ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

輝きを知る場所

   

輝き。この言葉を聞くと、様々な想いが浮かんだり、喜びに満ちた体験を思い出したり、自分の能力をフルに発揮したこと等を思い出したりするのではないでしょうか。もしスポーツをやられている方なら、試合で勝って優勝したときなどを、バンドやお芝居をやられている方なら、ステージで終わった瞬間に、観客の拍手喝采を思い出すかもしれませんね。

輝きとは自分らしさが発揮された瞬間。それは、太陽の光のような眩しい状態。この状態は至福で満ちた状態です。よくライトワーカーや光の存在という言葉がスピリチュアリティを探求していると出会う言葉ですが、まさにその通りでこの地球上にいる人々、また目に見えていない存在も含めてみんな輝きを持っている存在です。

しかし、輝いている時が分かるためには、輝いていないところにいないと分かりません。ちょっと想像してみてください。もし全てが輝いていたら、自分が輝いていることをどうやって知ることができますか?全部が全部光っていたら、自分が光っていることに気付くことは不可能です。

そこで、ちょっと工夫をしてみます。自分が輝いていることを知るために、輝いていないものを作ります。そうすれば、自分が輝いていることが分かります。つまり、暗闇を作ります。そうすれば、自分が輝いていて光で満ちていることに気付きます。それは、夜空の星の光のようなものですね。
スポーツで例えると、勝つことが輝きであれば、負けることが暗闇になるでしょう。負けが無ければ勝ちもありませんから。

この世は光と影のように、二元性のシステムになっています。だからこそ、自分が輝いていることが分かるようになっています。自分が輝きであることを知るために、様々な出来事を自らがあえて起こします。それは一見まさに暗い出来事かもしれません。でも、その体験をクリアすると自分が輝きであることが分かります。全ての出来事は己を知るための出来事。
一度自分が輝いていることに気付いてしまえば、自分が輝いている状態でキープできるようになってくるものです。あえて暗い出来事を引き起こす必要性がなくなってきますし、例え外から見れば暗い出来事であっても、自分にとっては楽しいことと分かるようになります。

生まれながらにして失明していた方がいます。そして、目が見えるように突然なりました。その人が見た世界は、全てがローズゴールドの輝きだったそうです。この状態は映画「マトリックス レボリューションズ」でも描かれていますね。

先ほどのスポーツの試合の例ですが、勝ちがあるということは負けも存在するということを知ることがポイントだと思います。すると、そこから自動的に感謝が生まれます。すると試合に負けても、勝ち負けという概念に縛られなくなってきます。

みーんな、輝いています。様々な体験を通してそれを知る旅をしているんですね

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. にしはら より:

    素敵な言葉ですね。ほんと明けない夜はない。夜あるから光り輝く朝が来るってことですよね♪

  2. とみ より:

    コメントありがとうございます。
    日本はどうでしたか?
    そうですね。明けない夜はないということですね。
    「夜まさに明けなんとし益々暗し」
    という言葉もあります。夜明けの寸前が最も暗いという意味です。もうだめだ、なんて思って明らめた時、道が開けるというニュアンスになります。今ふと思い出しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
英語の冠詞(a an the)から

日本人が英語を難しいと感じる要因の一つに冠詞があります。冠詞とはa an theで、簡単に説明すると名詞(モノの名前や名称など)に限定を与える語です。 僕も冠詞は苦手でいつも迷います。aが付くのかth …

なぜディズニーのキャラクターはサインに日付を書かないのか?

夢と魔法の王国ディズニーリゾート。ディズニーランドとディズニーシーはまさに夢と魔法の国で、いつ行ってもファンタジーや冒険の世界の体験ができ、童心に帰れます。トミ家はディズニー好きで何かイベントがあると …

夜明け前

最近の世界や日本の状況は過酷とも言える状態になってきているように思います。それは地球全体から始まり、国、地域、会社、家族、そして個人へと影響が広がってきているように感じます。 特に私たちは以前の過去の …

誰も正しくないし、誰も間違っていない

この世界で私たちは日々生活を送っているわけですが、一人ひとりが自分のオリジナルの人生を過ごしています。自分の人生は誰か他の人と比較することはできませんし、比較することは意味がありません。あなたの人生は …

心ためらわずに

ためらう気持ちが人生の流れをストップさせてしまいます。ためらいとは、過去との比較や他者との比較の中で生まれた自分自身に罰を与える行為と言う事ができるように感じます。 そのパターンが生きるための戦略とな …

ビジョンを現実化させる春分

冬至は「神々の門」「魂のゲート」で、夏至は「先祖の門」「体のゲート」。冬至から私たちの魂のビジョンが拡大し、夏至から私たちの体のビジョンが拡大しやすくなります。太陽の影響を受ける私たちの全体的なバイオ …

概念をリリースしてオリジナリティを発揮する

世の中には何かを身に着けたり、行ったり、到達するための手法・アプローチは本当に様々あります。そのアプローチによって、様々な概念が生まれシンプルなものが複雑になっていくことがあります。そして、自分の中に …

no image
疑問=答え

あるポイントになると質問と答えが同時に存在しています。その状態だと質問と答えが同時に存在しないとも言えるかもしれません。 でも、ここの世界ではその両方の間には時間と空間が存在しています。そのため、質問 …

シャーマニックな視点からのアカシックレコード

  週末はワークショップ「アカシックレコード セルフディスカバリー」を開催させていただきました。シャーマニズムの視点からアカシックレコードを捉えて、日々の「私」を知るということをテーマに行わ …

蜘蛛の巣

私たちの世界はまるで蜘蛛の巣のようです。それも、平面的にできている蜘蛛の巣ではなくて、中央から放射しているような蜘蛛の巣をイメージしています。 中央にある本質・源・はじまりの瞬間が、放射していきます。 …