ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

体外離脱先でこんにちは♪

   

アムステルダムから帰ってきてからほぼ毎日と言っていいほど体外離脱体験をするようになりました。数年前からたまに無意識で体外離脱を体験していましたが、最近は回数が多く新しい気付きもあり楽しいです。・・・と言っても体外離脱は誰もが皆寝ている時に体験しているものです。ただ、その状態の時に「体は寝ているが意識は目覚めている」状態になるかどうかが鍵になります。何も僕だけが特別じゃないです。誰でも体験できます。

体外離脱体験はOut of Body Experience、通称OBEとして様々な分野で研究されています。学生時代は生理学を受講した際に、OBEに関わる話を聞いて、人間の体の仕組みによって引き起こされる現象だと感じていましたが、実際体験すると学問の常識を超えている体験のように感じました。

何度も言いますが体外離脱は誰にでもできることです。別に体験したからってどうってことは無いと思っていましたが、体外離脱をすることによって意識の力が徐々に分かってきました。体外離脱をすると現実化が加速化するんです。これは、体験的に「意識の領域」について分かるからだと思います。体外離脱先では、五感がありません。言葉では説明が難しいですが、拡大した意識を体験している感じです。

体外離脱先の景色は実際の現実とは異なる場合が多いです。恐らく、体外離脱は意図が影響するからだと感じています。その意図に応じて体外離脱先は変化すると感じます。ある人は死んだ人に会ったり、体外離脱状態から夢に変化したり。体験は人それぞれのようです。なので、夢のように感じることもあると思います。夢と言ってしまえば、体外離脱体験も夢の一部なんでしょうね。

前置きが長くなりましたが、一昨日はすごく面白い体験になりました。
体外離脱先で友人に会い、何らかのコミュニケーションを取りました。
しかし、朝起きたら体外離脱したことは鮮明に覚えているんですが、内容をすっかり忘れてしまっていました。そして、友人のケンさんのブログを見てびっくり!
なんとケンさんは初めて体外離脱体験をしていたんです。そして、ケンさんも友人と体外離脱先で話をしていたそうで。この瞬間思い出しました。僕はケンさんと何らかのコミュニケーションをしていたんです。

僕の師匠でもあるゲリーボーネルはよく体外離脱を意図的にしてクライアントの状態をチェックしたり、迷った場合は道を探したりしています。しかし、僕はそのような体験はしたことが無いので、本当かなぁ?なんて思っていたこともありました。しかし、今回の出来事でその仕組みが分かりました。五感を超えたところで、僕たちは意識のネットワークで繋がっているんですね。

体外離脱は本当に誰でもできます。よく体外離脱したら戻ってこれなくなるという話を聞きますが、この地球に生きている意図がある限りそんなことにはなりませんのでご安心を。音を使って体外離脱的な状態にさせるCDが結構出ています。お奨めはヘミシンクという体外離脱を研究しているモンロー研究所のもので、左と右で周波数を意図的に変えているCDシリーズがあります。
また、現実化させるという意味で、体外離脱体験について書かれた本を読むことで体験ができるようになります。僕は最初はこのパターンでした。もちろん個人差はありますが。体外離脱については本当に様々な情報がありますので、興味がありましたらネットで調べてみてください。書籍ですと、ロバート・モンローさんが有名です。

究極の旅―体外離脱者モンロー氏の最後の冒険

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. senjyunoitte より:

    おおぉ!
    是非、体験してみたい!!
    CD買ってみようかな~w
    離脱できたらボクはどこに行って、どんな経験をするんだろうかw

  2. senjyunoitte より:

    さっそくヘミシンクのCDのHPを観て試聴しましたw
    CDが沢山ありすぎて困りました (´∀`;)
    中でも、聞いた時に微かに鳥肌の立つような感覚を受けた2枚を
    さっそく購入しちゃいましたw
    これで、離脱を目指してみますw

  3. とみ より:

    センさん、さっそくヘミシンク買ったんですね。
    ヘミシンクを聞くことで、体外離脱の意識が高まります。
    瞑想とかにも使えますね。
    体外離脱の前兆としては、体のシビレがあります。
    この状態になったら、怖がらずにリラックスして、後頭部に意識を
    持っていってみてください。スッと抜ける感覚があって離脱できます。
    一度体験できるとスイッチが入るので、体験の回数がふえてくるんじゃないかな。
    そして、現実化や意識の力がますます強くなってきます。
    リラックス&エンジョイッ!って感じでね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ゲートを通る

誰しもがゲートを通り抜ける時が来るように思います。そのゲートはまさに己を知る瞬間、この世界の仕組みを知る瞬間、ゲームのルールに気付く瞬間、全ての出来事が多次元的に時間と空間を越えたところから時間と空間 …

雲の動きと予知

本日の夕方6時頃の空の模様ですが、東京上空長い雲がたくさん現れています。 念のためですが、タンスや棚等の転倒防止、火の元等注意したいと想います。 5月中旬~下旬の間、16~20日前後がいろいろな情報を …

期待・執着から離れてビジョンを生きるために

期待や執着は私たちの人生の道を収縮させ、不安・嫉妬・妬み・心配・後悔などを生み出すことに繋がります。期待・執着は、見返りを求めている状態で、他者との比較、時間(過去や未来)との比較、そして「こうでなけ …

無邪気な喜び

週末に妹夫婦の家に甥っ子の様子を見に行ってきました。 久しぶりに見ると本当に大きく、そしてプックリしていました。 笑顔も頻繁に見せるようになってきていて益々可愛くなってきました。 そして、首も据わった …

ダンスのように

久しぶりにヒップホップのダンスクラスに参加してきました。昨年末からバタバタしていてなかなか参加できなくようやく参加。やっぱりダンスは楽しいですね。音に合わせて無心にリズムをとるだけで、心が無の状態。様 …

no image
太陽の周りに虹

昨日と今日と午前中ですが、太陽の周りに虹が掛かっていました。自然の力というのは本当にすごいし、綺麗だなぁと感じました。感動ものです。明日はどうなっているか楽しみ。 また、これは一体何のサインなのか。き …

アストラルプロジェクションで現実化が早まる理由とは?

アストラルプロジェクション(Astral Projection)は日本語で言うと幽体離脱になります。厳密に言えば、いわゆる体外離脱(Out of Body Experience やRemote Vie …

祈りは自己承認。操作は自己否定。

他者に対して、明晰性やその人がその人らしくいるために自然に祈りを捧げることは、自分自身の中にも同様に、現実化や「なりたい自分になる」という道が加速的にやってくることになります。有名な話で、あのプロゴル …

曼荼羅の夜

曼荼羅(マンダラ)とは仏教や密教の仏画的なイメージを思い起こす方もいるかと思いますが、マンダラとは私たちの本質・エッセンスを表現したシンボルやイラストです。ある意味、私たちが見ている世界はマンダラであ …

分かち合いをしなければ自分の正体を知ることができない

本日はアウェイクニングプログラム5期メンバーと薬膳鍋で懇親会をしました。天香回味(テンシャンフェイウェイ)の薬膳鍋はまさに「食べる温泉」で、内側からデトックスでおすすめ。鍋を囲んでの対話は更に関係性を …