ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

大人の子供への影響

   

最近、僕の住んでいる戸越公園にモスバーガーが出来ました。連日大盛況のようで、テイクアウトを頼むと20分位待つことになります。今日はちょっと遅いランチで会社に向かう途中15時位に行きましたが、20分位やはり待つことに。待っている間、店内の様子を観察していました。

店内にはテイクアウトを待つおばあちゃんとお孫さんらしい一組が待っていました。しかし、テイクアウト商品はなかなか用意されず、遂におばあちゃんが痺れを切らして店員に「まだですか?」と詰め寄りました。しかし僕の後に注文されたので、まだ時間が掛かりそうです。仕方なく、もうしばらく待つ様子かなと思ったら、今度はお孫さんを何やら叱り始めました。恐らく、お孫さんがモスバーガーを食べたいと言い出したようですが、何かの待ち合わせがあるようで、結局待っているために遅れそうだとのことでした。
そしたら、店員に子供が泣くからもういいです!と言って店を出て行ってしまいました。店長さん大慌て(^_^;)

この光景を見て、僕も小さい頃似たような経験があったような気がしてきました。子供は欲しいものをもう少しで手に入れられる時に、大人の一言やその時の都合で、子供の願いを拒否してしまう出来事。そうなると、子供は大人の顔色をいつも伺うことになり、とても悪い事をしたという気持ちになってしまう。結果として、自分は迷惑をいつもかけてしまう存在だとか、自分の思い通りに物事は進まないんだという先入観がついてしまい、そのまま大人になっても同じ気持ちでいて「ためらい」を感じてしまうことが多いように感じます。大人の子供に対する影響力は非常に大きいと思います。

今回のモスバーガーでの出来事は確かに様々な事情があったとは思いますが、子供がハンバーガーを食べたいと言って、大人がそのことを許可したから注文したのは確かです。時間とは状況です。あと1分待ったらハンバーガーが出てきたというのに・・・そのことを考えたら、遅れるような一時的な出来事よりも、これから将来そのお子様の可能性を知れば、ハンバーガーを与えるべきだったんじゃないかなって思ってしまいました。

しかし、今回の出来事は、全て自分で創造していることに過ぎません。今回の出来事を観察して、自分の内面にある「何か」がクリアになったと感じています。その意味では、今回の出来事を見せてくれてありがとう!という気持ちで何だか笑いが込み上げてきます

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. OSAMU-SHI より:

    と、そのような状況でハンバーガーを与えてもらえない子供が、大人に成長すると僕のようになります。(笑)
    何かを創造する側の人間は、多少歪んでいても仕方ないかなぁ、と最近思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
宇宙のジョーク

この地球上では人間を含めて全てのモノには名前が付いていますね。 世界は言葉(音)で創られたという言葉は、それは今も続いていて、日々世界には言葉や音がこうしている時でも響いています。そして、私たちが言葉 …

クリエイティブなやり方を見付ける

14世紀に始まったルネサンス頃から人間が持つ様々なクリエイティブ・創造力が高まってきています。これも時代の流れで、権力や戦い等に重きを置いていた時代から、人間が本来持っている可能性を追求していくという …

no image
本当の気持ち

何かについて悩んでいたり不安に思うことはありますよね。「あの人にこう言われた」とか「こうなりたいのになれない」とか「本当はこうしたいのにできない」等・・・たいていの場合は突き詰めると人間関係から来るも …

no image
感情を味わう

小さい頃の体験を通して、私たちは感情を抑圧することを覚えてきました。 例えば、「我慢しなさい」「こうしちゃいけない」等のコントロールを様々な場面で受けることで、悲しみや怒り等の感情を表現せずに無理に抑 …

ワクワクする人生とビクビクする人生の分岐点

この世界では、一人一人が例えるならば、自らが創造したプログラムに従って日々の生活を送っています。そして、日々、私たちは他者との関わりの中で、自分という存在を知り生きていきます。この意味で、どんな不安や …

no image
柔軟性をビジョンから

日常、私たちは様々な思考が頭をよぎります。ある想いによって支配されてしまい、一日中そのことから離れられなかったり、ふとした瞬間に過去の体験がよみがえり、後悔という形でしがみついてしまう等、このような体 …

no image
体を動かす大切さ

私達は2つの意識で構成されています。一つは一般的に「魂」と呼ばれている完全な意識。もう一つは「体」と呼ばれている進化している肉体の意識です。魂の意識はそれだけで完全。何も付け足す事はできないし、取り去 …

no image
言葉の乗り物

私達が普段使っている言葉は全て形を持っています。目には見え無いのだけども、全てに言葉の意図が入った形。例えるなら、「乗り物」ですね。 例えば、電車や飛行機。目的地が設定されていて、ちゃんと目的地まで運 …

no image
新・光の12日間

ゲリーの最新作『新・光の12日間―5次元へのシフト』が発売されました。以前発売された光の12日間を修正し、またゲリーのインタビューも追加されています。2011年~2012年のシフトと葛藤について、世界 …

偏見の無い意図

私たちの想いはどんな形であれ現実に投影されています。目の前に表れている現実は、私たちの意図の結果です。 自分の意図と結果が一致していれば満足しますが、ずれていると不満な状態になります。でも、満足しよう …