ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

マントラの音で自分とつながる

   

words

マントラとは日本語にすると真言になり、「音」「言葉」を意味するサンスクリット語です。もう少し深い意味としては「本質を所持している音」ということになります。ちなみに、「本質を所持している色・形」になると、それはマンダラ(曼荼羅)になります。

 

本質の世界、僕は創造の源と呼んでいますが、その世界には音も言葉も色も形も何もありません。何も無いんだけど、実は全てある。一見、矛盾するような言葉だけど、そうとしか表せないような世界です。この世界は、概念の世界であって、肉体を持って他者や時空との合意をした世界では、コミュニケーションが大切で、そのための一つの手段として「言葉」があります。言葉とは、通貨です。つまり、他者とのコミュニケーション上、意味や価値を持っているツールと言えます。創造の源の世界を言葉で表すためには、この世界での価値や意味のある概念を使うしかありません。

 

マントラは、どっぷりと現実ではなく、もちろん概念ではあるんだけども、創造の源の領域に近い領域を表現している音です。その領域は、分離をしているのではなくて、大海の一滴に近いイメージで、まだ完全には融合をしていないけども、融合・ユニティに近いような、そんなエネルギーを象徴している音・言葉です。つまり、マントラを意識的に瞑想的に唱えることで、本来の私たちの本質の橋渡しになり得ます。本質のゲートとも言えますね。

 

マントラのゲートを進むことで、私たち自身を表現している音を知る事ができます。もし、その音を知ったら、もう傷つくこともできなくなり、本質のビジョンを生きるしかなくなります。もうドラマや分離的な不安、心配、嫉妬、悲しみ等のエネルギーにははまらなくなります。

 

自分を知るためのアプローチは様々です。僕自身は、シャーマニズムのアプローチで自分を知る旅をしましたが、マントラもシャーマニズムの世界観に近いアプローチだと感じています。音はとても神秘的。また、マントラは内側の現実化をさせてくれるとも言われています。つまり、内側にマントラの種を植えて、その価値が芽生えるということです。

 

下記に参考までに、有名なパワフルなマントラの動画をリンクするのでチェックしてみてください。Om Namaha Shivayaというマントラで、自尊心や信頼の強化に関わるといわれているマントラです。

 

 

マントラナイト9/16(金)開催!

マントラをたくさん唱えるマントラナイト。意図を込めて唱える事で、意図した事が結果として表れます。参加者の皆様で 一緒に唱え、リラックス&エナジャイズしていきます。マントラは一人で唱えるのもよいですが、多くのメンバーと唱えることで、より深い音の価値を味わう事ができます。今回から武蔵小山のスタジオで開催します。

日時:9/16(金) 19時~21時
料金:3,000 円(税込)
会場:スクエア荏原 第3スタジオ
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening398.html

秋分の日の祈りの集い+薬膳鍋 9/22(祝)開催!

あちら側とこちら側が繋がる日に肉体へ感謝しビジョンを祈るイベント+薬膳鍋de秋分の日の宴!

日時:9/22(祝・水) 10:00-12:00 薬膳鍋:13:00-
料金:3000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/syubun2016.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シャーマン・シャーマニズム, 意識・心・気付き

  関連記事

no image
体は単なる入れ物じゃない

スピリチュアルの概念に魂が本物で、肉体は単なる魂が入るための入れ物という考え方がまだあるようです。その概念は、恐らく魂が輪廻するということから、そう考えられるようになっているようですが、肉体も輪廻して …

センチメンタルから抜けて自由になるために

私たちは日々の生活の中で文化や社会という集合意識と触れ合いながら生きています。その影響は心身の内側と外側に大きく影響を受け、バランスが取れていないと心身に不具合が生じてしまい、自分の正体を見失ったり、 …

no image
111

エンジェルアーティストである友人とのコラボを今度行ないますが、その取材で土日と那須塩原に取材に行ってきました。とても素晴らしい作品の話や天使の話が聞けました。天使って架空の存在のように感じる方も多いか …

五感・感情が導く多次元へのゲート

娘が生まれて100日。昨日はお食い初めの儀式を行ってきました。健やかに丈夫に、豊かに生きるための儀式でしたが、日本には様々な子供のための儀式があって、それぞれが家族との絆を強めるためのものなんだなぁっ …

no image
変化=自然になる

最近、仕事でいろいろな変化が現れてきました。 また同時にプライベートでもいろいろな変化が現れてきています。 まぁ、仕事もプライベートも自分を表現している意味では、分ける必要はありませんけども。 様々な …

no image
太陽の周りに虹

昨日と今日と午前中ですが、太陽の周りに虹が掛かっていました。自然の力というのは本当にすごいし、綺麗だなぁと感じました。感動ものです。明日はどうなっているか楽しみ。 また、これは一体何のサインなのか。き …

no image
期待とビジョン

「期待」という言葉があります。「こうであったらいいなぁ」という未来に対する予測ですね。期待することで、私たちは未来に対しての目標や目的を持ち、ある種のモチベーションをキープすることができます。 しかし …

no image
シュールさの中に

僕はシュールな作品や映画、演劇が気に入ってほぼ毎日と言っていいほど見ているかもしれません。思いっきり笑えるものももちろんありますが、なんとなく心の中で残るものや何とも言えない驚きも与えられるようなそん …

自分の本質を知るために誰もができること

自分自身の本質、自分のこの世界での生き様や生き方、生き甲斐、ビジョン・・・それは紛れも無い「個性」の正体で、自分の音でもあり色。 この世界は自分の本質を知るための道で、ある意味、映画や演劇、またはゲー …

言葉のキャンバス

この世界は全てに形があります。私たちが日々使っている「言葉」も形です。日々、些細な言葉であっても、何らかの形でこの世の中に姿を現します。この意味で、言葉はパワフルですね。 今この瞬間、目の前にある空間 …