ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

完全な体外離脱と瞑想体験との違い

   

Dream Scape

体外離脱は本当に面白い体験で、人生観というか自分自身が意識している世界が「ここ」だけじゃなくて、「たくさん」あるんだということが分かる体験で、遊び場が増えるようなイメージですね。

よく体外離脱ワークショップで質問がある内容ですが、体外離脱と瞑想等で受け取るビジョンとの違いは何か?という質問があります。

体外離脱の練習をしていて、瞑想やヒプノセラピー等、意識が拡大した時に受け取る情報や感覚、例えば、「こんな映像が見えた」「こんな音が聞こえた」というような体験をすることがあります。それはリアルなビジョン、イマジネーションですが、それはまだ完全な体外離脱ではありません。まだ、体の感覚意識が残っている状態です。部分的な体外離脱とは言えます。

完全な体外離脱は、明らかに瞑想時などのビジョンとは異なります。完全な体外離脱は、日常生活を送っている意識そのままのフルな体験です。僕の個人的な体験ですが、昨日意図せずに体外離脱をしていました。もちろん意図すれば、自由に様々な領域を旅できるものですが、昨日はちょっと疲れていてうたた寝をしてました。気づいたら、僕は旗の台駅から会社への道を歩いていました。それは、本当に日常的な感覚と全く同じです。はじめは、当たり前のように歩いていましたが、「あれっ?」と思い、歩道にあるガードレールを触れてみたところ、するっと通り抜けました。「あぁ、体外離脱してるんだ」とこれで理解できました。僕は体外離脱先なのか、現実なのか、分からない時は壁などを触るようにしています。するっと通り抜けたら、それは離脱先というわけです。

このように体外離脱のフル体験は、今の日常を過ごしている感覚意識をそのまま持っていける体験です。なので、現実なのか離脱先なのか、一瞬分からない程のリアルさ。もちろん、離脱先は単なるイマジネーションの世界ではなく、現実世界と同じようにリアルに存在しています。

11月は福岡にて体外離脱ワークショップを開催します。九州地方の皆様、ご興味ありましたら是非ご参加いただければと思います。

1DAYワークショップ「体外離脱ワークショップ」 in 福岡
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。福岡開催。

日時:11/3(日) 10:00-17:00
料金:22000 円(税込)
会場:福岡市内のセミナールーム
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe_fukuoka.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 夢・OBE

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
正夢の見方 その1

正夢の見方 その1 1.寝る前に「私はこれから必要な情報を夢で見ます」というようなアファメーション(宣言)をします。 2.そのまま寝て夢を見ます。宣言をしていると夢が見やすくなります。 3.朝起きたら …

エゴを満たすために役立つ体外離脱の活用

私たちのエゴ(自我意識)はこの世界を安全に生きるために体の使い方、生き方を監視しています。過去に傷ついたことや困ったことがあっても、なんとか乗り越えて生きてこれたという証をベースにして監視方法を決めて …

no image
夢を日常に活用する

私たちは覚えているかどうかは別として、寝ている時、そして起きている時でさえ「夢」を見ています。その夢は、この現実と関連性があります。 どんな夢であっても、それは今の私たちと何らかの形で関連しています。 …

夢で知るパーソナルリアリティ

寝ている間、(だけではなく今こうしている時も実はそうですが)私たちは「意識の源」「本質」に帰還をしていています。そこでは、私たちの全てのタイムラインや意識の領域が映し出されているモニタールームのような …

体外離脱でエゴを満たして日常を満足に生きる

私たちの意識は常に拡大していて、創造の源・始まりの瞬間、それは簡単に言えば私たちの本来の姿が放射されている領域であり中心です。常にその中心から、日々の日常の生き方が投影されて、私たちは生きています。 …

no image
夢と期待

夢と期待。言葉のニュアンスによりますが、夢も期待に繋がります。 つまりは、「実現不可能な幻想」としての夢の場合は「夢物語」として現実化はしません。例えば、「総理大臣になれたらなぁ」というのは夢になると …

no image
夢と現実

夢と現実が分からなくなるという声をよく聞きます。朝起きたときに今どこにいるのか分からなくなったり、日中も夢のような感覚でリアル感を感じれなくなってきたというような体験をされている方が増えているようです …

ワールドブルーチャンネル Vol.19 in ベータールーム

  動画ニュース&レポート「ワールドブルーチャンネル」の第19回目を公開しました。今回はゲストに、今度体外離脱ベーターセッションワークショップでコラボをする「にじいろパンダ」のフミさんとマミ …

no image
夢と現実

昨年末辺りから夢が非常に明晰になってきました。 正夢も増えてきましたし、リアルな体験をするような夢も見ています。 実際に体を動かして様々なことをリアルに体験するような夢の場合、 朝起きると寝相が悪くな …

夢は「見る」ものではない

夢と言うと、「夢を見る」というように表現されますが、実際のところ夢は見るものではありません。   夢を体験している時、私たちの意識はこの世界に留まっているのではなく、様々な意識の領域を体験し …