ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

カレンダーと意識の関係性

   

今使われているカレンダーはグレゴリオ暦のカレンダーですね。
これは、1年を12ヶ月で30日とか31日の周期で動くカレンダーで、よく言われるのはビジネス仕様のカレンダーです。4年に一回閏年が存在するなど、ビジネス志向になっています。
また、マヤンカレンダーというものもあります。
これは1ヶ月を28日周期で1年が13ヶ月あるカレンダーで、人間の生理的な周期に重点を置いているカレンダーです。閏年等もありません。このカレンダーを参考にすると、私たちの肉体と精神のバランスが整ってくると言われています。

世の中には他にも様々なカレンダーが存在しています。インドではジョーティッシュというインド占星術に合わせたカレンダーも存在しており、これもなかなか的を得ているカレンダーです。

面白いのが、僕がオランダに行き衝撃的な出来事を体験し、すっかりこの世界の見方が変わったのですが、その体験をした翌日が、マヤン暦で僕の誕生日でした。
僕のマヤの誕生日はKIN107の「青い電気の手」という日で、7月29日でした。
そして、グレゴリオ暦ですと8月28日が誕生日で記念すべき三十路。
グレゴリオ暦であっても1つのステップを象徴する日でした。

カレンダーのポイントは活用の仕方と数字だと感じています。どんなカレンダーを使っても、その日付、つまり数字を意識することで、自分の意識と何らかの共鳴を起こします。生まれた日はここに来る瞬間に自ら選んで来ているので、ここに生まれた時点で日付とは何らかの形でいろいろなイベントとリンクしています。

世の中には誕生日を活用した占星術等がたくさんあります。そして、もちろん同じアプローチもありますが、全く異なるものも存在しています。では、どれが一番正しいのでしょうか?「どれも間違いではなく、正しくもない」という一見矛盾しますが、これが答えになると思います。様々な出来事を通して出会った占いや情報等は、活用することで様々な形で現実化します。出会わない情報もありますが、これは自分が選択していない情報ということですね。

カレンダーは活用することで自分の意識と何らかの共鳴を起こします。
ポイントは「気になる」「興味がある」カレンダーを活用することです。
興味がある時点で、そこには歓びが存在しています。楽しいと感じる情報を活用することが自分を知ることのステップになると感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. ウスシックス より:

    ご無沙汰。
    元気でしか?
    ボクはKIN159の「青い電気の嵐」だよ。なんだか似てるね。この「青い~」はT-REXのタイトルっぽくてイイ感じ。ちなみにグレゴリオは10月24日。
    つまりトーニョー(糖尿)なのだ!
    なんでか知らないけど、この数字の並びはかなりのお気に入りだよ。さそり座のオトコ。。。。
    でもボクのイチバン気になってるのは・・・もちろんトミーくんだす。
    よろしくね。
    近々29ロックPART2やろうね。
    ブリブリ

  2. より:

    ウスシックスよ、メッセージありがとう。
    同じ青同士なのね。やっぱりそんな感じがしたなぁ。同じ色ってのも何らかの関係性があるようだしね。
    しかも、もう少しで誕生日なんだねぇ。
    さて、どんな進化が起こるか楽しみだなぁ。
    2929もよろしくね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

なりたい自分になる~福岡ワーク&セッションのご案内

私たちが住むこの地球のシステムは、たくさんの情報があったり、概念があったり、人々がたくさんいたり、会社があったり、文化や社会・民族がたくさんいたりします。様々な人と人、グループとグループ、土地と土地が …

自分の価値をビジョンを通して知る

五感や感情という感覚意識を通して、私たちは日常を生活しています。五感と感情がビジョンです。一般的にはビジョンというと映像的な印象があると思いますが、ビジョンとは五感と感情が組み合わさった複合体です。 …

no image
夢で柔軟性

夢の中では私たちは何でも体験することができます。夢から私たちは様々な情報を整理したり、自分のビジョンを明確にしたりするのに役立ちます。 しかし、夢を無意識に見てしまうと、日常生活の延長線上となって夢が …

火の鳥 太陽編

手塚治のライフワークとも呼べる大作「火の鳥」。火の鳥は、宇宙の私達を作った存在や、宇宙エネルギーを象徴する鳥として描かれており、火の鳥はヤマト編や宇宙・生命編など、様々なタイトルがあります。その中でも …

節分で自然を感じる

今日2月3日は節分ですね。節分とは季節の分かれ目の節で、特に立春の前の日。   つまりは、暦の上では春ということで、カレンダー上ではなくて季節上の大晦日的な日ということですね。今日は東京はと …

グラウンディング

グラウンディングとは「地に足をしっかりと着ける」という意味があります。グラウンディングが出来ていないと、フワフワしてしまったり、ぼーっとしてしまったり、現実的に様々な問題やブロックを味わうことが起こり …

no image
柔軟性をビジョンから

日常、私たちは様々な思考が頭をよぎります。ある想いによって支配されてしまい、一日中そのことから離れられなかったり、ふとした瞬間に過去の体験がよみがえり、後悔という形でしがみついてしまう等、このような体 …

no image
臨界点を待つ

水が氷になる瞬間、突然氷になります。呼吸でも、吸う息が吐く息に変わるポイントも、突然吸うから吐くに変わります。そのような臨界点は様々な出来事にも当てはまると感じます。 一歩踏み出したことが、なかなか達 …

コダワリを完了させてオリジナルな人生を謳歌していく

アウェイクニングプログラム4期の箱根温泉リトリートも無事に終わり、4期メンバーはいよいよ来月シャーマニックリチュアルの旅が始まります。そして、今月の18日からはアウェイクニングプログラム5期がスタート …

クリエイティブなやり方を見付ける

14世紀に始まったルネサンス頃から人間が持つ様々なクリエイティブ・創造力が高まってきています。これも時代の流れで、権力や戦い等に重きを置いていた時代から、人間が本来持っている可能性を追求していくという …