ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

世界が見せている「私」の世界

   

blue_networks

今、目の前に表れている世界はリアルな世界として存在していますが、シャーマニズムの世界から見ると、例えるならば、バーチャルリアリティ的であり、ある種のプログラミングによって見せられている世界とも言えます。スパイラル状に形成されている美しくて、神秘的で、そして遊びに満ちている時空がこの世界を動かしています。全ての概念が、プログラムによってリアルに実在し、「私」という概念を通じて世界が見えています。

 

この視点から世界を見ると、「私」が世界を創造しているだけではなく、世界が「私」を創造していることが分かります。それは完璧であり、何も変える必要はありません。時空にも意図があり、それはこちら側の意図とも連動しています。意図があって結果があるのがこちら側の世界であり、結果があって意図があるのがあちら側の世界。全ては完全に満ちています。映画「インターステラー」のオチの部分がこの感覚に近い感じがします。

 

子供が無邪気に遊んでいるとき、子供達はこの感覚と繋がっているように感じています。つまりは、無邪気さ、遊び心の中に、「私」という視点から少し離れ、創造の中心へと戻るゲートがあります。

 

5月のワークショップのご案内

5/11(水) イブニングワークショップ 「 シャーマンズゲート 」
シャーマニズムの体験から見るこの世界のシステムや個人の現実を解説。多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。

日時:5/11(水) 19時~21時
料金:3,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening385.html

5/21(土) ハーフデイワークショップ 「 次元を超える旅~Beyond the space/time 」
臨死的な体験・シャーマニズムから見るこの世界のシステムから多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。

日時:5/21(土) 13:00-18:00
料金:10000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/afternoon/afternoon387.html

5/25(水) イブニングワークショップ 「 マントラナイト 」
マントラとは音です。意図を込めて唱える事で、意図した事が結果として 表れます。参加者の皆様で 一緒に唱え、リラックス&エナジャイズしていきます。

日時:5/25(水) 19時~21時
料金:3,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening386.html

5/28(土) イブニングワークショップ 「 シャーマニックリチュアル報告会&懇親会 」
アウェイクニングプログラム第一期の創造の源体験シェア報告会。創造の源とは?自分を知る体験とは?メンバーに語ってもらいます。

日時:5/28(土) 13時~17時
料金:無料
会場:五反田JMAスペース
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/share2016.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シャーマン・シャーマニズム, 意識・心・気付き

  関連記事

no image
英語の冠詞(a an the)から

日本人が英語を難しいと感じる要因の一つに冠詞があります。冠詞とはa an theで、簡単に説明すると名詞(モノの名前や名称など)に限定を与える語です。 僕も冠詞は苦手でいつも迷います。aが付くのかth …

夢から覚めるためのサイン

日常には様々なサインが隠されています。それは、深い眠りから目覚めさせるようなサインで、映画マトリックスでも描かれているような世界。   この世界はあまりにもリアル。それでも、この世界は自分で …

曼荼羅の夜

曼荼羅(マンダラ)とは仏教や密教の仏画的なイメージを思い起こす方もいるかと思いますが、マンダラとは私たちの本質・エッセンスを表現したシンボルやイラストです。ある意味、私たちが見ている世界はマンダラであ …

加東和さん

昨日、加東和さんという龍・鳳凰の絵をメインに描くアーティストの個展に行きました。加東さんはライブペイントも行い、それはイキイキとした龍や鳳凰等の絵を描きます。その絵は生きています。見るだけで、クンダリ …

傲慢と哀れみの罠から離れるために個性が必要なワケ

この世界には様々な景色・風景があります。自然によって作られた景色は、土地それぞれに独特でユニークです。また、人間が作る文化もその土地その土地で様々あります。地球の歴史、人類の歴史という長年の歳月を掛け …

no image
新しい瞬間

全ての瞬間瞬間、私たちはいつでも新しく生まれ変わる事ができます。もっと言えば、全ての瞬間、本質の自分で生きる事ができます。 しかし、私たちは過去からの記憶・記録との比較で生きる癖やパターンがあり、それ …

罠から目覚めてワクワクする秘訣

結局のところ、今この瞬間に目の前に表れている現象は、自分自身が体験したいという何らかの意図・意義があり、現実化しています。自分自身で描いた脚本通りに現実は展開しています。この意味で、今の自分を生きるこ …

シンプルライフは遊び心から

私たちは自らが創り出した世界に暮らしていて、日々様々な出来事や事象を五感と感情、またそれを超えた第六感的な部分を使って観察しています。   様々な出来事は層のようになっていて、その層が厚けれ …

no image
Message in a bottle

1979年のポリス(The Police)の名曲「Message in a bottle(邦題:孤独のメッセージ)」は人間は孤独では無いという事を暗に示している曲だと感じます。 邦題が「孤独のメッセー …

概念をリリースしてオリジナリティを発揮する

世の中には何かを身に着けたり、行ったり、到達するための手法・アプローチは本当に様々あります。そのアプローチによって、様々な概念が生まれシンプルなものが複雑になっていくことがあります。そして、自分の中に …