ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

他力本願で行こう!

   

他力本願・・・この言葉はよく聞きますよね。よく使われている意味は、「他人に依存して物事を行なうこと」というような意味で使われていますが、これは本来の意味とは異なった誤用です。

他力本願という言葉は仏教用語であり、親鸞聖人が使った言葉で、「阿弥陀仏の本願の力にすがって極楽往生を願う」ということです。ちょっと分かり難いので簡単に説明を。

まず本願の意味ですが、簡単に説明しますと、この世の全てを生み出すエネルギーが現実に投影されて具現化することを表します。では他力とはどんな意味があるでしょうか?他力の逆が「自力」という言葉になります。自力とは表面的な自分に縛られている状態、つまり葛藤やエゴに支配されている状態のことになります。そして「他力」は自然の法則に従い、本来の自分を知ることを指します。このことは「お陰様」という感謝の言葉にも通じる点になりますが、ここで生きていられることの歓びや感謝を指します。

自分を知るには他人との関係性・出来事を通すことに必ずなります。ここは他人と自分が分離しているからこそ楽しい場所なんですね。また、様々なエレメント達(天使、菩薩、守護霊、ガイドとして呼ばれているスピリット達)と一緒に様々な出来事を体験し、またお互いにサポートし合っています。

他力本願とはこの世を創造している全てのエネルギーを尊重し、本当の自分の姿を知ること、現実化していくこと、という意味合いになります。なので、どんどんと他力本願で行きましょう!!

ちなみに、他人の力に頼ることは「他律」。自分自身の力に頼ることは「自律」です。なので、他人に頼った場合は「他力本願で○○した」というのはちょっと意味がおかしくなります。その場合は、「他律で○○した」と使うのがいいんじゃないかな。

仏教用語は結構歴史的な流れで誤用されているケースが多いようですね。頑張るという言葉もそうです。頑張るとは「我侭を通す:我を張る:エゴを貫く」というのが本来の意味。言葉にはフォームがあります。遅かれ早かれ現実化します。なかなか現実が想うように進まない場合、日頃使っている言葉を注意してみてください。もしかしたら、誤用しているかもしれません。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性)

Comment

  1. もっく より:

    さびさび参加させてもらってます。
    富さんの過去のブログを日々自分の今の状態に応じて参考にさせてもらっています。(勝手にすみません)「他力本願」「頑張る」の誤用のお話とても為になります。普段、物事が進まなかったり、空回りしているときは、「我を通すという頑張り」をしていたり、私を取り巻いてサポートしてくれる全ての存在を「信頼」出来ずに、「自力」で何とかしようと思っていたりしますね。全ては自分の責任において成る様になっているんですね~。宇宙のサポートの存在をもう一度瞑想して深く感じてみようと思います。ありがとうございまーす。

  2. とみ より:

    もっくさん、こんにちは。メッセージありがとうございます。参考にしていただいて嬉しいです。あくまでも僕のアイデアなので、もっくさんらしく活用いただければなんて思います。「信頼」という言葉は大切ですよね。もっと言えば、「自分を既に知っているんだ」という感覚ですよね。そう感じていれば、何が起こっても大丈夫♪ですね。確かに巻き込まれているとバタバタとしてしまう傾向はありますが、そんな時こそ「これはチャンスだ~」と言えるかどうか。ここがポイントじゃないかなぁと思います。

  3. もっく より:

    富さん、補足説明ありがとうございます。
    富さんの文章は、イメージしやすくスーっと入ってくるのでとても有りがたいです。
    「自分を既に知っているんだ」とは、『自分とより深く繋がる』作業のような感じがしますね。
    ピンチや苦境に見舞われたときに、チャンス!!っていう捉え方ができるときに人は大きく成長するんですね~。ということは、今は私にはチャンスがいっぱいですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
    またお邪魔させていただきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

直感の力

本日は、i unity(アイユニティー)の大野百合子さんと洋子さんが2月27日に開催されるワークショップ 「過去世退行でアトランティスの記憶にアクセスする」の打ち合わせで事務所に来ていただきました。ス …

アカシックレコードからの情報の使い方

アカシックからの情報はニュートラル。つまり、良いとか悪いという偏見は一切なく、単なるデータとして記録されている共有ネットワークです。どのように活用するかは私たちの意図や生き方が影響します。 例えば、結 …

no image
比較から生まれるもの

私達が頭で考えている思考パターン、そして自我意識(エゴ)は安全に生きるために活発に活動しています。もちろん、これは悪い事ではなく、健全に健やかに生きていくために必要な私達の機能ですが、過度にこれが強く …

no image
ワールドブルーチャンネル Vol.4「リモートビューイングの可能性」

2010年9月25日26日に行ったゲリーボーネル氏との共同開発プログラム「リモートビューイングワークショップ」に参加いただいた方々のご感想を元にRVの可能性や意図をご説明。そして、毎度お馴染みのお葉書 …

忍耐は辛いものではない!忍耐は遊ぶこと♪

忍耐と聞くと、ほしいものをガマンしたり、一生懸命に努力を重ねていくようなことをイメージする方が多いかもしれません。しかし、結論から言うと、忍耐とはそういうことじゃないんですね。   忍耐とは …

no image
現実化と内側を見る事

※最近ブログをお読みいただいた方から文章がドライだし、分かり難いとのご指摘がありました。もちろん僕が書く文章の癖というか質ではありますが、自分の話す際のキャラと異なる面もあるので、これからは「新しい事 …

グラウンディングなビート

グラウンディングとは「地に足を付ける」という意味があって、要するにこの現実を生きるために必要な要素ですね。このグラウンディングが弱くなると、ちょっとフラフラとしてしまい不安が強くなったり、迷いが出たり …

動物の予兆について

  例えば、黒猫が目の前をよぎると不吉、カラスがたくさん鳴いているとよくないことが起きる、など動物にまつわるサインや予兆の話ってよくありますよね。   でも、それは人間寄りに捉えた …

2/18(木)イブニングワーク「ビジョンクエスト」

ビジョンとは五感・感情、フィーリングの全てです。現実的に実現できるもので、必ずこのタイムラインにいる私たちはビジョンを持って生きています。しかし、様々な抑圧、葛藤、心配事、不安、日常の義務感などのブロ …

体から始まる現実

私たちの本質の意識は現実がどのような環境であったとしても、いつでも全てを知っている状態に在ります。全てのビジョン(五感・感情)を通して、それが喜びであれ不安であれ、全てに納得し腑に落ちた状態でいつでも …