ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

現実は永遠のパズルの1ピース

   

昨夜は友人とヨーロッパ企画の演劇「出てこようとしているトロンプルイユ」という作品を観てきました。パリを舞台にしたトロンプルイユ(いわゆるだまし絵)をテーマにした作品でしたが、その内容はまさにシャーマニズムの世界観が融合されていて、この世界のシステムに気付かされるような劇でした。ロビンウィリアムス主演の作品映画「奇跡の輝き」にも通じるような世界観もあって、多次元的世界を彷彿させてくれました。

 

シャーマニズムの世界を体験すると、この世界はひとつの絵や映画として捉えることができます。今、観ているこの世界の現実は例えるならば映画であり絵画。自分が作っている自作自演の映画とも言えるし、誰かが作っている映画に私たちは動かされているとも言えます。

 

例えば、誰かがこの世界をプログラムして動かしているとしましょう。その誰かの意図によって私たちは創造されているのですが、更にそのプログラムを動かしている誰かも別のプログラムによって創造されている・・・そう捉えると、無限にループしています。鈴木光司さんの小説「ループ」的なニュアンス。

 

永遠というパズルの1ピースがこの世界の現実。その現実を動かす衝動やパッション、ビジョン。それが個性に表れて、私たちは生かされています。想像できることは、創造へと様々な場面や意識の領域で具現化され、作品は創り続けられています。

 

その永遠性を象徴している一つがマントラ。明日10/27(金)19:00からマントラナイトを開催します。ご参加お待ちしてます。

▼マントラナイト
http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening432.html

 


ワークショップのご案内

2018/2/27(火) 現実化メディテーション
古いものを手放し、欲しいものや状況を得るために役立つ瞑想やビジュアライゼーションをとことん行います。
2018/2/28(水) 夜のエンジョイナウ座談会
~ワクワク生きるためのミニ座談会
夜に開催するオンラインのミニ座談会。日頃感じている疑問や抱えている不安、現実化、体外離脱や幽体離脱、自分を知ること、恋愛などみなさんの質問にトミーが創造の源の視点から答えます。オンライン受講。
オンラインワークショップ
2018/3/2(金) シャーマンズゲート
シャーマニズムの体験から見るこの世界のシステムや個人の現実を解説。多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。
2018/3/7(水) シータ波になるためのワークショップ
シータ波とは一般的に「夢を見ている状態」この時、問題解決、サイキックゲート、クリエイティビティが発揮されます。この状態を意識的に作るためのパワフルワーク!
2018/3/10(土)3/11(日) リモートビューイングワークショップin東京
~イルカのようにクリアに生きるために
イルカのように明晰に、そしてクリアーに生きるためのワーク。思い込みや先入観を捨てて、別の時空を体感します。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。
2018/3/21(祝) 春分のマントラマラソン
春分を意図し、恒例のマントラを唱え続けるマントラマラソン。参加者全員で唱える1時間のマントラ詠唱マラソンは圧巻!是非、その音を体感しに来てください。無料イベント。
2018/3/21(祝) 春分の日の現実化サウンドワークショップ
春分の日の現実化イベント。これから夏至に向かってパワフルに自分の意図を現実化させるため「音」にテーマを搾り、特殊なサウンドやマントラを使って、現実化を行うためのリチュアルワークショップ。
2018/3/24(土) 体外離脱ワークショップ
~体外離脱への旅
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。

アウェイニングプログラム6期2018年4月7日スタート

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年4月7日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。通学、セミ通信、自己認識のみに特化したセルフディスカバリーコースの3コースご用意しております。

第6期(予定):2018年4月7日〜2019年1月12日(海外リトリート 12/7~)
詳細:http://www.awakening-program.com

アウェイクニングプログラム

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数

 

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シャーマン・シャーマニズム, 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
冥王星

チェコの会議で冥王星が惑星から外されました。これからいろいろな分野で影響がありそうですね。でも人間の勝手な決定で、宇宙は謎だらけ。今回の決定で宇宙への多くの関心が高まりいろんな出来事が明らかになってく …

恐怖が妨げる新しい挑戦

何をするにも体が恐怖を味わっていると、いくら頑張ったり、努力して勉強したりしても、なかなか身に付くことができなかったり、時間が掛かったり、また元通りに戻ってしまうということが起こります。   …

多次元的な私に気付くために

今こうしている時にも私たちの意識は様々なレベルに存在しています。言葉を変えれば、いろいろなところを旅をしていると言えます。多次元的な私、ここだけではない私という存在と誰しもが気付くチャンスがいつでもあ …

no image
他人への現実化 Law of Threefold Return

自然界は人間(魂意識、ソウル)のコマンドに従うという法則があります。これを、よく宇宙の法則(Universal Law)なんて呼ばれたりもしますが、これが現実化の根本的な力動になっています。 そして、 …

誰もが誰かに大切にされている

久しぶりの更新になってしまいました。お盆も終わり、まだ暑いですが季節的にはもう秋に入っていくんですね。娘っ子も3ヶ月を過ぎ、もうすぐ100日の「お食い初め」になります。一生食べ物に苦しまないようにとい …

悲しみや怒りの情報とつながらない生き方とは?

この世界は人と人とのつながり、コミュニケーションで創造されている世界とも言えます。日々、私たちは様々な人との交流から、新しいことに気付いたり、インスピレーションを得たり、本来の自分の姿を他者を通して見 …

no image
数字って面白い♪

僕達が暮らしている地球、そして宇宙は数字によって成り立っていると言う事ができると感じています。僕が向こうで体験した数字は12×πという数式で表されていました。 算数を習うと、小数点という概念があります …

動物達は時間の枠を超えている

妹の家の猫マゲ君は、久々に妹の家に遊びに行っても、いつも自然と僕の膝の上に乗ってきます。マゲ君が小さい頃から度々遊びに行くと膝の上に乗ってきたので、それを覚えているんですね。   動物達、そ …

no image
人間を体験する

スピリチュアルや霊的なプロセスを探求している時、スピリチュアルな面を強調して見ようと努力してしまったり、全ての出来事をサインとして見ようとする傾向があります。もちろん探求することは悪いことではありませ …

Cycle

今まで様々な儀式を体験・体感してきましたが、いつも同じ領域に行き、日常的にいつも同じ領域にいることに気付かされます。それを例えると上記のイラストで示しているような領域です。 上記のイラストを全体的に見 …