ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

嫌いな人や怖いと感じる人と向き合う時の処方箋

   

仕事上やプライベートで嫌な人や怖いと感じてしまう人と向かい合わなければならない時ってあると思います。

そもそもの前提ですが、「嫌な人」とか「怖い人」というのは存在せず、だれもが同じ人間です。そのようなレッテルを張ってしまうのは結局は自分の中にある基準や尺度です。過去の経験や、誰かからの情報や噂、親との関係性等・・・過去の記憶の中で、そのようなラベルを作ってきているのは、自分自身です。ドラマ金八先生でもよく登場する言葉「彼も人なり、我も人なり」。まさにこの言葉の通りだと感じます。みんな同じ人間であるということですね。嫌いとか怖いをリリースするヒントがここにあるように感じます。

 

さて、現実的に嫌だと感じてしまう人と向き合う時の処方箋。それは、相手を包み込むということです。相手を抱きしめるなんてことではなくて、気持ちの中で相手の存在を存在として認めるということです。

 

大体において人間関係のトラブルは期待のズレから起こる分離状態です。分離状態とは、「私が正しくて、相手が間違っている」とか「私はあなたのためにこんなに尽くしたのに、なんでわかってくれないの?」というような期待した見返りが受けれない状態。これが分離状態です。
そこから相手を拒否したり、否定したりしてややこしくなる。「言った、言わない」という水掛け論になり複雑になったり、心理的にも物理的にも距離ができてしまい、わだかまりのみが残ります。そして、簡単に傷つきます。

 

相手を包み込む、つまりは分離ではなくて、融合・統合の状態を作ることがスムーズな人間関係を築くポイントです。その大前提としては、「相手の存在を認める」ということです。それは相手の行為や行動を受け入れるということではなくて、相手の存在、この世界に相手が存在している、という事を認める事です。もちろん相手から受けた理不尽な事や、相手にしてしまった自分のミスなんかもあるので、出来事や行動については簡単に認められないこともあると思いますが(それが簡単にできたらそれはそれでナイスですが)、相手の存在を全体として認めることです。

 

具体的なテクニックとしては、相手と向かい合う時、今までの人生で楽しかった事と繋がりながら、相手と向かい合うという方法。もちろんまじめな話の最中にニヤニヤしてしまったらTPO的にNGかもしれませんが、内側ではそのワクワクのエネルギーと繋がり、そのエネルギーの中に相手の存在を溶け込ませながらコミュニケーションを取るという方法です。

またはワクワクのエネルギーを例えばグリーンだとしたら、そのグリーンのエネルギーの中に相手を入れながら話をするという方法もあります。

テクニックは一つの補助的なものですが、これが結構ヘルプになりますのでオススメです。

 

話をするときは、「私はこう思いますが、あなたはどう思いますか?」というようなキャッチボール的なコミュニケーションを心掛けることも相手を包み込むポイントになります。自分の意見を一方的に言ってしまうことは、相手に勝とうとしてしまったり、自分の正しさを主張するような想いが出てきがちです。それでは、分離が強くなります。立場など様々あると思いますが、誠実に他者と接し相手を尊重し認めつつも、自分の気持ちも正直に伝えることがポイント。

 

分離は人間関係を複雑にし、融合は人間関係をスムーズにします。

 


ワークショップのご案内

2018/1/20(土) アフタヌーンワークショップ シャーマニックジャーニー+体験報告会
シャーマニズムの概念から、その世界観から分かるこの世界のシステムについて、そして実際に体験したメンバーの声をお伝えするイベント。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2018/1/21(日) ワンデイワークショップ 体外離脱ワークショップ
~体外離脱への旅
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。
2018/1/24(水) イブニングワークショップ 新春のマントラナイト
2018年のワクワクした人生を意図してマントラを唱えます。音の力でエナジャイズ+リフレッシュしましょう。
2018/1/31(水) イブニングワークショップ シャーマンズゲート
シャーマニズムの体験から見るこの世界のシステムや個人の現実を解説。多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。

アウェイニングプログラム6期2018年2月3日スタート決定

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年2月3日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。

第6期(予定):2018年2月3日〜2018年11月10日
詳細:http://www.awakening-program.com

top_awake

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

「いけない」という恐れからの脱却

ついつい使う言葉「~しなきゃいけない」 日々の生活の中で私たちは様々な情報に触れています。日々、情報量は倍増していますね。その情報に飲み込まれてしまうと、様々な「いけない」という概念が付きまといます。 …

no image
夢とリアルの境界線

夢の世界とリアルの世界。私たちは意識的にも無意識的にも両方の世界を日々体験しています。 夢の中でも視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚の五感を使うし、いろいろな思考や感情も体験しています。この点においては、現 …

ゆるぎない自分を知ることになる

私たちは誰しもがオリジナルな存在です。この世の中には誰一人として同じ人はいません。ツインフレームやツインソウルという概念もありますが、例え相手がそうであっても、似ているだけで同じ訳では無いんですね。 …

no image
純粋なエネルギー

私達は日々エネルギーに囲まれて生きていて、様々なラベルを付けて認識しやすいようにエネルギーに名前を付けたりしていますね。 例えば、電気エネルギー、磁気的エネルギー、癒しエネルギー、天使のエネルギー、感 …

新鮮な毎日へ

今日一日はいつでも新鮮で人生の中でも唯一無二の体験が用意されています。昨日と今日はユニークな一日ですし、明日もユニーク。そして、毎日、私達の本質の輝きは輝いています。 しかし、私達の体はなるべく安心し …

no image
妖精君との遭遇!?

寝正月の影響+夜の寒さのせいもあり、夜あまり眠れませんでした。そんな時、突然幽体離脱をする前や金縛り時に体験するような体の痺れが体に走りました。しかし、痺れがあるだけで、幽体離脱状態でも金縛りでもない …

no image
バタフライエフェクト

「バタフライエフェクト」という言葉があります。これはカオス理論という予測が出来ないことを説明を試みる理論ですが、このカオス理論の中で言われているのがバタフライエフェクトです。バタフライエフェクトとは、 …

日常にある美しさの中に私たちがいる

目の前にあるものはどんな状態であれ、私たちが無垢で純粋な意識状態でいられると、言葉にすれば「美しい」「満足」という状態になります。その対象物との一体感が生まれ、もはや「私」と「対象物」というような分離 …

2015年からは一気に頂上へと行ける年

2015年が始まりました。今年も今この瞬間をエンジョイで行きましょう。ワールドブルーは本日から仕事始めです。今年も様々な企画をしていきたいと思っています。早速、来週からは福岡でのワークショップが始まり …

no image
瞬間と瞬間の間の瞬間

なんだか、瞬間続きのタイトルになりましたが、「瞬間」という言葉は、言葉としては分かるのですが、実際の体験となると時間がある世界にいる限り「瞬間」を見たり触ったりすることはできません。この瞬間、と思った …