ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

本当は怖くない金縛りの正体

   

金縛り現象については生理学、医学、心理学等様々な視点がありますが、多くの体験者の情報としては金縛りは怖い体験として認識されています。

夜中に突然目が覚めたら全く体が動かない。何か人の気配を感じたら、胸の上に白装束の女の人が乗っていて首を絞めていた・・・とか、壁から無数の手が出てきたとか。

そんな体験ってありますか?それはもしかしたら思春期の頃に多くなかったでしょうか?個人差はありますが、平均的に、金縛りが頻繁に起こるのは思春期の頃が多いです。

 

シャーマニズムの視点から捉えると、金縛りは全く怖い体験ではありません。無意識に金縛りになっているとき、それは体は眠っているけども、意識が目覚めている状態。更に言えば、私たちの意識(魂や本質)が様々な領域を旅していた(意識が拡大していた)のが、戻ってきた時の現象です。まだ体と意識の結合が完全には行われていないので、これは体外離脱をしている時と同じ状態になっています。体の防衛本能もあり、意識が旅をしている時は安全策で勝手に動かないように金縛り状態になっています。

 

日本には様々な金縛りに関する情報があるので、それが意識の中にあると金縛りの際に実際にそれを投影して体験します。日本の場合は、おばけや幽霊が金縛りと結びついていて表れやすい。これがアメリカになると悪魔や宇宙人やモンスターになるようです。つまり、金縛りの際に「怖い」と想うと、怖いものが現れます。様々な金縛りにまつわる話は怖さが表現された体外離脱体験の話です。やはり、いきなり体が動かなくなる体験は怖いものですしね。でも、実際はただ意識が肉体に戻ってきた時の自然現象です。体外離脱の際は、日常で活用している体の感覚意識も一緒に体験をするので、その体験は日常を生きている時の感覚と全く同じです。この意味で、怖い体験をした時も、それはリアルな体験と言えます。体験した人には事実として認識されます。

 

金縛りの際に、本当に体験したいことを意図すれば、その体験が自由にできます。意図が無く、金縛りは怖いものという認識があれば、おばけ的な体験になり、本当に体験したいことという意図があれば、自由な体験になります。個人的な意見としては、どうせ体験するのであれば、怖い体験ではなくて、楽しくてワクワクするような体験をしたいと思いますし、実際そうしています。

 

金縛りは意識の世界と体の世界が生み出す、自然現象であり体外離脱体験でもあります。どんな体験をするかは意図次第。怖い体験にもなるし、楽しい体験にもなります。どちらにしても、私たちの感覚意識(五感や感情)も一緒に体験するので、その体験は日常と変わらずリアルそのものです。

 

10/21(土)に行う体外離脱ワークショップではこの点についても掘り下げてお話させていただきますし、実際に金縛り状態に意識的にしていく実践も行います。強いて金縛り状態にしていくプロセスが意識的な体外離脱体験になります。

→2017/10/21(土)ワンデイ体外離脱ワークショップの詳細へ

 


ワークショップのご案内

2017/11/29(水) イブニングワークショップ シャーマニックジャーニー
シャーマニズムの体験(創造の源)から見るこの世界のシステムや個人の現実についてや、その体験談をお話させていただきます。アウェイクニングプログラムのガイダンスも行います。
2017/12/17(日) イブニングワークショップ 冬至のマントラマラソンナイト
冬至を意図し、マントラを唱え続けるマントラマラソンナイト。参加者全員で唱える1時間のマントラ詠唱マラソンは圧巻!是非、その音を体感しに来てください。無料イベント。イベント後は忘年会を行います。
2017/12/23(土) イブニングワークショップ 体外離脱ワークショップ
~体外離脱への旅
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。

アウェイニングプログラム6期2018年2月3日スタート決定

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第6期は2018年2月3日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。

第6期(予定):2018年2月3日〜2018年11月10日
詳細:http://www.w-blue.com/awakening/index.php

top_awake

アウェイクニングプログラム動画

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントを公開しました。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時に、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。随時、ワールドブルーの情報やメッセージなどをLINEを通じてお伝えしています。 友だち追加数

 

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 夢・OBE ,

  関連記事

明晰夢で明晰に

明晰夢とは「夢の中で夢に気付いている夢」のことを指しますが、古のシャーマンやチベットの伝統の中でも実践されてきています。夢の中で夢に気付くとどんなことができるかですが、思いつくものは何でも体験できます …

眠れない夜に意識を拡大する方法や眠る方法

眠れない夜。そんな時、私たちは「早く寝なきゃ」とか「明日早いのに!」とか、焦ってしまい、ますます眠れなくなってしまう。気付けば、朝になっていたなんてことも。そんな体験したことありませんか。 &nbsp …

何度も見る同じような夢をリリースする

同じような夢を連続で見るという方いますか?夢に出てくる場面や登場人物は違うんだけど、何か似ているようなストーリーや感情が展開するというような夢です。もしかしたら、場面も場所も全く同じという夢を連続で見 …

夢の視点

今この瞬間も夢が続いています。寝ている時に見ていた夢は今も続いています。 一般的には、脳波がシータ波という状態になった時に私たちは夢を見ていると言われていますが、夢は様々なレベルで起こります。ふとした …

no image
寝言

自分では気付かないことの一つに寝言があります。僕も寝言をたまに言うようで、これは遺伝から来ているかもしれません。僕の父親は寝言のプロです。寝言で言葉を喋るのは当たり前ですが、ビートルズの歌を英語で歌う …

no image
王家の谷・ギザのピラミッドの夢

非常に強烈な夢を見ました。 仲間達とエジプトに行く夢で、高層ホテルの73階に泊りました。 そのホテルの窓から王家の谷、そしてギザのピラミッドが見えていて 携帯カメラで撮影して、このブログに投稿しました …

夢の記憶

最近再びリアルな夢や正夢を体験するようになってきました。 寝ている時に私達はエーテル体という魂意識の領域にアクセスしていて 時空を超えた様々な記憶にアクセスしているようです。 そして正夢とはそのデータ …

ソワソワした一日

今日は何だかソワソワとした予感がしている一日でした。 昨日は暖かかったのに、今日は雨ということもあるかと思いますが。 どうしてこんな気分なのか思い出してみたところ、昨夜見た夢にあるようでした。その夢で …

no image
タイムトラベルの夢

タイムトラベルは人類の長年の夢的なイベントとして映画や書籍などで取り上げられていますよね。映画では「Back to the Future」シリーズが有名ですよね。 アインシュタインやホーキング等の現代 …

御蔵島のイルカ達

8/31~9/3に「ネイチャー&ミスティックツアーワーク」と題して、御蔵島で野生のイルカ達と泳ぎ、御蔵島の自然と触れるツアーを行いました。天候にも恵まれ、またイルカ達にも恵まれ、参加頂いた皆様がたくさ …