ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

21日間

   

21日という数字は意味深い数字です。21については様々な解説がありますが、統合すると「成熟」「完成」「目標の達成」という象徴のようです。3という「創造」「維持」「破壊」という自然のプロセスが7回。7は「周期の完成」を「動的な全体」を象徴しています。

21日間という数字も様々な文化で活用されているようです。一般的な断食も21日間。

何かを継続し習慣にするには21日間は続ける事がポイントです。何かを止めるのにも21日間という日数がポイントになると思います。

何か興味があって始めた事や、何かを身に着けたい場合、まずは21日間が一つの目安です。継続は力なり。「やっぱりだめだ」「効果が無い」と思って諦めるのは21日間続けた後に考えてもいいんじゃないかな?

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. らぴす より:

    今日
    お友達にすすめていただいた野口嘉則さんの
    「3つの真実」
    という本を読んでいたのですが
    目から鱗の
    気づき満載の
    非常に
    よい本でありました
    そのなかで
    【楽しみながら21日間続けたことは
    習慣になる】
    というのを読んだところだったので
    うれしいシンクロでありました♪

  2. とみ より:

    >ラピスさん
    こんばんは。コメントありがとうございます。
    シンクロがまた起こったようですね。
    21日間。キーですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

3年B組金八先生シリーズ5

最近ふと気になり昔録画しておいた3年B組金八先生のシリーズ5を観ました。毎回金八先生は教育問題や社会問題を大きく取り上げていますが、第5シリーズは主に家庭についての問題も取り上げています。引きこもりの …

よりよい人生のための概念のみを活用する

この世界は概念でできています。そして概念を映し出している源、それを創造の源と呼んでいますが、今見えている時空にある全ての概念はその創造の源から一人一人のビジョンに従って創造されています。この意味で、こ …

はっきりとしたコミュニケーションが楽を創る

  大抵の不安や問題の源は、コミュニケーション不足、そしてそこから派生した「期待のズレ」から発生します。他者や自分との正直なコミュニケーションが現実化を加速させるし、現実がとても楽になります …

no image
英語の冠詞(a an the)から

日本人が英語を難しいと感じる要因の一つに冠詞があります。冠詞とはa an theで、簡単に説明すると名詞(モノの名前や名称など)に限定を与える語です。 僕も冠詞は苦手でいつも迷います。aが付くのかth …

常識からオリジナリティへ

日常の中にある「こうあるべき」という考え方。「私は○○だからこうしなければならない」とか「○○の業界では常識だからこうしなければならない」等。その視点でいては、自分の本質やオリジナリティを知る事から離 …

no image
スカスカの世界と意識の力

私たちの生活の中には目に見えていないけど、その存在を認めているものがたくさんあります。その中でも分かりやすいのが電気の存在です。コンセントに電源を繋いで機械が動き出せば電気があるということが分かります …

生きているだけで十分価値がある存在として生まれている

私たちはなぜこの世界に存在して生きているのでしょうか?これは誰もが一度は感じる質問だと思います。そして、その答えを意識的でも無意識的でも求めていきます。   シャーマニズムの体験から言えるこ …

no image
先祖とレムリア時代

明日から3日間信州松本に帰省します。私に大きな意識のインパクトを与えている祖母の三回忌なんです。私を可愛がってくれた祖母でした。またたまに夢に現れては不思議なメッセージを残してもくれています。特に日本 …

Policeの曲で意識拡大♪

イギリス出身のバンドThe Police。ボーカルはハスキーな声が魅力的なスティング。彼の声を聞くと非常に意識を揺さぶられます。3人編成のバンドなのに、音の厚みというか音の振動の奥深さを感じ、不思議な …

上手い下手の先にある個性の響き

何かを表現するときに、「上手いか下手か」で、私たちは社会の中で培った体験を通して、この2択を指針にして比較をしてしまうことがあります。   例えば、よく個人セッションやワークショップなどで、 …