魂の繋がり

魂意識にはグループがあります。同じ仲間同士であり、ソウルグループ、ソウルメイトと呼ばれています。自分の仲間の魂が別の場所である体験をすると、自分にもその影響が来ることがあります。

魂の意識は氷山の一角に例えられます。海上に出ているのが個で、海面に入っている部分が全体(グループ)です。また、ミルクの王冠のようにも感じられます。ミルクの王冠を作る一滴がグループで、王冠がそれぞれの個です。

お互いがどこかの部分で共有している部分があるんです。他のグループのメンバーがある体験をすると、自分にもその感覚が届いてきます。共感能力とも言えるでしょう。

あるイベントが起こることが分かると、前もって肉体を通して情報がダウンロードされてきます。夢でその体験を見たり、体調という形で表れたり、直感で来るかもしれません。特にそのイベントが大きいもので影響が強いものだと、顕著に体験として現れます。最近の世界のイベントでそのような体験を日本でも前もって受信している方も多いと思います。僕も最近強烈な夢を体験しました。

この仕組みを体験すれば、自分が楽しい状態でいつも喜びに満ちていれば、他のメンバーにもその影響が及ぶということになりますね。一人の体験は大きな影響力を持っていると僕は感じています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

魂の繋がり” に対して1件のコメントがあります。

  1. しぇいくまん より:

    どうも。
    その、「強烈な夢」ってどんなものか興味ありますね。
    今度教えてください。

  2. yodare より:

    わ~トミーも夢見てたんだね!
    同じグループなんだね。知ってたけど(笑。
    同じ人がいるんだ~と思うと、安心するなあ。
    じゃあ、どんどん楽しもーね!

  3. とみ より:

    >しぇいくまん
    どうもコメントありがとうです。今度会った時にお話しますね。また飲みに行きましょう。

  4. とみ より:

    >yodareちゃん
    コメントどうもありがとう。
    お互いどんどん楽しんでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください