Heart Sutra

3月21日は春分の日でしたね。僕は仙台の秋保温泉にある木の家で行われた「春分の日のイベント」に参加させていただき、ミニワークをやらせていただきました。

参加者全員で108回のハートスートラ、いわゆる仏教などで知られている般若心経の一説をサンスクリット語で唱えるワークを行いました。大勢で唱えるマントラはとてもパワフルですね。春分の日は冬至と夏至の中間点。その前後がお彼岸。

ハートスートラは

Gate Gate Paragate Parasamgate Bodhi Svaha

というマントラです。

勇気を持って自分のビジョンを現実化させていく、そんな意図を僕はこのマントラから感じます。何かを達成するには何かを犠牲にしなければならない、とか、何かを代わりに諦めなければならない、という想いって結構あるものなんですよね。
でも、このマントラの意図するところは、その先に行っても「皆一緒」、つまりは全てと繋がっている事が明らかになる、ということだと僕は感じています。

マントラワークを下記の日程で予定しております。一緒にマントラを使い日常に活用しましょう。

日時:4月22日(木)19時~21時
会場:ワールドブルー
定員:7名
費用:3000円
お申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening34.html

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください