ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

家族のダイナミクス

   

家族についての質問をコメントでいただいたので記事として書きますね。

なぜ人間には家族ということがあるのか。生物学や社会学等で様々な定義があると思いますが、神秘学的な視点では、大きく分けて2つの意義が考えられます。

一つ目は、肉体の意識が安全に生き残り、そして進化をするため。これは人間だけではなくて動物全般にも当てはまりますね。本能的な生き残りの戦略でもあって、存続していくために母親や父親に守られて成長・進化していく最も初めのコミュニティが家族です。

2つ目は、本来人間に備わっている人間としての価値を外部から「価値がある」と受け入れられるための構造を家族という形態は持っている点です。

家族という形態以外で外部から自己の価値を認めてもらう方法としては、社会意識からか、自分だけで価値を認めることを模索する方法があります。
ただ、この場合、真の自己価値を見つける事ができなければ、とても困難になります。

この意味で家族は最初のコミュニティとしては重要な場所です。その後、学校、会社、地域、共同体等のコミュニティで、私達は様々な人と出会い、自己を認識していきます。

また、ほとんどのケースで家族から主な葛藤が作られます。そして葛藤が力動となり自分を知る旅が始まります。この意味でも家族は人生のキーになります。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Comment

  1. ははっち より:

    毎度です。またまたお邪魔します。
    ホント・・・家族から来ている葛藤はいろいろあるはず・・・と分かっていても、実際明らかになってビックリな事がたくさんあります。
    私もこの間の日曜、実家で母とある話をしていて、“あー、母も信頼できるようなこと言うようになったなあ・・・”と心の中でつぶやいて“えっ!?じゃあ私は今まで母を信頼できないと思ってた!?”と、自分でびっくり。ぜんっぜん気がつきませんでした・・・。
    大きな事柄だと巻き込まれてるなーとかすぐ分かりますけど、普通の日常の中にもびっくり箱がありますね・・・。日々自分を整えて、意識して過ごすことの大切さが身にしみます!

  2. とみ より:

    >ははっちさん
    いつもコメントありがとうございます♪
    そうなんですよね。葛藤って、ほんの些細な事からスタートすることが多いんですよね。それをほっといていたがために大きな葛藤になっちゃったり。まさに日々の自分の思考や反応に意識を向けていることは大切なんですよね。

  3. むめ より:

     早速の記事を、ありがとうございました。
    > ただ、この場合、真の自己価値を見つける事ができなければ、とても困難になります。
     
     また質問なのですが、
     見つける事は、難しいものなのでしょうか?
     「家族」は、地球だけの形態でしょうか?
     

  4. とみ より:

    > むめさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    もちろん人それぞれのプロセスが違うので一概には難しいと決めることはできませんが、一般的に家族を通さずに自己承認を得ることは難しいと思います。セルフレスセルフ(無私の私)になると決断し人生のプロセスを進み肉体と魂の意識を統合していく中で、自分の価値を自分自身で最終的に承認できます。子供の頃に家族という初めての共同体を通さずに自らの意思でこの状態を進むと決める事ができるかがポイントだと思います。他のシステムにも肉体意識が存在するシステムがあるので、地球での家族とは同じ形態では無いでしょうが存在するように感じます。

  5. むめ より:

     じっくり吟味したいと思います。(時間がかかるタイプなので・・・)
     ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夜明け前

最近の世界や日本の状況は過酷とも言える状態になってきているように思います。それは地球全体から始まり、国、地域、会社、家族、そして個人へと影響が広がってきているように感じます。 特に私たちは以前の過去の …

多次元的な私に気付くために

今こうしている時にも私たちの意識は様々なレベルに存在しています。言葉を変えれば、いろいろなところを旅をしていると言えます。多次元的な私、ここだけではない私という存在と誰しもが気付くチャンスがいつでもあ …

no image
Q&A Vol.1

今回のブログはドルフィンマインドのアンケートやワークショップ等でお客様から頂いたご質問の回答です。参考にしてみてください。 Q1. あまり夢を見ていないのか覚えていません。何か夢をクリアに見る方法があ …

壁は必ず乗り越えられる

私たちは意識的であろうと無かろうと、どんな状況であろうと、自分自身らしい道を歩んでいます。個人的に臨死体験をしたとき、全ての過去も未来も今という瞬間に繋がっていて、実はシンプルな世界だということに気付 …

no image
パフォーマンス不安

パフォーマンス不安とは「ちゃんとできるかな」とか「問題なくできているかな」等と何かを行う前や最中に考えてしまう事を指す言葉。その度合いは個人差はありますが、パフォーマンス不安には葛藤、セルフジャッジメ …

冬至の日の祈りを込めてビジョンを明確に

いよいよ2013年の冬至を迎えます。今年の冬至ポイントは12/22 2:11になります。   冬至は最も夜が長い日ですが、冬至から徐々に太陽の日照時間が長くなっていきます。様々な伝統や文化で …

no image
アイユニティワークショップ

記念すべき誕生日。 今日は大野百合子さんのアイユニティ主催のワークショップにて スピリチュアルストーン商品の展示をさせていただきました。 また、ワークにも参加させていただきました。 ワークは「生と死 …

no image
他力本願で行こう!

他力本願・・・この言葉はよく聞きますよね。よく使われている意味は、「他人に依存して物事を行なうこと」というような意味で使われていますが、これは本来の意味とは異なった誤用です。 他力本願という言葉は仏教 …

コントロールで再び眠りに落ちることも

最近の時代傾向として、自分自身の本質に目覚め始めやすい反面、元の眠った状態へと戻ろうとする傾向も同時に強くなってきているように感じています。相反する力が働くというようなイメージですね。   …

no image
価値観の相違で分かること

価値観という言葉があります。価値観とは物事の尺度を測る際の基準や判断のことですね。価値観は人それぞれ異なるのが当然です。それが、アイデンティティです。 この世の全ての人は皆自分とは異なります。それが自 …