ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

分析思考から本質の輝きを知るための秘訣

   

自分らしく生きるために必要なのは、「どのようにうまくやったら他者から評価されるか?」とか、「どうしたらよい点が取れるか?」とか、「どのような能力があれば成功するか?」というような戦略やマニュアル、教科書的な概念の利用には見付からないでしょう。もちろん、そのような戦略は生きるためには必要だったかもしれませんが。

 

今の時代はオリジナリティ・個性の時代です。それは誰かに発見してもらうのではなく、自分自身で既にある事を認めていくことであり、能力ではなく生き方にあります。自分の本質とは、探すものではなくて、認めることです。どこかに行けば発見できるものではありません。いつでもそこで輝いています。その本質の輝きを分析したり、思考や分析のみで探そうとすればするほど、その光に影を付けて行くことになります。

 

もし思考で分析する傾向がある場合、とにかく簡単なところからでいいので、創造力を使うことです。例えば、塗り絵。綺麗に描くことは脇に置いておいて、とにかく子供のように好きな色で塗ってみることです。体を動かすのもグッド。数分でも夢中になれれば、それが日に日に増幅していき、気付けば自分を認められる自分になっているでしょう。焦らずに日々少しづつで十分です。

 

春分の日の祈りの集い+春分の日の宴を開催します!

あちら側とこちら側が繋がる日に肉体へ感謝しビジョンを祈るイベント+薬膳鍋de春分の日の宴!ワークではマントラを使いビジョンを現実化するワークを行います。イベント後は二子玉川へ移動し、「食べる温泉」である薬膳鍋で懇親会を行います。

日時:3/20(日) 10:00-12:00
料金:3000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/syunbun2016.php

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

長年の癖を手放すポイント

長年の思考パターンや行動パターンによって、私たちは心身の様々な部分に負担を掛けているということがよくあるものです。それは、長年のパターンなので潜在意識に追いやられて、なかなか気付かずに、歳を重ねてくる …

地球人からユニティへ

ドバイ&アブダビの旅では、1週間程の滞在の中で様々な国の人との交流がありました。こんなに短期間にいろんな国の人と交流があったのは初めての体験でした。 参考まで聞いた範囲ですが、どんな国の人々との交流が …

no image
集合の力

人が集まるところにはある種のハーモニクスがあり、集合的なエネルギー(集合意識)が作り出されます。家族、会社、地域、国等、大きい小さいは関係なく、人が集まるところにはグループの意図に沿ったダイナミクス( …

意図は一度きりでOK

意図とは暗闇で光っている灯台の灯に例えられます。   真っ暗闇の中を航海しているとしましょう。もし灯台の灯が無ければ、どこに行ってよいか分かりません。そんな時ありがちなのが、過去に培った思考 …

中心点

今日は2011年の冬至から2012年の冬至のちょうど中心点の日。 これからますますビジョンというものがより明確になってくるように感じています。 思考パターンや行動パターン、先入観や固定概念、古い尺度か …

どこかで会ったことがある感覚

初対面なのに、どこかで会ったことがあるような感覚がしたり、「会ったことありますよね?」みたいに言われたりすることってありますよね。 この「知っている」という感覚、これは私たちの意識が拡大している証の一 …

no image
未来予想図

未来予想図。ドリカムの三部作になっている曲は、まさに未来や夢は自分の想いが創っていく現実化を示唆しているように感じます。『想った通りに叶えられてく』既にそうなってはいますが、これからの時代ますます現実 …

もし言葉がたった一つしか無い世界だったら

  日曜日、月曜日と実家の松本から両親が上京し、孫の顔を見て本日帰っていきました。松本のジジババの孫を抱っこしている姿に血筋や家系の歴史の一場面を見た感じがして何か不思議な感じがしました。こ …

ソウルグループ

魂意識の話になりますが、魂にはソウルグループという魂の共同体・家族のような概念があります。 ソウルグループとは一言で言えば、グループで行動する魂意識のことです。 メンバーで構成されていて、誰もが魂のグ …

奇跡であって奇跡じゃない

奇跡、この言葉は予想を超えて起こった素晴らしい出来事、神様が起こした超自然な出来事、あり得ないことが起こった時などに使われますよね。「これは奇跡的なことだ」というように。科学や一般常識では考えられない …