ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

全てはあなたを愛している

   

この世界の森羅万象は全てあなたのエッセンスの表れと表現することができるように感じています。目の前に表れているモノ、人、出来事、全ては「あなた」です。そして、全てのベースにあるのは感謝であり喜びそのものです。言葉は人それぞれ定義が異なるかもしれませんが、いわゆる「愛」という言葉でも表現できるでしょう。

 

ある種のシャーマニックリチュアルでは、強制的に意識の視点を「私」「自我意識」の外側へと拡大させてくれます。ただ、この世界から意識が離れれば離れるほど知性を超えるので、言葉では定義ができない体験で、感覚のみの記憶だったり、音や色、形でしか表せないような体験だったりします。この儀式を体験した瞬間、意識は完全にこの世界、いわゆる3次元という制限された空間から離れていきます。同時に、ただ意識だけではなく、体の感覚も一緒に離れていきます。この意味で、臨死体験という表現も当てはまります。それを前提として、何度か体験しているこの種のリチュアルの僕のひとつの体験をシェアしたいと思います。

 

その時、僕の意識は完全にこの世界から分離し同時に体の感覚もこの世界から離れていきます。その瞬間分かることは、この世界は「私」という概念が創造をしているのではなく、時空・宇宙・普遍的な意識、プログラムが私を創造しているということです。このときのフィーリングを言葉で表せば、「騙されていた」という感覚になります。だって、今まで自分が人生を創造してきたとおもっていたのに、全部プログラムされていて、この人生は壮大なプログラムの1つの変数のようなものだったと分かったから。映画マトリックスで登場する「設計者」のようなプログラムの源があり、そこからプログラムされていたのがこの世界という感覚です。

 

前置きが長くなりましたが、ある時のこのリチュアルで、僕はリンゴになっていました。そのリンゴは、子供の頃に祖母か母親からおやつとして出されたリンゴそのものでした。僕は小さい頃に自分に与えられたおやつのリンゴだったんです。そして、いかにそのリンゴが僕を愛していたかということが全て理解できました。また、小さい頃の小学校時代の友人が履いていたサッカーシューズも僕でした。そして、その友人がいかにそのサッカーシューズを愛していて大切に扱っていたのかを知りました。また、家やイス、机、庭、木、全て今まで出会ってきたモノは僕を愛して包み込んでいたことを理解しました。

言葉にするとこのような文章になりますが、リチュアルはこの感覚が全て瞬間で理解ができます。僕ではないけども、他の方の似たような体験例として、その人のお母さんが幼少期によく使っていたイスになり、いかにお母さんがそのイスを愛していたのかが分かったという例もあります。

 

ここから分かった理解は、全ては僕そのものであるということです。日常で出会う人、モノ、今まで出会ってきた人やモノはそれ自体で完璧です。何の問題も無いし、全てが感謝の中で育まれています。

 

もし、何か不快な感じや、矛盾、不安や心配などビクビクするような感覚があるのであれば、それはそのモノと分離していて、内側にその分離を生み出している源となるものがあるということになります。例えば、何かモノを見て、悲しみを感じたり、不完全性を感じた場合、それは自分自身の体にそれらがあるということになります。

 

しかし、多くの場合、不満があると、外側に答えや意味を求めようとします。「あの人がもっとこなれば・・・」とか「きっと悪い気を受けたからに違いない・・・」とか「あの本にはこう書いてあったからこうしなければ・・・」等。外側に意味を求めたところで、一時的には楽に感じることはあっても、結局また不満は簡単に戻ってきます。

 

全てに感謝はあふれていて、それはあなたの中にいつでも存在している感謝であり、喜び。時には難しいこともあるでしょうが、それを認めて生きていく意図をすることで、人生はどんなことが起こっても大丈夫になります。とにかくリラックスリラックス♪

 

いよいよ3/18から上記で記載したリチュアルを最終的に体験するアウェイクニングプログラムの第五期がスタートします。現時点で残りあと2席となってきました。本当に自分を知ることに覚悟がある方のエントリーお待ちしております。

