ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

人生のプロセスとバックグラウンド

   

先日仙台に行きましたが、僕にとって大きな出来事を思い出しました。
その当時、大学四年だった僕は教師を目指していましたが、アメリカへの短期留学やインターネットとの出会いを通して、「教師になるなら社会に出て、社会を知ってからにしよう。社会に出ないと子供たちにそのことを教えることができないし、英語についてももっと知らないと教えられないだろう。」と感じ、教師になることを止めて、社会に出ることを決めました。英語関係の仕事に憧れがあり、アメリカへ行った際に出会ったツアコンの方の仕事の話に大変興味もあり、また親や親戚を連れてアメリカへ行き、ツアコンのようなことを行ったこともあり、その時「よし!ツアコンになろう。」とすぐに決め、本屋に行きツアコンについての本を読みあさっていました。

そして、ある本の巻末にツアコン関係の会社のリストがあったので、片っ端から僕の想いをハガキに書いて送りました。何社からか返事があったのですが、条件が合わなかったりでダメだったのですが、一社仙台の某観光会社から面接OKの返事が来て早速面接に出かけました。

その会社に着き早速面接。担当してくれた方はその会社の次長さんで、僕の話や夢を丁寧に聞いてくれました。そして後日、その会社から内定の連絡がありました。その次の日くらいだったかと思いますが、面接を担当してくれた次長さんから突然個人的に僕に電話があったんです。そして、「富君は本当にこの仕事がしたいの?富君の理想と違う仕事になる可能性もあるよ。もし英語をもっと勉強したいのであれば、いきなり就職するんじゃなくて専門学校に行く等の様々な道がある。人生はプロセスが大切なんだよ。」というようなことを言ってくれました。

僕は次長さんの話を聞いて、自分の道に悩みました。そして、恩師の大学の冨田先生にそのことを相談しました。冨田先生は真剣に僕の話を聞いてくれ、観光会社の次長さんの話をしたところ、「富君は、素晴らしい人に出会ったね。普通に考えても就職先の内定後にそのようなアドバイスをしてくれる人はそうはいないだろうしね。僕もその次長さんの意見に賛成だよ。ある目標を達成するには人には様々なプロセスがある。また今まで体験してきたバックグランドも大切だ。その次長さんの意見も考えて、富君らしい道を選択したらどうだろうか」とのアドバイスを頂きました。僕は焦っている自分の気持ちに気付きました。何も焦ることはない。自分の道は人と比較するものではない。自分で作っていくものだと次長さんと冨田先生の言葉ではっとしました。とても気持ちが軽やかになり、僕にとって非常に大きな気付きになりました。

僕は、すぐに次長さんと連絡を取り、再度仙台に行き僕の気持ちを伝えました。僕は英語をもっと追及するために専門学校に行く道を選択したいという気持ち、そして、これからのプロセスを自分で作っていくことを、せっかく内定いただいて解消するのは失礼なことだと思いましたが、正直に率直に伝えました。
次長さんは僕の言葉を聞いて、まるで僕の父親のように喜んでくれました。そして、僕の道をいつでも応援しているから、困ったことがあればいつでも連絡して、ということまで言ってくれました。僕はただ感謝で胸が一杯で何も言えませんでした。

その後、そのことを冨田先生に伝えたところ、先生も僕の選択を喜んでくれ、先生の奥さんが通ったことがあるという東京の英語の専門学校を教えてくれました。その学校が僕にとって人生を大きく変えるターニングポイントの場所になりましたが、それはまた別の機会にお話させていただきたいと思います。

人生には僕の体験のように影響を与えてくれる感謝すべき存在達がいます。例えもう二度と会うことは無い人であったとしても、その人の意識や言葉は常に今にあります。そして、僕たちはその存在達によって生かされているとも言えます。日々の人との出会いには、例えそれがどんな関係になろうとも自分の道のエッセンスが含まれていると感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - マイライフ, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

概念をリリースしてオリジナリティを発揮する

世の中には何かを身に着けたり、行ったり、到達するための手法・アプローチは本当に様々あります。そのアプローチによって、様々な概念が生まれシンプルなものが複雑になっていくことがあります。そして、自分の中に …

no image
レディーガガ的な生き方

話題になっている世界的アーティストのレディーガガ。レディーガガが出たトーク番組を観ましたが、彼女は一貫性を持って生きていると感じました。 幼少期には父親や家族との葛藤があったが、自分のオリジナリティを …

no image
新しいサイクル

3月19日から新しいホログラフィックラインに入ったという情報を友人の木村君からもらいました。この状態は、金魚を金魚鉢から全く違う質の水が入った新しい金魚鉢に移したような状況とのことです。 3月末頃から …

シンプルライフは遊び心から

私たちは自らが創り出した世界に暮らしていて、日々様々な出来事や事象を五感と感情、またそれを超えた第六感的な部分を使って観察しています。   様々な出来事は層のようになっていて、その層が厚けれ …

no image
実をつけるために・・・

この世界のシステムのユニークな点は「時間」という道具があるということです。 そのため、種を蒔いて、芽が出て、実を結ぶには、時間が多かれ少なかれ掛かります。 もしこの「時間」にフォーカスをしてしまうと、 …

言葉とフィーリング

私たちは言葉の世界で暮らしています。言葉の中にフィーリングが保存され、その言葉が発せられることによって、目の前の世界や内側の世界に言葉の世界が創りだされます。それはとてもシンプルな仕組みです。どんな言 …

no image
目標や欲は必要か?

「期待しない事を期待すると」のコメント欄で頂いたご質問の回答を記事として掲載します。 「目標」は持たないほうがいいか?「目標」や「欲」があったほうがいいのでは?というご質問です。僕なりに想う事を書いて …

ユーモアと笑い

ユーモアは私たちの本質のエッセンスが輝きを増す原動力のようなものです。ユーモアな場面を目撃したり、話を聴いたりして、思わず笑いがこみ上げてくる感覚。この感覚になるまさに瞬間、私たちの意識は拡大し、時間 …

長年の癖を手放すポイント

長年の思考パターンや行動パターンによって、私たちは心身の様々な部分に負担を掛けているということがよくあるものです。それは、長年のパターンなので潜在意識に追いやられて、なかなか気付かずに、歳を重ねてくる …

no image
妖精君との遭遇!?

寝正月の影響+夜の寒さのせいもあり、夜あまり眠れませんでした。そんな時、突然幽体離脱をする前や金縛り時に体験するような体の痺れが体に走りました。しかし、痺れがあるだけで、幽体離脱状態でも金縛りでもない …