ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

「知る」ということ♪

   

ある事柄について知識としては理論的に頭(知性)で分かることがあります。
また体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って分かる事もあります。

そして、さらにその体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って思うことが腑に落ちる衝撃的な瞬間があります。それが「知る」ということになります。
その瞬間「そうだったのかぁ!」「こういうことだったんだ!」という
感じが来て「知った」状態になります。

僕たちは「知る」ために生きているんですね。
その瞬間は特別な人に来るんじゃなくて誰にでも来るものですね。
僕はその瞬間をオランダで体験することになりました。
今までの体験の一つ一つが今この瞬間に繋がっていることが分かりました。

他の土地へ旅をすると日本の集合意識から離れるため、より自分自身を
見つめることができます。

生きることって全部が楽しいんだなぁ~(^_^)

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

好きな音楽を聴くと人生がワクワクしてくる理由

今回は好きな音楽の中には自分の源の音が共鳴しているというお話。   個人的な好みの音楽話 みんさんはどんな音楽を聴いてきましたか?ファンのアーティストはいますか?僕は親の影響もあり小さい頃か …

ただ在るだけでOKだけど・・・

私たちはただここに存在しているだけでOKな存在です。一点の曇りもなく、そして全てが完成していて、実際は何も変える必要がない。それが本来の私たちの姿です。生きること自体が自分の証であり答えです。 &nb …

no image
Stupidvideos.com

世界中の面白ビデオ満載サイトのご紹介。 その名も「Stupidvideos.com」 あまり深く考えずシンプルに笑いを追及したサイトですね。 僕のおすすめは下のビデオです。昨年、ゲリー・ボーネル氏の家 …

no image
行雲流水

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。これをもって年賀状にかえさせていただきます(^^ゞ 2007年になりましたね。今年はどんな年になるでしょうか。今年は地球の動きが気になりつつ …

内側に隠してある抑圧をリリースすると人は自然になる

私たちは幼少期からの過去の記憶で様々な行動パターンや思考パターン、つまりは生きるための術を身に着けます。今、目の前に起こっている大抵の問題や不安は、そこからやってきています。   その思考パ …

傲慢と哀れみの罠から離れるために個性が必要なワケ

この世界には様々な景色・風景があります。自然によって作られた景色は、土地それぞれに独特でユニークです。また、人間が作る文化もその土地その土地で様々あります。地球の歴史、人類の歴史という長年の歳月を掛け …

no image
コネクション

人と人との繋がり、もっと言えば魂と魂の繋がりはこの世界では切ることができません。極端な話、1人で山に篭ったとしても無理です。どんな環境にいても、私たちは意識的にも無意識的にも他の人々と繋がっているもの …

no image
インドでの出来事の後に・・・【パートナーと繋がる】

インド南部のチェンナイに近い街。別々の貴族の子供として生まれた女の子のラクシュミと男の子のシュリーが暮らしていました。 幼馴染として育ち、家族通しが密接に親しい間柄だったこともあり、いつも一緒に幼少期 …

no image
人生のプロセスとバックグラウンド

先日仙台に行きましたが、僕にとって大きな出来事を思い出しました。 その当時、大学四年だった僕は教師を目指していましたが、アメリカへの短期留学やインターネットとの出会いを通して、「教師になるなら社会に出 …

no image
五感+感情がキーになる

私たちには五感、そして感情があります。どんな時でも五感や感情は活躍していますが、十分に味わい切れていないケースがよくあるものです。ある意味、この世界に存在している一つの理由は五感や感情を味わう事にある …