ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

「知る」ということ♪

   

ある事柄について知識としては理論的に頭(知性)で分かることがあります。
また体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って分かる事もあります。

そして、さらにその体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って思うことが腑に落ちる衝撃的な瞬間があります。それが「知る」ということになります。
その瞬間「そうだったのかぁ!」「こういうことだったんだ!」という
感じが来て「知った」状態になります。

僕たちは「知る」ために生きているんですね。
その瞬間は特別な人に来るんじゃなくて誰にでも来るものですね。
僕はその瞬間をオランダで体験することになりました。
今までの体験の一つ一つが今この瞬間に繋がっていることが分かりました。

他の土地へ旅をすると日本の集合意識から離れるため、より自分自身を
見つめることができます。

生きることって全部が楽しいんだなぁ~(^_^)

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

no image
実をつけるために・・・

この世界のシステムのユニークな点は「時間」という道具があるということです。 そのため、種を蒔いて、芽が出て、実を結ぶには、時間が多かれ少なかれ掛かります。 もしこの「時間」にフォーカスをしてしまうと、 …

ただ在るだけでOKだけど・・・

私たちはただここに存在しているだけでOKな存在です。一点の曇りもなく、そして全てが完成していて、実際は何も変える必要がない。それが本来の私たちの姿です。生きること自体が自分の証であり答えです。 &nb …

どんな問題や疑問の中には自分の答えがある

  シャーマニズムの体験から理解したのは、この世界は「無・空」から「有」が放射されて創られていると言うことです。始まりは「無」ではありますが、その中にはこの世界の森羅万象・全ての概念を育ませ …

ビジョンを現実化させる春分

冬至は「神々の門」「魂のゲート」で、夏至は「先祖の門」「体のゲート」。冬至から私たちの魂のビジョンが拡大し、夏至から私たちの体のビジョンが拡大しやすくなります。太陽の影響を受ける私たちの全体的なバイオ …

no image
形ある世界

物質には「形」という概念がありますよね。視覚を通して見えている世界は全て形で構成されています。形って本当に不思議だと日々感じています。例えば絵の世界があります。どんな絵も必ず形で構成されています。そし …

no image
あくびのように

あくびが伝染するってことよくありますよね。それは人間の心理的な繋がり、つまりは共感能力の一つだと言われています。無意識に他人との繋がりを求める現象のようです。 あくびで説明できるように、私たちは肉体的 …

自分の価値をビジョンを通して知る

五感や感情という感覚意識を通して、私たちは日常を生活しています。五感と感情がビジョンです。一般的にはビジョンというと映像的な印象があると思いますが、ビジョンとは五感と感情が組み合わさった複合体です。 …

no image
龍門の鯉

中国の古い言い伝えで「鯉は滝を登ると龍に変わる」という「龍門の鯉」の話があります。中国の黄河上流にある龍門という急流についての伝説。その急流はどんな魚も登ることができないけど、そこを登ることのできる鯉 …

no image
体のケア

私たちは体を使って、この世界を体験しています。私たちの本質の部分、よく魂と呼ばれている意識は完璧で、全て知っています。普遍的な部分ですね。 スピリチュアリティ、つまり人間が本来から知っている本質的な部 …

「在る世界」と「無い世界」のバランスを取る

私たちが生きているこの世界は様々な概念が在る世界であり、その概念を使って行動して味わっている世界です。   そして、その「在る」というこの世界を創造している源、始まりの瞬間は何も無い「無い世 …