。
余談になりますが、フルハウスの大ファンなんです。音楽あり、笑いあり、家族愛あり、人生についての気付きありで、すごく楽しめます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください