ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

カラフルな再会♪

   

1f33583c.jpgカラフルフードセラピストである成瀬さんのお宅にご招待いただき、スタッフ一同でご馳走になってきました。成瀬さんは食と色との関係性を探求していて、何よりも食の楽しみを心から表現されています。そんな成瀬さんが創造する料理は、純粋に美味しくて楽しいものでした。

成瀬さんとはあるイベントで出会いました。一目見た時に「どこで会ったんだったけ?」という、既に会ったことがある感覚が強く、話しかけたところ初めてでした。が、そのことでスイッチが入ったのか、その後立て続けにイベントでたまたま出会うということが続きました。まさに縁ですね。

今日は、僕と出会ったような流れで、成瀬さんご自身が出会った仲間達も集まりました。驚いたのが、その中にベルギーの方がいたこと。というのも、最近会社でベルギーの話をよくしていたからです。しかも、どことなく僕と顔が似ている!いろいろと話をしましたが、僕と他生の縁があるようで・・・今後いろいろな情報交換をしていくことになりそうな予感。

そして、今日集まったメンバーはまたもや全員スピリチュアルについて何らかの形で携わっていました。集まるべくして集まった、つまりはある約束(設定:自然の法則:プログラム)に基づいて完璧なタイミングで再会したようです。

それぞれが、様々な体験をして歩いてきています。そして、あるタイミングで今回のような出会いがあり、体験をシェアし、また新たな自分の道を進んでいきます。人は人との間で自分の色を知っていくんですね。

成瀬さんの情報は下記のサイトをご覧ください。様々なセミナーを開催しております。

新彩食生活カラフルフーディング Come-Come おいしい色レシピ

また色の視点で見たレシピ本も執筆されていますので、日々の料理に役立ててみてください。

おいしい色レシピ―心と体にカラフルエッセンス

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - グルメ, 意識・心・気付き

Comment

  1. noriko より:

    ご紹介頂いてありがとうございます☆
    いや~、盛り上がりましたね。
    なんだか魂の集会みたいでした。
    初対面があんなにも多いのに、あの懐かしい感覚。
    まさにカラフルな再会ですね。
    また、楽しみましょうね~♪

  2. とみ より:

    成瀬さん、先日はご馳走様でした。
    ありがとうございました。
    いや~、いろんな話が出て面白かったですね。
    確かに初対面でしたが、懐かしい感じ。
    でも、やはり初対面じゃないんでしょうね。
    ではでは、またです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
家族のダイナミクス

家族についての質問をコメントでいただいたので記事として書きますね。 なぜ人間には家族ということがあるのか。生物学や社会学等で様々な定義があると思いますが、神秘学的な視点では、大きく分けて2つの意義が考 …

オリジナリティ発揮のチャンス

一人ひとりがオリジナルの表現方法や創造力を持っていて、ある意味人類を代表して日々のリアリティの中で体験をしています。   現実的な世界では、誰も他者にはなれないし、他者に自分になってもらうこ …

no image
Remember to Remember

Remember to Remember。 この言葉が自分を知るための一つのキーだと感じます。 思い出すために思い出す。つまりは、自分の本当の姿や力、存在を知るということを思い出すということです。人生 …

遊び心

ドルフィンマインド(Dolphin Mind)は僕が作った造語ですが、「イルカのような遊び心を日常にクリエイトする」という意味の言葉で、3本の柱から成っています。それは、 ・遊び心(Playfulne …

no image
記憶喪失と時間

日々の生活の中、家族や学校・会社、社会の中を過ごす事で、私たちは社会的な合意された現実にフォーカスをしてしまうパターンを身につけていて、自分自身の本質的な心にフォーカスをせず、「他者のため」「社会のた …

シンプルに生きるか?複雑に生きるか?

無事に2回目のワールドブルーアウェイクニングプログラムの説明会も終わりました。多くの方にご参加いただきありがとうございます。既に6名の方がエントリーされました。いよいよ4月末から開催となります。第一期 …

タイうどん

本日のお昼は旗の台にあるタイ料理屋さん「ブーゲンビリア」に行きました。よく利用しているタイ料理屋さんでとても美味しいです。 初めてタイ風うどんを食べてみました。あっさりしていながらコクがありとても美味 …

本当の自分を生きるために必要な他者の存在

昨夜はいよいよ11/1にシャーマニックリチュアルの旅に出るアウェイクニングプログラム5期のための壮行会を開催しました。5期メンバーから今までの流れや意図を発表したり、他の期のメンバー達が集い、5期に向 …

グラウンディングなビート

グラウンディングとは「地に足を付ける」という意味があって、要するにこの現実を生きるために必要な要素ですね。このグラウンディングが弱くなると、ちょっとフラフラとしてしまい不安が強くなったり、迷いが出たり …

他者の人生と比較する事の儚さ

この世界で私たちは自分でプログラムしたイベントを体験しています。そのプログラムを通して、自分自身の本質に気付き、最終的には完了・バランスを迎えます。   プログラムの内容は一人ひとり皆違うも …