ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

ベーターセッションで体外離脱体験

      2014/11/27

10473577_10204360522485888_9161123987666213909_n

12/13(土)から始まる「体外離脱ベーターセッションワークショップ」ベーターセッションとは、特殊な音響システムで心身のバランスや意識の拡大をさせてくれるシステム。このベーターシステムを使って今回は特別な体外離脱ワークショップになります。シンプルな8つのステップとベーターセッションで体外離脱を行います。そして、昨日はサウンドチェックに行ってきました。

 

ベーターセッションでサグラダファミリアへ

今回のサウンドは今まで僕が作っていた体外離脱用サウンドを一新し、ベーターセッション用に作り変えました。ベーターセッションは通常のスピーカーやヘッドフォンで聞くのとは異なるため、アレンジが必要でした。今回のサウンドは、実際に意識が体から離れる際の音であるサウンドカレントの音を再現し、古のシャーマン達がトランス状態へと入る際に使ってきたシャーマニックビート、そして体外離脱のためのチャクラに対応するサウンドをミックスして作りました。今回は特別に1時間のベーターセッションになりますが、その流れは「リラクゼーション→体外離脱→帰還~リラクゼーション」という3部構成になっています。

実際に僕がその音で昨日チェックした際、体外離脱のサウンドで、サグラダファミリアへと体外離脱で行くことができました。やはり幻想的な場所ですね。美しいサグラダファミリアの内部に入り、幾何学的な模様なども体験してきました。この体験から、今回一新したサウンドで体外離脱が可能になると確信しました。

12/13の1回目のレクチャーでは、体外離脱・幽体離脱の違い、明晰夢などの概念から実際の体外離脱のためのシンプルな8つのステップ、ベーターセッションでの体外離脱の方法などを解説させていただきます。

 

体外離脱で新しい遊び場が分かる

体外離脱では「想像できる得る全ての体験」ができますが、やはり「ここだけが世界ではない」という事を知る事ができるのが最も大きなメリットじゃないかなと思います。もちろん、肉体を使って旅をすることは楽しいことですし意義もありますが、意識を使えばいつでも自由に様々な場所へと時空を超えて旅ができます。しかも、別の時空は、今の時間によって制限された空間ではなく、時間という枠を超えた世界もあります。ハリーポッターのような魔法の世界、マスターと呼ばれる存在の領域、アートのインスピレーションが詰まった空間、天使存在やエレメント達とコンタクトが取れる場所など様々。世界はここだけではないことを知る事は、本当に大きなメリットがあります。様々な恐怖や制限のリリースにも繋がりますし、ほしいものをこの世界で手に入れるためや、様々な能力の開花にも繋がってきます。

 

12月13日から始まる体外離脱ベーターセッションワークショップ。意識を拡大させて多次元的に生きることを知るために、今というかけがえの無い人生をエンジョイするために。ご参加お待ちしております。

 

with にじいろパンダさん

にじいろパンダのまみちゃんとフミさんと一緒に。

 

体外離脱ベーターセッションワークショップ

 12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 「 体外離脱ベーターセッションワークショップ 」
シンプルな8ステップと特殊なサウンドを用いたベーターセッションを用いて意識的な体外離脱を行うためのスペシャルワークショップ。

日時:12/13(土)2/8(日)+ベーターセッション 11時~18時
料金:72,000 円(税込)
会場:五反田JMAスペース+五反田ベータールーム
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - ワークショップ・イベント, 夢・OBE ,

  関連記事

WBC Vol.1 「リモートビューイングワークについて」動画ニュース

ワールドブルーがお送りするニュース動画、名付けて「World Blue Channel」です。その第1回は先週掲載させていただいたリモートビューイングのワークショップについてです。若干、映像的に粗いか …

2/4(木)イブニングワーク「マントラで現実化 節分バージョン」

明日3日は節分ですね。節分とは季節の分かれ目の節であって、特に立春の前の日。つまりは、暦の上では春ということで、カレンダー上ではなくて季節上の大晦日的な日ということですね。自然の流れを感じることは、私 …

多次元的に生きる

多次元的に生きるという言葉があります。 僕のワークショップでもこの言葉も一つのキーワードとしていますが、多次元的に生きるとは簡単に言えば「ここだけが自分の全てではないビジョンを持って、今この瞬間を味わ …

至点分点にまつわるストーリー

至点とは冬至、夏至を表す言葉で、分点とは春分と秋分を指す言葉です。この日は、太陽の恩恵や恵みを祝い世界中で様々なイベントが行われています。イギリスのストーンヘンジやアイルランドのニューグレンジなどをは …

ドリームヨガで夢を日常に活用する

夢を単なる夢として終わらせずに、夢の中で夢に気付き自由に夢を体験したり、日常の様々な場面で夢を活用することができると今の日常はどのようになるでしょうか?   夢は誰しもが体験しているサイキッ …

no image
12/27(日)今年最後のプレイショップ&忘年会

仙台から戻ってきました。仙台ではプレイショップや個人セッションなどを通して多くの方と出会うことができ、すごく楽しかったです。冬至の日ということで今を生きるという事をテーマに冬至のイベントにも参加させて …

no image
コスタリカ

誰でも夢や幽体離脱を使うと様々な場所に肉体無しで行くことができます。僕の場合、リアルに地名やその現地の言葉が夢に登場することがあります。 初めてのこのような体験をした時の話。夢の中で、ある島に妹と行き …

no image
uzume AKO東京ライブにサポート参加します

告知になりますが、ボーカリストuzume AKOの東京ライブが7/25(日)の午後2時~神田Party Roomにてありますが、そのライブにサポートでギター&シンセで参加させていただくことになりました …

近日開催のワークショップのご案内

段々と寒くなってきましたが、皆さまお元気ですか?ワールドブルーでは毎週各種テーマのワークショップ、プレイショップを行っています。仕事帰りでもご参加いただけるものから、ワンデイワーク等を企画しております …

アトランティスジャーニーでアトランティスとつながる

バハマのビミニ島へ以前行きました。そこでビミニロードというアトランティス時代に活用されていた道を海の底で見ました。これは眠れる預言者と呼ばれアカシックレコードを活用していたエドガーケイシーの予言により …