ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

相手を変えたいと思う時は自分が変わる時

   

例え相手が理不尽だったり、相手が間違っていたとしても、相手を変えることはできません。

相手を変えようといろいろと戦略を立てたり、分析したり行動をすることは、正直時間の無駄です。相手は相手としてこの世界に存在している以上、変える必要もありません。

 

この世界はみんな違います。考え方、価値観、嗜好、属している文化、生き方、方向性、信念等など、みんな同じではありません。それを、強制的に変えようとすることは傲慢な事であり、操作になってしまい、戦いが生まれたり、競争になったりと人生がややこしくなってしまいます。

 

相手の事が気になるということは、その火種や源は自分の中にあるものです。自分の中にあるブロックや葛藤が外側に向かって相手に投影されているだけの話です。

 

相手を変えることはできなくても、自分を変えることはいつでも可能です。相手の事が気になる火種が無くなれば、今まで気になっていた事がどうでもよくなってくるものです。

 

相手を変えたくなったら、その前に自分を見つめましょう。

 

シャーマニズムや創造の源の視点から見れば、相手は自分の創造の一部であり、どんな人でもその人が存在しなければ、自分は存在でき得ません。みんな違う存在ですが、そんな関係性の中でも相手とコミュニケーションを取ったり、分かち合ったりして、相手の中にいる自分を味わうことがこの世界の醍醐味でもあります。

 


ワークショップのご案内

2018/1/20(土) アフタヌーンワークショップ シャーマニックジャーニー+体験報告会
シャーマニズムの概念から、その世界観から分かるこの世界のシステムについて、そして実際に体験したメンバーの声をお伝えするイベント。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2018/1/21(日) ワンデイワークショップ 体外離脱ワークショップ
~体外離脱への旅
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。
2018/1/24(水) イブニングワークショップ 新春のマントラナイト
2018年のワクワクした人生を意図してマントラを唱えます。音の力でエナジャイズ+リフレッシュしましょう。
2018/1/31(水) イブニングワークショップ シャーマンズゲート
シャーマニズムの体験から見るこの世界のシステムや個人の現実を解説。多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。

アウェイニングプログラム6期2018年2月3日スタート決定

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年2月3日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。

第6期(予定):2018年2月3日〜2018年11月10日
詳細:http://www.w-blue.com/awakening/index.php

top_awake

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
友人の訪問

本日は、友人が事務所に遊びに来てくれました。その友人とは久しぶりの再会であり、事務所を案内した後、飲みに行ってきました。私よりも10歳以上年上なのですが、同い年のように話ができるので、不思議な感じがし …

アカシック情報のズレ

アカシックレコードはユーザーフレンドリーで、それはインターネットの検索エンジンのように知りたい情報を検索すれば、情報が示されます。 アカシックレコードを読むのは興味があれば誰もができますが、ただ、ポイ …

no image
You do know what you do not know.

You do know what you do not know. 知らないということをあなたは知っている。 結局、この世はシンプルなゲームのようなもの。シンプルすぎるので、多くの人が複雑に物事を捉え …

グラウンディングなビート

グラウンディングとは「地に足を付ける」という意味があって、要するにこの現実を生きるために必要な要素ですね。このグラウンディングが弱くなると、ちょっとフラフラとしてしまい不安が強くなったり、迷いが出たり …

他者は変わらないし、変える必要も無い

全ての事象や出来事は完璧です。それだけでOK。何も変える必要は無く、パズルのピースとピースは完全です。なぜならば、この世界は「私」という存在が全てを意図通りに創造しているし、「世界」というプログラムが …

no image
坂道

クイズです。 「地球上にある道で上り坂と下り坂、どちらが多いでしょうか?」 答え:「同じ数」 ・・・と、特にトンチ的なクイズではなくて、すぐ分かるクイズでしたかね。 結局は、見方によって上り坂にも下り …

自分の辞書にある概念で世界を生きている

この世界で体験しているリアルな世界は、「見たい」「知りたい」「こうしたい」という自分の想い・意図・衝動があり、主観が生まれストーリーが展開しています。今目の前に表れているイベントや事象は、一人ひとりが …

no image
信頼とビジョン

私達は、様々な場面で、傷ついてしまったり、将来に対して不安や心配で圧倒されてしまい、自信を無くしてしまうということがあります。 自信というのは考えているだけで身に付くものではなく、行動することによって …

no image
2010

2010年まで後2年ちょっとですね。その次の年は遂に2011年に・・・この世界では時間って本当に貴重だなと思います。時間があるからこそ、悲しみだけでなく、日々楽しさや喜びを感じられますし、展開していく …

本質の情報を得るために

アカシックレコードやリモートビューイング、チャネリング等、様々な五感を超えていく情報を得る事は誰しもができる能力ですし、無意識的にも行っています。ふとした直感や気付き、誰かの事を思うとその人から電話が …