ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

宇宙のジョーク

   

この地球上では人間を含めて全てのモノには名前が付いていますね。
世界は言葉(音)で創られたという言葉は、それは今も続いていて、日々世界には言葉や音がこうしている時でも響いています。そして、私たちが言葉や音を認識した瞬間、そこに交流が生まれます。それは、このタイムライン上であるかもしれないし、過去世や来世、またはパラレルライフと呼ばれる世界との関連性だったり、「私はここに存在している」という証とも言えるように感じています。

例えば、仲の良い友人の名前が実は過去世でその人がやっていた職業に関わる名前だったり、小さい頃から好きだった食べ物の名前が、自分と縁のある海外の町の名前だったり、今の自分の名前が将来行う職業を表していたり・・・と、言葉には一見関係なさげなところに、親密な関係性があったりします。
それは、思わず「え~!?」と思えるような、まさにコスミックジョーク。

個人的な例だと、僕の恩師である冨田先生との出会い。冨田先生の息子さんが僕と同じ名前ということもあり、響き的に同じような名前で、親しみを感じた事もあって冨田先生との繋がりが深まり今の自分の人生に大きなキーワードEverything goes for the bestという言葉を頂き大きな財産となりました。
(そんな冨田先生から久しぶりに僕のホームページを通じてメールが届きました。また交流が生まれるのは楽しみですね。)

また、僕の名字の富は英語でTOMIとなりますが、これがフィンランドでは一般的な男性の名前との事で、フィンランド人との交流もスムーズでこれも面白いなと思います。

言語は恣意的と言われる事がありますが、僕個人は言語は意図的だと感じています。全く関係の無い言葉が実は自分にとっては重要な意味があるといことがあります。

もちろん、それは他人にとってはあまり重要では無い事もあるでしょうが、結局は全ては自分自身が体験している世界。
またそんな言葉を一生懸命探す必要性もありません。なぜならば、全てが関連しているからです。気になる言葉や音は全て繋がっているという事と、自分自身が今ここに存在しているという事はイコールだと感じています。

オチは楽しみにとっておきつつ、今与えられている宇宙のジョークを楽しみましょう♪

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 笑い・喜び

Comment

  1. かこ より:

    名前関連ありますね♪
    私が大好きな歌の歌詞のフレーズに苗字が隠されていて、
    ~余談~
    今まさに、シンクロし、文字変換していた最中に起きました。
    この歌が大好きだった当時(中学生)大好きだった先輩の苗字が、いきなり変換の一覧に表示されビックリしました。
    忘れていた頃の思い出が一挙に押し寄せました。
    かなり珍しい苗字3文字なのに、、、
    あるんですね。
    こんな事。
    話し戻りますが、
    大好きな歌のフレーズにある歌詞の内容が人の苗字に相当していて、
    10年後、その苗字の方から、今迄にない印象的な告白をされ、
    さらに10年後、
    その苗字の人(別の方)を凄く好きになり。
    まあ、何か関連大いにありますね。
    ちなみに、先日、夢の話で、未来のダーリンはその方でした(笑)。
    現実になるには非常に考えにくいのですが。
    すっかり自分の中で、封印していましたが、、、
    トミーさんのblogコメント欄で意識させられ事になるとは、、、
    ビックリしています。
    夢といい、音といい、。
    とても感謝し、尊敬している方です。
    そういう方に出会うと、自分の可能性が無限に広がる気持ちになり、意識が格段に拡大していくのがわかります!
    だから好きになるのでしょうけど♪(笑)。

  2. キノピー より:

    なるほどです。とても興味深いですよね
    私とトミさんも宇宙のジョークでしょうか?
    私の苗字ではなく名前に共通点があるというのもポイントですよね
    それと、八景島のイルカのワーク申し込みました。
    まだ少し先ですが、よろしくお願いします。

  3. かこ より:

    +プラス 名前(音)もそうですが、数字もありますか?
    私の誕生日が、
    従姉妹の住所だったり、
    知り合いの部屋番号だったりとあります。

  4. とみ より:

    > かこさん
    コメントありがとうございます。そうやって様々なスタイルで言葉を日常の中に置いているんですね。数字もそうですね。言葉や数字、形、結局全ての事象は自分を知るためのシンボルと言えると感じています。ただ、そのようなシンボルを探そうとしてしまうと問題になってしまうこともあります。つまり、サインを探してしまうことに期待を求めてしまい、自分の可能性の幅を狭めてしまうことにも。自分らしくいるのがベストですね。

  5. とみ より:

    > キノピー
    コメントどうもありがとう。そうですね。それも宇宙のジョークでしょう(^_^)
    八景島のワークのお申し込みありがとうございます。
    こちらこそよろしくです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

本当の自分を生きるために必要な他者の存在

昨夜はいよいよ11/1にシャーマニックリチュアルの旅に出るアウェイクニングプログラム5期のための壮行会を開催しました。5期メンバーから今までの流れや意図を発表したり、他の期のメンバー達が集い、5期に向 …

過去を生きないために

久しぶりの更新になってしまいましたが、皆さんお元気ですか?僕はエリーの妊娠のケアも始まり、福岡ワークショップ&熊本リトリート等もあり、新し流れを感じている日々です。熊本リトリートについては改めて記事に …

ブロックをリリースした後に何を入れるか?

暖かい季節になってきましたね。ワールドブルーアウェイクングプログラムも4月末にスタートし、また音声(ポッドキャスト)を使ったワールドブルーラジオもスタートし、ワールドブルーは春から新しい挑戦が始まって …

ゆーーっくりとマイペースで過去から「今」へ

私たちは過去の記憶で生きてしまう傾向があります。それが、思考パターン、行動パターンや無意識の癖や習慣を作り、日々同じような行動を取ります。そして、自ずと結果も同じになります。もし日常に不満があるとすれ …

no image
自分が分からなくなった時

この世界の仕組みや、様々な出来事が展開していく事を冷静に観察することができてくる、つまりは自分の事に気付いてくると、今まで考えていた人生とは見方が変わってきます。この前書いた記事でもそうですが、それは …

no image
行雲流水

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。これをもって年賀状にかえさせていただきます(^^ゞ 2007年になりましたね。今年はどんな年になるでしょうか。今年は地球の動きが気になりつつ …

蜘蛛の巣

私たちの世界はまるで蜘蛛の巣のようです。それも、平面的にできている蜘蛛の巣ではなくて、中央から放射しているような蜘蛛の巣をイメージしています。 中央にある本質・源・はじまりの瞬間が、放射していきます。 …

瞬間の感情

私たちは日々の日常の中で様々な感情・フィーリングを体感しています。感情とは元々は純粋なエネルギーですが、過去の経験や体験等と比較をして純粋なエネルギーに意味や定義を付け、この感情は良くて、あの感情は悪 …

思考から言葉へ

日々の日常で私たちが使っている言葉。言霊という言葉が日本にはあるように、声に出した事にはエネルギーが宿り、それがやがて目の前に現れてくるものです。 そもそも、私たちが使う言葉には、無意識に話したとして …

no image
子供の心のちから

僕より約20も離れているけど、子供の心を忘れていない従兄弟がいます。その従兄弟は磁力(マグネティックエネルギー)を使う力が顕著に現れていて、機械を壊してしまうし、例えば傘を持つとカッターで切ったように …