体のケア

私たちは体を使って、この世界を体験しています。私たちの本質の部分、よく魂と呼ばれている意識は完璧で、全て知っています。普遍的な部分ですね。

スピリチュアリティ、つまり人間が本来から知っている本質的な部分を追求することはこの現実を自分らしく生きるという意味で大いに役立ちます。しかし、スピリチュアリティのみには何も答えはありません。

肉体を持っている以上、私たちは肉体を持った存在です。スピリチュアリティをリアリティに融合させて生きることが私たちに共通したビジョンですね。

という事で、体が資本、健康第一という言葉はまさにズバリだと思います。心身が弱っていると本来の本質的な部分を上手に発揮することが難しいでしょう。ヨガの考え方にもあるまずは体からというのは的を得ています。

背中を丸めて俯くと人は悲しみに走る傾向があります。背をすっと自然に伸ばすだけでも気持ちがリラックスしたり本質の部分と繋がることができます。そして、適度な運動・エクササイズもヘルプになります。

個人的には適度な運動、ヨガの呼吸、ダンスを日々行っています。最近は、金八先生でも有名になったソーラン節を踊ったり、ヒップホップの教則DVDを観つつダンスをしています(^_^)

最近、運動不足という方いましたら、できる範囲で構わないので軽いエクササイズをおすすめします。特にこれからの時代、体を動かすことは大切になるように感じます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

体のケア” に対して1件のコメントがあります。

  1. rakuda より:

    まさに、今身体が絶不調。
    肉体ありきを再確認しました。
    いつもありがとうございます。

  2. とみ より:

    >rakudaさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    体のケアは大切ですよね。体があるからこそいろんな体験ができますよね。

  3. 仙台のアイカ より:

    トミさんおひさしぶりです。セッションから1カ月。Yogaマット購入。ヨガナンダさんの自叙伝で感動中。集中力がポイント来年へ向けて準備中です。

  4. とみ より:

    > アイカさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。もう1ヶ月経つのですねぇ。
    その節はお世話になりました。
    ヨガナンダさんの自叙伝は意識を拡大させてくれる一冊ですよね。
    ヨガもやりつつ、エンジョイしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください