ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

カレンダーと意識の関係性

   

今使われているカレンダーはグレゴリオ暦のカレンダーですね。
これは、1年を12ヶ月で30日とか31日の周期で動くカレンダーで、よく言われるのはビジネス仕様のカレンダーです。4年に一回閏年が存在するなど、ビジネス志向になっています。
また、マヤンカレンダーというものもあります。
これは1ヶ月を28日周期で1年が13ヶ月あるカレンダーで、人間の生理的な周期に重点を置いているカレンダーです。閏年等もありません。このカレンダーを参考にすると、私たちの肉体と精神のバランスが整ってくると言われています。

世の中には他にも様々なカレンダーが存在しています。インドではジョーティッシュというインド占星術に合わせたカレンダーも存在しており、これもなかなか的を得ているカレンダーです。

面白いのが、僕がオランダに行き衝撃的な出来事を体験し、すっかりこの世界の見方が変わったのですが、その体験をした翌日が、マヤン暦で僕の誕生日でした。
僕のマヤの誕生日はKIN107の「青い電気の手」という日で、7月29日でした。
そして、グレゴリオ暦ですと8月28日が誕生日で記念すべき三十路。
グレゴリオ暦であっても1つのステップを象徴する日でした。

カレンダーのポイントは活用の仕方と数字だと感じています。どんなカレンダーを使っても、その日付、つまり数字を意識することで、自分の意識と何らかの共鳴を起こします。生まれた日はここに来る瞬間に自ら選んで来ているので、ここに生まれた時点で日付とは何らかの形でいろいろなイベントとリンクしています。

世の中には誕生日を活用した占星術等がたくさんあります。そして、もちろん同じアプローチもありますが、全く異なるものも存在しています。では、どれが一番正しいのでしょうか?「どれも間違いではなく、正しくもない」という一見矛盾しますが、これが答えになると思います。様々な出来事を通して出会った占いや情報等は、活用することで様々な形で現実化します。出会わない情報もありますが、これは自分が選択していない情報ということですね。

カレンダーは活用することで自分の意識と何らかの共鳴を起こします。
ポイントは「気になる」「興味がある」カレンダーを活用することです。
興味がある時点で、そこには歓びが存在しています。楽しいと感じる情報を活用することが自分を知ることのステップになると感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. ウスシックス より:

    ご無沙汰。
    元気でしか?
    ボクはKIN159の「青い電気の嵐」だよ。なんだか似てるね。この「青い~」はT-REXのタイトルっぽくてイイ感じ。ちなみにグレゴリオは10月24日。
    つまりトーニョー(糖尿)なのだ!
    なんでか知らないけど、この数字の並びはかなりのお気に入りだよ。さそり座のオトコ。。。。
    でもボクのイチバン気になってるのは・・・もちろんトミーくんだす。
    よろしくね。
    近々29ロックPART2やろうね。
    ブリブリ

  2. より:

    ウスシックスよ、メッセージありがとう。
    同じ青同士なのね。やっぱりそんな感じがしたなぁ。同じ色ってのも何らかの関係性があるようだしね。
    しかも、もう少しで誕生日なんだねぇ。
    さて、どんな進化が起こるか楽しみだなぁ。
    2929もよろしくね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
過去と現在と未来

私たちの体はタイムラインを直線上に見て進化しています。つまりは、過去→現在→未来へという流れの中で生活しています。この視点が無ければ生きることはできませんし、他者とのコミュニケーションもできなくなって …

誰も傷付けないこと cause no harm

私たちは今いる大きな意義の一つが、古から伝わる言葉「汝自身を知れ」ということです。私たちの本質の正体を知る事が、アプローチはそれぞれであっても、日々の中で、また時空を越えたところで、これを実践していま …

オリジナルで生きる怖さ

オリジナリティをこの世界で自然に表現することができれば、自分自身を知るということに繋がりますし、ある意味それが誰にとっての人生のテーマであると言えます。 とは言っても、この社会の中で自分の個やオリジナ …

no image
インドでの出来事の後に・・・【パートナーと繋がる】

インド南部のチェンナイに近い街。別々の貴族の子供として生まれた女の子のラクシュミと男の子のシュリーが暮らしていました。 幼馴染として育ち、家族通しが密接に親しい間柄だったこともあり、いつも一緒に幼少期 …

no image
Q&A Vol.1

今回のブログはドルフィンマインドのアンケートやワークショップ等でお客様から頂いたご質問の回答です。参考にしてみてください。 Q1. あまり夢を見ていないのか覚えていません。何か夢をクリアに見る方法があ …

no image
今を感じる

一瞬裏切られるような行為は新しい扉へのドアなのかもしれません。全ての縁はまさに円、つまり丸で繋がっているんですね。人と人との縁はどのように展開していくのか本当に分からないのだけれど、必ず自分の意識の成 …

no image
フィーリング・感情と向き合う

日々様々な出来事が起こり、その度に私たちは感情やフィーリングを体験しています。うれしさや辛さ、不安やワクワク、悲しみや抑揚感など、様々な感情やフィーリング、それがあるからこそ私たちは「生きている」実感 …

no image
ドルフィンスイム&ワークショップ

今年の7月に「イルカの島ネイチャー&ミスティックツアー」と題して、御蔵島でのワークショップが決定しました。アクリスとの初のコラボレーションになります。「本当に楽しんでいいんだ♪」ということを実感するた …

no image
喧嘩の中にいる自分

私たち人間は、あの金八先生も言っているように、文字通り「人と人との間」で生きています。自分という存在は、他者がいなければ、感じることができないのは確かです。 アカシックリーディングでも多いご相談の一つ …

ビジョンで生きる人生へ

日々の日常は意識していないとパターン化しやすいものです。昔からの慣れ親しんでいる思考パターンや行動パターンから日々の日常で起こる出来事に反応をしていると、自ずと結果もいつもと同じになるものです。 もし …