ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

ヒーリングがコントロールになるとき

   

playfulness

 

世の中には様々なヒーリングの手法やアプローチが存在しています。西洋医療や漢方やアーユルヴェーダ的な東洋医療、エネルギーを使った気孔的なアプローチ、意識のパワーを使った方法、カウンセリングなどの心理的なアプローチなど、実に様々なものがあります。このブログをお読みいただいている方の中にも、ヒーリングに携わっている方もいらっしゃるかと思います。ヒーリングの主な目的も手法によって様々あるかと思いますが、一般的には自分や相手を健やかな状態へとサポートすることですね。

 

ヒーリングの手法はあくまでもテクニックや概念であり、とても大切なのはヒーリングを行う前の意識状態だと感じています。どんな手法を使ったとしても、意識の中に「相手を助けたい」「私しか救うことができない」「私には特別なヒーラーだ」というような想いがあると、それはヒーリングではなくコントロールになることがあります。一時的に相手を癒す状態となったとしても、相手を依存させてしまったり、自分の力に陶酔してしまったり、相手は再び不健康な状態となってしまうこともあり得ます。相手の許可無く勝手にヒーリングをしてしまうことも、相手にとっては地獄になってしまうということも。自分にとっての天国は相手にとっての地獄という状態ですね。

 

また、ヒーリングを行う際に自分自身のブロックや葛藤などを相手に投影してしまうということもよく起こります。そうなると、同じ土俵に立つことになり、自己憐憫や自己重要性的なストーリーの中に入ってしまうこともあるでしょう。そうなると、ヒーリングをすればするほど、疲れた状態になってきたり、よくある話で「相手のモノを受け取ってしまった」というストーリーが展開されます。私たちは許可が無い限り、相手のモノをそのまま受け取ることはありません。相手のエネルギーが切欠となり、自分の中にある何かが反応すると「受けてしまった」というような話が出てきます。

 

ヒーリングは優れた人類のテクノロジーだと感じますが、行う前の意識の状態を純粋で健やかにしておく必要があると感じています。その状態であれば、どんな手法を使っても使わなくても、自然と健やかさが拡大し、癒しが起こります。この意味で、ヒーリングは何かアプローチや手法を行う前に既に完了しているということになります。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング ,

  関連記事

瞑想が導く間の世界

私たちは起きている時間と寝ている時間の二つの領域だけではなく、第三の領域を味わうことができます。それが間(ま)という概念になります。   何でもそうですが、間はとても大切ですね。例えば、映画 …

no image
心のケアも日常に

風邪にならないように体を暖めたり、虫歯にならないように歯を磨いたり、熱中症にならないように水分を取ったり等、私達は日々体のケアを習慣的に行います。小さい頃から日々の習慣で体と向き合って過ごしてきました …

no image
フィーリング・感情と向き合う

日々様々な出来事が起こり、その度に私たちは感情やフィーリングを体験しています。うれしさや辛さ、不安やワクワク、悲しみや抑揚感など、様々な感情やフィーリング、それがあるからこそ私たちは「生きている」実感 …

リラックスする最適な時

昨日5/13は娘の1歳の誕生日でした。お祝いと妻エリーのねぎらいを兼ねて、伊豆伊東の温泉に行ってきました。思い出に残る誕生日になりました。しかし、一年はあっという間ですね。娘の日々の成長を暖かく見守っ …

フィンランドの入浴方法

フィンランドのロヴァニエミに滞在した際に、サンタスポーツというスパやサウナ、プール等が楽しめる複合スポーツセンターに行きました。 そこで発見したのが、ユニークな入浴法。まず、38℃のお湯に4分程浸かり …

ハートチャクラのシンボル

人間には主幹として7つのエネルギーセンターがあります。これはチャクラと呼ばれているもので、サンスクリット語で「輪」を意味する言葉です。そして、私たちのバランスを司っているチャクラが胸腺部分にあるハート …

恐怖が妨げる新しい挑戦

何をするにも体が恐怖を味わっていると、いくら頑張ったり、努力して勉強したりしても、なかなか身に付くことができなかったり、時間が掛かったり、また元通りに戻ってしまうということが起こります。   …

no image
体のサイン

今週は私にとって、また私と関わる人々にとって大きな出来事が起こりそうです。今日だけでも様々な出来事の前兆が来ています。しかも悪いと思われることもいつもの倍となって戻ってきたり・・・そう言えば悪いと考え …

no image
土地のエネルギー

福島~仙台の旅から戻ってきました。やはり昔の想いというのは残っているもので、実際に思い出のある場所にいくと当時の思い出が鮮明に蘇ってきます。特に、ゆっくりではなくて突然その土地から去ることによって、エ …

遊びのパワー

遊ぶことはパワーであり、私たちの原動力です。 「遊び」と聞くと、社会的にはあまりよいイメージには捉えられないようで、「遊んでばかりじゃ人生ダメになる」「遊んでばかりいず働きなさい」というようなイメージ …