ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

シンボルに包まれて

   

pointy私たちはたくさんのシンボルに囲まれています。例えば、文字。文字自体はある意味単なるシンボルです。文字と文字の組み合わせが文章となり、そこに書いた人の意図が入ります。そして、読み手側の知性や感情などによって解釈され意味をなします。そして、そこから様々な情報を得ることができます。日本語は、日本という国で合意された象徴的なものです。日本語を知らない人々にとってみれば、日本語を見ても単なる記号にしか感じられないでしょう。(もちろん、直感的に作者の意図を文字だけで読み取る場合もありますが)

同じように私たちの周りにある様々なモノもシンボルと言えます。モノを様々な形式で活用することで、意味をなしてきます。例えば、未来からの訪問者がやってきて、パソコンを見せたとしても、意味をなさないかもしれません。このように私たちの周りはある意味全てがシンボルだと捉えることもできるように感じています。

そのシンボルに私たちは今の人格で理解ができるように意味を付けて、日常に活用しています。ということは、身の回りに置いているモノは全て私たち自身を表しているとも言えますし、全ての中に自分をしるための情報が存在しているとも言えます。例えば、見たくないものを見ないためにあるモノを持っていたり、未来に達成するビジョンのために存在している場合もあるでしょう。

様々なシンボルを活用するためには、日常を五感や感情、フィーリングを使って観察することがポイントのように感じています。また、全てがシンボルなので、無理に探す必要もありません。シンボルを探し始めると、ビジョンが狭くなり期待が始まる可能性があります。いつでもシンボルを活用することができます。

Creative Commons License photo credit: romana klee

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - シンボル, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
カタチの変化

この世の中は時間の速度は違えど、ずっと同じ形ではいられず時と共に変わっていきます。自然界は「創造→維持→破壊」のサイクルを繰り返しています。無常という言葉もありますが、常なものは無いと言えますね。 こ …

様々な罠の先にあるもの

この世界は他者と時空を共有している世界で、様々な概念でできています。概念を超えたところには、森羅万象の始まりの瞬間とも言える創造の源があります。もちろん、創造の源はどこかにある訳ではなくて、私たちの一 …

何かを新たに始めるときのポイント&LINEアカウントスタート

何かを始めるとき、それが三日坊主になってしまったり、面倒臭くなったり、億劫になったり、言い訳をしたりして、途中で止めてしまうことがあると思います。すぐに結果を求めようとしてしまうとき、そのような想いが …

オリジナリティを輝かせるシンプルな方法

日々、情報が拡大している 様々な情報や概念が拡大している時代ですね。日々、インターネットやテレビ等のメディアの情報も拡大しており、欲しい情報をいつでも手に入れることが容易になってきています。その反面、 …

自分を知る証は日々の日常の中にある

先日のアウェイクニングプログラムのシャーマニックリチュアルにてメンバーが自分に目覚める瞬間に立ち会いましたが、これは僕にとっても大きな体験でした。メンバー全員が今まで体験したことがない体験をした訳です …

他者と比較すればするほど現実化が遅くなる理由

私たちは本当の自分の姿を知る旅をしています。そして、本当の自分の姿を知るために必要になるのが他者の存在。他者は必要であるし、あなたは他者にとって大切な存在です。   しかし、不満や葛藤、抑圧 …

恐れの源は自分の中にある

私たちが感じる恐れの元。それは外側にあるものではなくて、そもそもは自分の中にあるものです。確かに、外側の現象がきっかけとなって「怖い」と思うかもしれませんが。結局、反応しているのは、内面にある恐れの源 …

no image
心が望む音

人生の目的やミッション・・・スピリチュアルな道を探求していると必ず出会う概念です。前世で遣り残した事や、カルマの解消等、今の人生でやるべきことがあるという概念です。しかし、それは多次元的に、そして大き …

no image
A Thausand Years

スティングの1999年に発売されたアルバム「 Brand New Dayには神秘的な曲が収録されていて僕のお気に入りの一枚です。アラビアのマントラを使ったデザートローズ(Desrt Rose)もオスス …

no image
人と人との繋がり

私達がこの世界にいるには、他者がいなければなりません。そうでなければ、私達一人ひとりが元々持っている価値・エッセンスというものに気付く事ができないからです。あのご存知金八先生も言っていたように「人とは …