ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

大人の子供への影響

   

最近、僕の住んでいる戸越公園にモスバーガーが出来ました。連日大盛況のようで、テイクアウトを頼むと20分位待つことになります。今日はちょっと遅いランチで会社に向かう途中15時位に行きましたが、20分位やはり待つことに。待っている間、店内の様子を観察していました。

店内にはテイクアウトを待つおばあちゃんとお孫さんらしい一組が待っていました。しかし、テイクアウト商品はなかなか用意されず、遂におばあちゃんが痺れを切らして店員に「まだですか?」と詰め寄りました。しかし僕の後に注文されたので、まだ時間が掛かりそうです。仕方なく、もうしばらく待つ様子かなと思ったら、今度はお孫さんを何やら叱り始めました。恐らく、お孫さんがモスバーガーを食べたいと言い出したようですが、何かの待ち合わせがあるようで、結局待っているために遅れそうだとのことでした。
そしたら、店員に子供が泣くからもういいです!と言って店を出て行ってしまいました。店長さん大慌て(^_^;)

この光景を見て、僕も小さい頃似たような経験があったような気がしてきました。子供は欲しいものをもう少しで手に入れられる時に、大人の一言やその時の都合で、子供の願いを拒否してしまう出来事。そうなると、子供は大人の顔色をいつも伺うことになり、とても悪い事をしたという気持ちになってしまう。結果として、自分は迷惑をいつもかけてしまう存在だとか、自分の思い通りに物事は進まないんだという先入観がついてしまい、そのまま大人になっても同じ気持ちでいて「ためらい」を感じてしまうことが多いように感じます。大人の子供に対する影響力は非常に大きいと思います。

今回のモスバーガーでの出来事は確かに様々な事情があったとは思いますが、子供がハンバーガーを食べたいと言って、大人がそのことを許可したから注文したのは確かです。時間とは状況です。あと1分待ったらハンバーガーが出てきたというのに・・・そのことを考えたら、遅れるような一時的な出来事よりも、これから将来そのお子様の可能性を知れば、ハンバーガーを与えるべきだったんじゃないかなって思ってしまいました。

しかし、今回の出来事は、全て自分で創造していることに過ぎません。今回の出来事を観察して、自分の内面にある「何か」がクリアになったと感じています。その意味では、今回の出来事を見せてくれてありがとう!という気持ちで何だか笑いが込み上げてきます

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. OSAMU-SHI より:

    と、そのような状況でハンバーガーを与えてもらえない子供が、大人に成長すると僕のようになります。(笑)
    何かを創造する側の人間は、多少歪んでいても仕方ないかなぁ、と最近思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ロズリン礼拝堂の音の暗号

先日イギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠さ …

no image
記憶の中に

私たちは長年に渡って、それは今のタイムラインだけではなくて、他のタイムラインを含めて、様々な情報をインプットしています。他のタイムラインを含めなくても、今の人生を振り返っても、場面場面で本当に様々な体 …

no image
出来事=反応

人は生まれた瞬間、みんな同じ状態。身体的な特徴は違っても、誰しもが裸で生まれます。その後、文化、親、社会、学校等の外的な影響により性格や考え方に人それぞれ差が生まれます。この世の中に自分と同じ人間は誰 …

no image
家族のダイナミクス

家族についての質問をコメントでいただいたので記事として書きますね。 なぜ人間には家族ということがあるのか。生物学や社会学等で様々な定義があると思いますが、神秘学的な視点では、大きく分けて2つの意義が考 …

自分の辞書にある概念で世界を生きている

この世界で体験しているリアルな世界は、「見たい」「知りたい」「こうしたい」という自分の想い・意図・衝動があり、主観が生まれストーリーが展開しています。今目の前に表れているイベントや事象は、一人ひとりが …

人生のプログラムやオチを知る秘訣

目の前で起こっている現実。それは紛れもないあなたの現実です。どんな状況であろうとも、あなたが創り出した世界です。一人一人が映画の主人公。シナリオを意識しているかしていないかに関わらず、自らの意思・意図 …

no image
人と人との繋がり

私達がこの世界にいるには、他者がいなければなりません。そうでなければ、私達一人ひとりが元々持っている価値・エッセンスというものに気付く事ができないからです。あのご存知金八先生も言っていたように「人とは …

想えば存在する世界でどう生きるかを知る

いよいよアウェイクニングプログラム4期の最終ステージになるシャーマニックリチュアルの旅に明日出発します。先日は4期の壮行会を行い、1期から5期までのメンバーが集まり、4期の激励や懇親を深めました。4期 …

15000年の彼方へ

その時、光が差してきた。僕は青空を見上げている。寝ているのかまどろんでいるのか?それとも気を失っているだろうか?いずれにしても、ここは青い空と白い雲が浮かんでいる空間。   遠くから僕を呼ぶ …

no image
情報の探し方

自分を知るために必要な情報やメッセージはどこにでも存在しています。それは、家の中、街中、電車の中、映画の中、音楽の中、レストラン、職場、学校、本屋さん等いわゆる外側の世界に。そして、夢、感情、アカシッ …