ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

体外離脱先でこんにちは♪

   

アムステルダムから帰ってきてからほぼ毎日と言っていいほど体外離脱体験をするようになりました。数年前からたまに無意識で体外離脱を体験していましたが、最近は回数が多く新しい気付きもあり楽しいです。・・・と言っても体外離脱は誰もが皆寝ている時に体験しているものです。ただ、その状態の時に「体は寝ているが意識は目覚めている」状態になるかどうかが鍵になります。何も僕だけが特別じゃないです。誰でも体験できます。

体外離脱体験はOut of Body Experience、通称OBEとして様々な分野で研究されています。学生時代は生理学を受講した際に、OBEに関わる話を聞いて、人間の体の仕組みによって引き起こされる現象だと感じていましたが、実際体験すると学問の常識を超えている体験のように感じました。

何度も言いますが体外離脱は誰にでもできることです。別に体験したからってどうってことは無いと思っていましたが、体外離脱をすることによって意識の力が徐々に分かってきました。体外離脱をすると現実化が加速化するんです。これは、体験的に「意識の領域」について分かるからだと思います。体外離脱先では、五感がありません。言葉では説明が難しいですが、拡大した意識を体験している感じです。

体外離脱先の景色は実際の現実とは異なる場合が多いです。恐らく、体外離脱は意図が影響するからだと感じています。その意図に応じて体外離脱先は変化すると感じます。ある人は死んだ人に会ったり、体外離脱状態から夢に変化したり。体験は人それぞれのようです。なので、夢のように感じることもあると思います。夢と言ってしまえば、体外離脱体験も夢の一部なんでしょうね。

前置きが長くなりましたが、一昨日はすごく面白い体験になりました。
体外離脱先で友人に会い、何らかのコミュニケーションを取りました。
しかし、朝起きたら体外離脱したことは鮮明に覚えているんですが、内容をすっかり忘れてしまっていました。そして、友人のケンさんのブログを見てびっくり!
なんとケンさんは初めて体外離脱体験をしていたんです。そして、ケンさんも友人と体外離脱先で話をしていたそうで。この瞬間思い出しました。僕はケンさんと何らかのコミュニケーションをしていたんです。

僕の師匠でもあるゲリーボーネルはよく体外離脱を意図的にしてクライアントの状態をチェックしたり、迷った場合は道を探したりしています。しかし、僕はそのような体験はしたことが無いので、本当かなぁ?なんて思っていたこともありました。しかし、今回の出来事でその仕組みが分かりました。五感を超えたところで、僕たちは意識のネットワークで繋がっているんですね。

体外離脱は本当に誰でもできます。よく体外離脱したら戻ってこれなくなるという話を聞きますが、この地球に生きている意図がある限りそんなことにはなりませんのでご安心を。音を使って体外離脱的な状態にさせるCDが結構出ています。お奨めはヘミシンクという体外離脱を研究しているモンロー研究所のもので、左と右で周波数を意図的に変えているCDシリーズがあります。
また、現実化させるという意味で、体外離脱体験について書かれた本を読むことで体験ができるようになります。僕は最初はこのパターンでした。もちろん個人差はありますが。体外離脱については本当に様々な情報がありますので、興味がありましたらネットで調べてみてください。書籍ですと、ロバート・モンローさんが有名です。

究極の旅―体外離脱者モンロー氏の最後の冒険

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. senjyunoitte より:

    おおぉ!
    是非、体験してみたい!!
    CD買ってみようかな~w
    離脱できたらボクはどこに行って、どんな経験をするんだろうかw

  2. senjyunoitte より:

    さっそくヘミシンクのCDのHPを観て試聴しましたw
    CDが沢山ありすぎて困りました (´∀`;)
    中でも、聞いた時に微かに鳥肌の立つような感覚を受けた2枚を
    さっそく購入しちゃいましたw
    これで、離脱を目指してみますw

  3. とみ より:

    センさん、さっそくヘミシンク買ったんですね。
    ヘミシンクを聞くことで、体外離脱の意識が高まります。
    瞑想とかにも使えますね。
    体外離脱の前兆としては、体のシビレがあります。
    この状態になったら、怖がらずにリラックスして、後頭部に意識を
    持っていってみてください。スッと抜ける感覚があって離脱できます。
    一度体験できるとスイッチが入るので、体験の回数がふえてくるんじゃないかな。
    そして、現実化や意識の力がますます強くなってきます。
    リラックス&エンジョイッ!って感じでね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
視覚の幅が広がる

最近、僕の周りでは空間に様々なモノが見え始めている人が増えています。僕自身もふとした時に、「あれ?」と感じるものが見てたり。明らかに肉眼で捉える事ができます。僕は光子的なエネルギーの一種だと感じていま …

感覚からアカシック情報へ

10月になりました。なんかあっという間のような感じがします。ちょうど一年前はフロリダでの結婚式の準備に追われていた時期。あれからもう1年も経つんですね。(ちなみに、今月の28日が「結婚式記念日」。) …

no image
不安は「過去→未来」のリハーサルから

不安や恐怖という感情から様々な問題を体験することになります。不安や恐怖とはどのように生まれるかですが、「過去の体験」を分析・比較した上での、「見えない未来」を予測すると生まれます。この「過去の体験」を …

悲しみの感情を簡単に手放す方法

感情を抑圧してしまうと私たちは様々なトラウマや後悔、「ああしてたらどうなったかな」というような想いに圧倒されてしまいます。特に悲しみの感情は私たちを過去へと繋ぎ止めてしまいます。   個人的 …

no image
今を変えるパワー

どのような生き方をしたとしても、最終的には自分のほしい物を手に入れたり、なりたい自分になることができるものです。どんな事が起ころうが、自分の人生は続いていきます。 私たちは、他者との比較や何かを隠すた …

no image
喧嘩の中にいる自分

私たち人間は、あの金八先生も言っているように、文字通り「人と人との間」で生きています。自分という存在は、他者がいなければ、感じることができないのは確かです。 アカシックリーディングでも多いご相談の一つ …

体のケアで本来の生き方に繋がる

昨日のアウェイクニングプログラム5期のワークショップは大野百合子さんをゲスト講師に迎えて行う恒例のヒプノセラピーワークショップでした。 百合子さんの経験に基づく深いヒプノやボディーワークで11月に行う …

no image
記憶喪失と時間

日々の生活の中、家族や学校・会社、社会の中を過ごす事で、私たちは社会的な合意された現実にフォーカスをしてしまうパターンを身につけていて、自分自身の本質的な心にフォーカスをせず、「他者のため」「社会のた …

no image
必ず現れる

数年前から続いている現象ですが、弊社と取引のある会社の担当者Kさんがいます。Kさんが会社に遊びに来る、もしくは連絡がある時はすぐに分かります。 そのタイミングは、 ・Kさんの商品の問い合わせがある時 …

伝染

伝染と聞くと病気等の感染が思い浮かぶかもしれませんが、 意識が伝染(感染)するということがあります。 それは日本映画の「感染」や、鈴木光司さんの「リング」や「らせん」等でも ちょっとホラーチックに表現 …