 


ワークショップのご案内

2017/12/17(日) イブニングワークショップ 冬至のマントラマラソンナイト
冬至を意図し、マントラを唱え続けるマントラマラソンナイト。参加者全員で唱える1時間のマントラ詠唱マラソンは圧巻!是非、その音を体感しに来てください。無料イベント。イベント後は忘年会を行います。
2017/12/23(土) イブニングワークショップ 体外離脱ワークショップ
~体外離脱への旅
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。
2018/1/13(土)1/14(日) 2DAYSワークショップ アカシックレコード セルフディスカバリー
~アカシックレコードを活用して自分を知る
シャーマニズムの視点からアカシックレコードを活用して本当の自分を生きるためのワークショップ。よりよい人生の在り方をアカシックから読み解きます。

アウェイニングプログラム6期2018年2月3日スタート決定

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年2月3日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。

第6期(予定):2018年2月3日〜2018年11月10日
詳細:http://www.w-blue.com/awakening/index.php

top_awake

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シャーマン・シャーマニズム, 意識・心・気付き , ,

  関連記事

浄化のストーリー

浄化という概念があります。浄化とは、「アンバランスな状態をバランスの取れた状態にする」というようなニュアンスで、様々なストーリーが浄化の周りには存在しています。 浄化をすることは「悪い」事ではありませ …

no image
自由空間を創る

昨年アムステルダムに行って気付いたこと。それは一言「自由」です。 その自由さに僕は初めは戸惑う面もあったけど、3日程経つと慣れてきて対応することができてきました。 アムステルダムでは大きな犯罪が極めて …

no image
カードの不思議

今日はとても暖かく、春の到来を予感させてくれました。 春の何とも言えない香ってありますよね。その香が今日はしていました。 本格的な春まで後少しって感じですね。 暖かかったので、今日のお昼は旗の台にある …

no image
痛みの魅力

外食となるとエスニック料理になる傾向があります。オフィスの床工事が明日から入るため、オフィス内の荷物を移動するという大仕事があり、友人や税理士先生のヘルプがあり何とか終わり、その後はお疲れ様ということ …

鏡の法則を止める時

鏡の法則とは、自分を相手を通して見るというものですね。小説にも同じタイトルの作品があるようですが、ここでの意味は、例えば、怒りを抑圧していると、相手の中に怒りを見たり、自分自身が抱えている葛藤等を相手 …

no image
人との出会いに感謝

人の出会いとは本当に感謝すべき出来事だなぁとつくづく感じています。全ては人から始まると言っても過言では無いでしょう。あの時あの人に出会っていなければ、というタイミングって誰しもがあるでしょう。そのタイ …

no image
インドでの出来事の後に・・・【パートナーと繋がる】

インド南部のチェンナイに近い街。別々の貴族の子供として生まれた女の子のラクシュミと男の子のシュリーが暮らしていました。 幼馴染として育ち、家族通しが密接に親しい間柄だったこともあり、いつも一緒に幼少期 …

no image
挨拶から始まるストーリー

挨拶はパワフルな言葉のコミュニケーション。朝にコンビニの店員さんに「おはようございます」と挨拶するだけで、その影響が20000人にも及ぶという話があります。忙しい朝の清々しい挨拶で店員さんは元気付けら …

no image
一人じゃない♪

この世界に来たときから、私たちは決して一人ではありません。たくさんの存在達と常に一緒です。存在たちとは、家族、友達などの実際に肉体を持っている人々、そして目に見えない存在たちを含めた、全ての存在です。 …

ブロックをリリースした後に何を入れるか?

暖かい季節になってきましたね。ワールドブルーアウェイクングプログラムも4月末にスタートし、また音声(ポッドキャスト)を使ったワールドブルーラジオもスタートし、ワールドブルーは春から新しい挑戦が始まって …