イルカの旅立ち

最近、イルカやクジラ達の座礁問題について耳にするようになりましたね。イルカやクジラはソナーによって物体との距離を分析して移動しています。そのソナーが環境汚染や様々な電波障害的なものが影響しているのが座礁の原因ではないかという見方がありますが、はっきりとした原因が分からない状態のようです。

しかし、最近ある情報を得ました。それは、イルカ達の意識が地球を離れ始めているということ。つまり、肉体としてのイルカの存在は終わりに近づいてきて、イルカ達の意識は4次元から5次元の領域に移動しているということです。あるタイミングに向かって、必要な体験をイルカやクジラ達は終え始めているというスピリチュアル的な見方です。

あの姿で一緒で会えなくなってくるのはとても寂しいですが、大切なメッセージを様々な形で伝えてくれたイルカ君達には感謝です。イルカ君達への感謝の意味と本当に楽しんでいいんだという確認の意味を込めて、今年は南の島でドルフィンスイム&ワークショップを予定しております。詳細が決まり次第ご案内します。

物理的に存在しなくても、エネルギーとしてイルカ達は様々なメッセージを伝えてくれています。特に夢はキーですね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

メールマガジン

ENJOY NOWでは「ワクワクした人生をゲットするための情報」をテーマにしたメールマガジンを発行します。購読は無料。お気軽にご登録ください。

イルカの旅立ち” に対して1件のコメントがあります。

  1. ウスシックスver∞ より:

    えっーーーーーー! 寂しい話だね。でも彼らのほうが感覚が優れているのは間違いないものね。ボクも去年、熊本の天草へ会いに行ったけど、愛の存在だね。なんとなく感覚的に懐かしいカンジがした。来週また熊本行くんで、機会があればまた会いに行きたいね。
    10年位前に出た本だけど、「イルカと話す日」(ジョン・C・リリー)という本読んだ? 科学的な側面からイルカを語ってるんだけど、イイ話だよ。まだだったら、是非!

  2. とみ より:

    ウスシックス、メッセージありがとう。お互いイルカ意識とかなり繋がっているなぁ。熊本の天草もイルカスポットだよね。熊本のイルカ君達によろしく伝えてくださいまし。
    イルカ本の紹介もありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください