ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

家族のダイナミクス

   

家族についての質問をコメントでいただいたので記事として書きますね。

なぜ人間には家族ということがあるのか。生物学や社会学等で様々な定義があると思いますが、神秘学的な視点では、大きく分けて2つの意義が考えられます。

一つ目は、肉体の意識が安全に生き残り、そして進化をするため。これは人間だけではなくて動物全般にも当てはまりますね。本能的な生き残りの戦略でもあって、存続していくために母親や父親に守られて成長・進化していく最も初めのコミュニティが家族です。

2つ目は、本来人間に備わっている人間としての価値を外部から「価値がある」と受け入れられるための構造を家族という形態は持っている点です。

家族という形態以外で外部から自己の価値を認めてもらう方法としては、社会意識からか、自分だけで価値を認めることを模索する方法があります。
ただ、この場合、真の自己価値を見つける事ができなければ、とても困難になります。

この意味で家族は最初のコミュニティとしては重要な場所です。その後、学校、会社、地域、共同体等のコミュニティで、私達は様々な人と出会い、自己を認識していきます。

また、ほとんどのケースで家族から主な葛藤が作られます。そして葛藤が力動となり自分を知る旅が始まります。この意味でも家族は人生のキーになります。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. ははっち より:

    毎度です。またまたお邪魔します。
    ホント・・・家族から来ている葛藤はいろいろあるはず・・・と分かっていても、実際明らかになってビックリな事がたくさんあります。
    私もこの間の日曜、実家で母とある話をしていて、“あー、母も信頼できるようなこと言うようになったなあ・・・”と心の中でつぶやいて“えっ!?じゃあ私は今まで母を信頼できないと思ってた!?”と、自分でびっくり。ぜんっぜん気がつきませんでした・・・。
    大きな事柄だと巻き込まれてるなーとかすぐ分かりますけど、普通の日常の中にもびっくり箱がありますね・・・。日々自分を整えて、意識して過ごすことの大切さが身にしみます!

  2. とみ より:

    >ははっちさん
    いつもコメントありがとうございます♪
    そうなんですよね。葛藤って、ほんの些細な事からスタートすることが多いんですよね。それをほっといていたがために大きな葛藤になっちゃったり。まさに日々の自分の思考や反応に意識を向けていることは大切なんですよね。

  3. むめ より:

     早速の記事を、ありがとうございました。
    > ただ、この場合、真の自己価値を見つける事ができなければ、とても困難になります。
     
     また質問なのですが、
     見つける事は、難しいものなのでしょうか?
     「家族」は、地球だけの形態でしょうか?
     

  4. とみ より:

    > むめさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    もちろん人それぞれのプロセスが違うので一概には難しいと決めることはできませんが、一般的に家族を通さずに自己承認を得ることは難しいと思います。セルフレスセルフ(無私の私)になると決断し人生のプロセスを進み肉体と魂の意識を統合していく中で、自分の価値を自分自身で最終的に承認できます。子供の頃に家族という初めての共同体を通さずに自らの意思でこの状態を進むと決める事ができるかがポイントだと思います。他のシステムにも肉体意識が存在するシステムがあるので、地球での家族とは同じ形態では無いでしょうが存在するように感じます。

  5. むめ より:

     じっくり吟味したいと思います。(時間がかかるタイプなので・・・)
     ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分にとっての天国は相手にとっての地獄

自分自身が望む事を、必ずしも相手が望んでいるとは限りません。よかれと思ったり、いろいろな情報を教えてあげたいという気持ちから、そこからコントロールの問題が生じることがよくあります。   「自 …

no image
焦らないで生きる

昨年から続いている人もいるかと思いますが、2008年になってますます自分という存在を見つめる必要が出ている人が多いように感じます。 「自分は一体何をしたらよいのか?」 「何をしていいのか分からない」 …

no image
Commitment

何かを成し遂げる、自分の夢を現実化させるためには一点の曇も無い意図が必要になります。英語ではコミットメント(Commitment)と言われますが、日本語で言うと「全力を注ぐこと」「献身」「約束」「覚悟 …

月へ帰ろう

今年9月に日比谷野外音楽堂で行なわれた杉山清貴20周年記念ライブのDVDが発売されました。8月に一度杉山さんの不調で中止となり、再演されたライブでしたが、超満員で改めて杉山さんのエネルギーの高さと、歌 …

no image
無常な私たち

私たちは常に変化しています。今のあなたは1時間前のあなたではありませんし、このブログを読んでいる間にも変化しています。無常という言葉がありますが、世の中を見ても常に同じものは存在していません。季節や気 …

no image
シンボリックな現実

私たちの周りには様々な事が起こっています。もちろんそれはある同意に基づいた情報であったり、結果であったり、プロセスの一つであるのですが、外側で起こる出来事に執着してしまう傾向があるように感じています。 …

世界が見せている「私」の世界

今、目の前に表れている世界はリアルな世界として存在していますが、シャーマニズムの世界から見ると、例えるならば、バーチャルリアリティ的であり、ある種のプログラミングによって見せられている世界とも言えます …

no image
一語のメッセージ

ゴールデンウィークで実家の松本に帰省した際、お隣のおばさんが他界されました。帰省した日の出来事で何らかの意図を感じましたが、お線香をあげに行った際、おばさんの魂意識はまだ中間世を漂っていて、僕に様々な …

穏やかな人間関係

嫉妬や妬み、恨みや傲慢さ等は他者との比較から生まれますが、その根本にある想いは他者や社会から認められたいという想いです。自分以外の人に自分自身を説明して理解をしてもらいたい、分かってもらいたいという思 …

no image
意識のシンポジウムに参加しました。

昨日の話になりますが、心が開く新時代と題したシンポジウムに参加してきました。大学の教授、科学者、弁護士、ヒーラー、意識研究家、カウンセラーなどなど様々な分野からの講師の講演やパネルディスカッションなど …