ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

繰り返すこと

   

繰り返すことには大きなエネルギーを呼び起こす要素があるように感じます。小学生の頃にやった計算ドリルや漢字ドリルというのがありました。繰り返し書くことで、計算力や記憶力をアップさせる方法ですね。楽器の練習では、何度も繰り返し同じフレーズを練習することがスキルアップへの一つの方法になります。英語学習でも繰り返し同じ音を聞いたり、話したりすることで英語を活用することができるようになります。

自分に眠っていてまだ活性化していない能力を高める方法には、この繰り返しが一つのキーとなります。繰り返して、ある音を聞いたり、絵を描いたり、映像を見たり、声を出したり、呼吸をしたりすることで、ある意識状態に入り、今まで眠っていたものを呼び覚ますことができます。長年の人間の歴史の中で、このような方法は様々な文化や教義の中で活用されてきました。例えば、最近の音楽では、繰り返しの要素を多く持つトランスやテクノ、アンビエントという分野はまさに人間の意識に影響を与える音楽だと感じます。音を使う場合、トランス等の音楽でなくても、自然の中の繰り返しの音に耳を澄ませば、きっと「何か」に気付く事があるでしょうね。

繰り返し失敗していても、いずれその原因が分かり、その失敗から多くのことに気付き今の自分に活かすことができるものです。ビジネスでも、繰り返すことは大切な要素。繰り返すことにはキーが隠されているように感じています。

ただ、意図的に繰り返す場合、まさに「意図」が大切になってくると感じます。無意識に繰り返さず、意識を入れてこそ効果が分かりやすく表れますね。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
感謝から始まるストーリー

感謝すること。この事は多くの自己啓発やスピリチュアルなメッセージとして必ずと言っていいほど登場します。しかし、私達のエゴは感謝することに対して怖さや、日頃の忙しさに紛れて忘れてしまったりする事もあるで …

no image
2009年のスタート

2009年が始まりました。あるポイントに向かって、年々自分の内側に隠されていた想念が顕在化してきているように感じています。この意味で、今年もどんなことであれ自分自身の事はもちろん、外側も自分自身とリン …

音からの転生の記憶

友人がFacebookでシェアしていた動画ですが、とても感慨深い動画でした。こちらでもご紹介させていただきます。 10ヶ月の女の子の赤ちゃんが、母親の歌声で感動的に涙を流している動画です。 &nbsp …

写経とリモートビューイング

先日福岡に行った際に日本発の禅寺である聖福寺で写経をしてきました。写経は精神修行の一つの形式で、般若心経を一文字一文字ゆっくりと丁寧に書いていくことで、心がすっきりと晴れやかになったり、平穏になったり …

時間の枠を超越している私たち

当たり前のように使っている時間とうものはとても柔軟です。どのように日常を味わうかによって、長く感じたり短く感じたりするものですね。   時間とは五感・感情と捉えることができます。日常で感覚意 …

冬至に向けて

今年の冬至は12/22(日)になりますね。 冬至を境に、エネルギー的には光の門、神々の門が開くという伝承があります。ちなみに、夏至からは闇の門、祖先の門が開くということになります。冬至からは本質的・魂 …

no image
人との交流からの情報

今日は税理士の豊島先生と武蔵小山の明日香さんという小料理屋さんに行ってきました。明日香さんは、もちろん全て手作りで家庭的でありつつ独創的な料理が堪能できるお店です。それほど大きくないお店なので、集まる …

no image
宇宙のジョーク

この地球上では人間を含めて全てのモノには名前が付いていますね。 世界は言葉(音)で創られたという言葉は、それは今も続いていて、日々世界には言葉や音がこうしている時でも響いています。そして、私たちが言葉 …

no image
Matrix内のトレーニング

映画「Matrix」のザイオンの中でネオとモーフィアスがコンピュータを使って マーシャルアーツ等の訓練をしたシーン覚えていますか? マトリックスはこの現実で、ザイオンは夢の領域を象徴していますが、 夢 …

「波動がいい」vs「波動がわるい」

「いい波動」「わるい波動」という話があります。例えば、この場所は「波動がいい」とか「波動が悪い」という概念ですね。「いい波動」とは「元気になったり、パワーがあがり、楽しい気持ちになるエネルギー」で、「 …