ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

先入観から始まるストーリー

   

地球は丸い。これは今の時代は当然の常識となっています。
しかし、むかーしは地球は平らであるというのが常識でした。
その時代に地球は丸いなんて言ったら、おかしな人と思われてしまいます。

しかし、本当に地球は丸いということは当たり前なのかな?
もちろん、宇宙に実際に行った宇宙飛行士であれば体験してそのことが分かります。
しかし、行ったことが無い僕たちは、実際に見て体験したわけではありません。
全て、テレビや書籍やネット等の情報だけ。もしかしたら、地球はゆがんでいるのかもしれませんし、凸凹しているかもしれません。
何らかの情報の操作があるかもしれませんし。
歴史についてもそうですね。歴史は勝者側の歴史になっています。

情報を体験したことがないのに信じてしまう傾向があります。
それが多くの人が賛同することで、「常識」になります。
つまり、常識とは「平均」です。
体験せずに信じると先入観が始まります。その先入観が思考にインプットされると、そこからその先入観に基づいた現実化が始まる傾向があります。

自分らしく生きるためには先入観は不要です。もし常識をそのまま鵜呑みにしてしまうと、自分の人生ではなく、他人の人生を生きてしまうことになります。
世の中不況だという言葉が聞かれてますが、それも平均的なことであり、必ずしも全員に当てはまるとは限りません。ちゃんと儲かっている会社だって存在してます。

ただ情報を信じるのではなくて、興味あることは自分の五感や体で体験することが大切だと感じます。物事を判断することはできません。判断せずに「観察」し、それを自分の興味に生かすことが大切だと思います。

相談を受けていると「私の夢は絶対叶わない」という声をよく聞きますが、それは常識に照らし合わせた先入観。「絶対叶わない」と思うことは、ただ勝手な個人的な判断に過ぎません。夢があるのであれば、まずは小さなステップでも行動に移します。すると、面白い出来事が頻発してきて、ふと気付いたらその夢が現実化する、ということはよーーーーくあることです。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
信頼とビジョン

私達は、様々な場面で、傷ついてしまったり、将来に対して不安や心配で圧倒されてしまい、自信を無くしてしまうということがあります。 自信というのは考えているだけで身に付くものではなく、行動することによって …

no image
「私を呼んでいる?」

私達がコミュニケーションで使っている言語・言葉は、私たちの過去が影響を与えています。なぜならば、私たちの知性というのは、様々な情報を解釈可能な形で置き換えようとします。そのため、いろいろな体験をして感 …

no image
ロズリン礼拝堂の音の暗号

先日イギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠さ …

壁は必ず乗り越えられる

私たちは意識的であろうと無かろうと、どんな状況であろうと、自分自身らしい道を歩んでいます。個人的に臨死体験をしたとき、全ての過去も未来も今という瞬間に繋がっていて、実はシンプルな世界だということに気付 …

no image
I AM

「今ここに在る」これを英語では「I AM」と阜サされます。I AMは「私は~です」と和訳されていますが、本来は「存在」浮キ言葉なのだそうです。「今」を生きることは非常に大切であり、それしかないのだが、 …

no image
現実を見詰める事

人間である私達は生まれたときから様々な能力を誰もが持っています。様々なメディアや書籍、ネット等の情報でスピリチュアリティ、神秘的な事、形至上学(メタフィジクス)等のいわゆる目に見えない世界への注目が集 …

動と静のバランスに響く自分の正体

自分らしさ、自分の本質を生きるためには動と静のバランスが大切です。   動というのは、運動をする、表現をするなどの体を動的に動かすこと。現実を生きるために必要なのが動です。 静とは、リラック …

忍耐は辛いものではない!忍耐は遊ぶこと♪

忍耐と聞くと、ほしいものをガマンしたり、一生懸命に努力を重ねていくようなことをイメージする方が多いかもしれません。しかし、結論から言うと、忍耐とはそういうことじゃないんですね。   忍耐とは …

第3の眼だけではアンバランスになる

スピリチュアルな世界や精神世界では霊性を高めたり、サイキック能力を活性化したり、明晰性を高めるために、第六チャクラの第3の眼を活性化することがポイントと言われています。僕自身もワークショップでは第3の …

アカシック情報のズレ

アカシックレコードはユーザーフレンドリーで、それはインターネットの検索エンジンのように知りたい情報を検索すれば、情報が示されます。 アカシックレコードを読むのは興味があれば誰もができますが、ただ、ポイ …