ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

アトランティスの叡智

   

0150028f.jpg2/27にアイユニティ主催のワークショップに参加してきました。
大野百合子さんの誘導瞑想に従ってアトランティスの過去世やテクノロジーにアクセスしたり、クリスタルの中に保存されているメッセージや叡智にアクセスしたりしました。

アトランティスは様々な石達の持つバイブレーションや意図を活用していた時代であり、完全に統合されていた時代でした。統合されていたというのは、今の時代のように様々な物事を二つに分類する二元性中心ではなく、全ての出来事を分析せずに観察し一つの事象として捉えていたということです。

僕がアトランティス時代に意図してアクセスしたところ色とりどりのストーンで作られた道が見えました。そして茶色いクリスタルで立てられた塔のような建物の中で統合の道を守る?ための評議会のメンバーとして何らかの大きな決断をしました。様々なテクノロジーやイルカとの交信等を研究し後世に伝えるようなことをしていたような感じです。そして、最後肉体を去るときは何かカプセルのような装置の中に入り意図的に死の体験を起こし、統合を伝えたり新しい時代で体験するために次のサイクルに入ったようです。

誘導瞑想などの場合はイメージや「こんな感じがする」というような感覚が来ます。最初は「これは勝手に自分で作ってるんじゃないか」と思うものですが、「想像」とは「創造」なんです。創造したことでないと想像できませんし、想像できることは創造できます。

今回のワークでは多くの方が参加されましたが、共通したヴィジョンを見たり感じたりしていたようです。どんなイメージをしてもいいのに、同じヴィジョンを見ているところがポイントです。これはリモートビューイングでも同じことが言えますね。

最後にクリスタルの意識にアクセスしましたが、そのことは別の記事として掲載しますね。

写真はスピリチュアルストーンとして石を紹介させていただきましたが、その時のブースの風景です。多くのご利用本当にありがとうございます。また皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

冬至に向けて

今年の冬至は12/22(日)になりますね。 冬至を境に、エネルギー的には光の門、神々の門が開くという伝承があります。ちなみに、夏至からは闇の門、祖先の門が開くということになります。冬至からは本質的・魂 …

AOLに参加せずに本質を生きるために

私たちは過去の経験から様々なストーリーを身に着けてきています。その過去のデータから、未来を予測したりリハーサルしたりして、なるべく安全に生きていたいと思うのが人間の本能的なアイデアです。その逆に、私た …

センチメンタルから抜けて自由になるために

私たちは日々の生活の中で文化や社会という集合意識と触れ合いながら生きています。その影響は心身の内側と外側に大きく影響を受け、バランスが取れていないと心身に不具合が生じてしまい、自分の正体を見失ったり、 …

no image
ほしいモノを手に入れる

私たちは誰しもがこの世界で、ほしいモノを得るためにこの世界で自己を表現しています。ほしいモノという言葉を使いますが、ほしい状況、なりたい自分という言葉に置き換えることもできます。一人ひとりが、それぞれ …

「私」の源

全ての表現の中には、私たちのビジョンが入っています。それが歪んでいようとダイレクトであろうと、私たちの本質の輝きのエッセンスが入っています。何をしていても、何を見ていても、そこには私たちらしさ・ビジョ …

no image
夢の続き

朝目覚めて終わる夢の世界。終わったように思えますが、例え忘れていたとしても、実は今この瞬間にもその夢の世界は続いています。 その夢の世界は、様々なカタチで私たちの周りに実在しています。五感で感じている …

no image
カードの不思議

今日はとても暖かく、春の到来を予感させてくれました。 春の何とも言えない香ってありますよね。その香が今日はしていました。 本格的な春まで後少しって感じですね。 暖かかったので、今日のお昼は旗の台にある …

no image
アウターチャイルド

インナーチャイルドという概念があります。これは小さな頃の体験が癒されていずに残っている概念になります。子供の頃の体験が今に影響を及ぼし、反応が出てくることがあります。その場合、子供の頃の体験をよく観察 …

色とりどりの世界で生きる

この世界は色とりどりの世界。般若心境の有名な一節に「色即是空 空即是色(色とはすなわち空であり、空とはすなわち色である)」という言葉がありますが、これをシャーマニズムの視点からとらえると、始まりの瞬間 …

上手い下手の先にある個性の響き

何かを表現するときに、「上手いか下手か」で、私たちは社会の中で培った体験を通して、この2択を指針にして比較をしてしまうことがあります。   例えば、よく個人セッションやワークショップなどで、 …