「疑い」から「質問」へ

「疑う事」がエネルギーの流れを止めるのに一番早い方法です。パフォーマンス不安や集中力の欠如にも関わるけど、「自分はちゃんとできているのだろうか?」という疑いや不安。これが、自分の進む方向にストップを掛けます。

疑いと疑問はニュアンス的に違いがあるように思います。「疑い」は自己不信や低い自尊心、つまりは葛藤に関わり、「質問」は「己を知る」という自分を思い出す事に繋がっているように感じます。

つまり、疑う気持ちが出た際には、「疑い」から「質問」の方向に意識を持っていく事がポイントになると思います。
「自分はちゃんとできているんだろうか?」というように自分の能力や行っているプロセスに「疑い」が出た場合、「この疑いは私にとって何の意味があるのだろうか?」「この疑いから私は何を得る事ができるだろうか?」と質問をしてみてください。

その疑いから何か自分に必要な事が分かるかもしれませんし、もしかしたらその疑いは恐れをリリースするために自分に罰を与えて一時的に気を落ち着かせるような戦略かもしれません。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください