ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

輝きを知る場所

   

輝き。この言葉を聞くと、様々な想いが浮かんだり、喜びに満ちた体験を思い出したり、自分の能力をフルに発揮したこと等を思い出したりするのではないでしょうか。もしスポーツをやられている方なら、試合で勝って優勝したときなどを、バンドやお芝居をやられている方なら、ステージで終わった瞬間に、観客の拍手喝采を思い出すかもしれませんね。

輝きとは自分らしさが発揮された瞬間。それは、太陽の光のような眩しい状態。この状態は至福で満ちた状態です。よくライトワーカーや光の存在という言葉がスピリチュアリティを探求していると出会う言葉ですが、まさにその通りでこの地球上にいる人々、また目に見えていない存在も含めてみんな輝きを持っている存在です。

しかし、輝いている時が分かるためには、輝いていないところにいないと分かりません。ちょっと想像してみてください。もし全てが輝いていたら、自分が輝いていることをどうやって知ることができますか?全部が全部光っていたら、自分が光っていることに気付くことは不可能です。

そこで、ちょっと工夫をしてみます。自分が輝いていることを知るために、輝いていないものを作ります。そうすれば、自分が輝いていることが分かります。つまり、暗闇を作ります。そうすれば、自分が輝いていて光で満ちていることに気付きます。それは、夜空の星の光のようなものですね。
スポーツで例えると、勝つことが輝きであれば、負けることが暗闇になるでしょう。負けが無ければ勝ちもありませんから。

この世は光と影のように、二元性のシステムになっています。だからこそ、自分が輝いていることが分かるようになっています。自分が輝きであることを知るために、様々な出来事を自らがあえて起こします。それは一見まさに暗い出来事かもしれません。でも、その体験をクリアすると自分が輝きであることが分かります。全ての出来事は己を知るための出来事。
一度自分が輝いていることに気付いてしまえば、自分が輝いている状態でキープできるようになってくるものです。あえて暗い出来事を引き起こす必要性がなくなってきますし、例え外から見れば暗い出来事であっても、自分にとっては楽しいことと分かるようになります。

生まれながらにして失明していた方がいます。そして、目が見えるように突然なりました。その人が見た世界は、全てがローズゴールドの輝きだったそうです。この状態は映画「マトリックス レボリューションズ」でも描かれていますね。

先ほどのスポーツの試合の例ですが、勝ちがあるということは負けも存在するということを知ることがポイントだと思います。すると、そこから自動的に感謝が生まれます。すると試合に負けても、勝ち負けという概念に縛られなくなってきます。

みーんな、輝いています。様々な体験を通してそれを知る旅をしているんですね

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. にしはら より:

    素敵な言葉ですね。ほんと明けない夜はない。夜あるから光り輝く朝が来るってことですよね♪

  2. とみ より:

    コメントありがとうございます。
    日本はどうでしたか?
    そうですね。明けない夜はないということですね。
    「夜まさに明けなんとし益々暗し」
    という言葉もあります。夜明けの寸前が最も暗いという意味です。もうだめだ、なんて思って明らめた時、道が開けるというニュアンスになります。今ふと思い出しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

マントラに架ける橋

マントラとは音・サウンドであり、真実を象徴している言葉。伝統的にはサンスクリット語で詠われるヴェーダのマントラが歴史的にも古く、本質を象徴している音。マントラとは「本質を所持している音」とも言われてい …

no image
新しいサイクル

3月19日から新しいホログラフィックラインに入ったという情報を友人の木村君からもらいました。この状態は、金魚を金魚鉢から全く違う質の水が入った新しい金魚鉢に移したような状況とのことです。 3月末頃から …

no image
時間というツール

この地球上では直線状に「時間」が流れています。時間とは便利な道具のようなもので、時間を使って私たちは体を使っていろんなものを作ることができたり、考えたり、移動したり・・・時間があるからこそ、「生きる」 …

ハートのバランス

リアリティとスピリチュアリティを繋ぐ橋となるポイントがハート。ハートが満たされていないと、リアリティばかりに捉われたり、逆にスピリチュアリティばかりに捉われたりし、結果的にアンバランスさや不満、傷付き …

no image
自由空間を創る

昨年アムステルダムに行って気付いたこと。それは一言「自由」です。 その自由さに僕は初めは戸惑う面もあったけど、3日程経つと慣れてきて対応することができてきました。 アムステルダムでは大きな犯罪が極めて …

奇跡であって奇跡じゃない

奇跡、この言葉は予想を超えて起こった素晴らしい出来事、神様が起こした超自然な出来事、あり得ないことが起こった時などに使われますよね。「これは奇跡的なことだ」というように。科学や一般常識では考えられない …

no image
パフォーマンス不安

パフォーマンス不安とは「ちゃんとできるかな」とか「問題なくできているかな」等と何かを行う前や最中に考えてしまう事を指す言葉。その度合いは個人差はありますが、パフォーマンス不安には葛藤、セルフジャッジメ …

no image
土地のエネルギー

福島~仙台の旅から戻ってきました。やはり昔の想いというのは残っているもので、実際に思い出のある場所にいくと当時の思い出が鮮明に蘇ってきます。特に、ゆっくりではなくて突然その土地から去ることによって、エ …

no image
クリエイティビティ

自分自身のオリジナルのビジョンを体、思考、感情、五感、直感等を活用しながら、この世界で体感する事こそが私たちが今この世界で生きている一つの意義だと感じています。 クリエイティビティ(創造力)+イマジネ …

no image
変化する時・・・

変化する時、例えそれが自分が望んでいることであったとしても、必ず「恐れ」が出ます。なぜならば、変化とは今までのパターンを捨てたり、今までの習慣を手放す必要があるためです。 人間には思い込みや先入観があ …