ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

右半身がおかしい!?

   

うーん、今日は右半身がおかしいです。痛みが右足、右腕、首と頭の右側に痛みがあります。ズキズキする痛みで、昨夜は痛みで目が覚めるほど・・・・こんな経験は初めてで・・・

今後起こる出来事の象徴的な肉体的変化かもしれないので、記録の意味でブログに書いてみました。

もし、僕と同じような体験がある方は、コメントよろしくです_(._.)_

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

サウンドワークショップシリーズ販売スタート♪

サウンドワークショップシリーズCDの販売をスタートしました。 ただ、聴くだけではなく、使うためのサウンドCDになります。自宅でできるサウンドワークショップです。 チャクラのバランスや活性化を意図した「 …

節分で自然を感じる

今日2月3日は節分ですね。節分とは季節の分かれ目の節で、特に立春の前の日。   つまりは、暦の上では春ということで、カレンダー上ではなくて季節上の大晦日的な日ということですね。今日は東京はと …

no image
土地のエネルギー

福島~仙台の旅から戻ってきました。やはり昔の想いというのは残っているもので、実際に思い出のある場所にいくと当時の思い出が鮮明に蘇ってきます。特に、ゆっくりではなくて突然その土地から去ることによって、エ …

no image
ヒップホップ復活!

約2年振りにヒップホップ(ダンス)を再開しました。 大井町にあるスポーツクラブの一日体験券を利用し、ヒップホップのクラスに参加してきました。 初めてクラスに参加するときってちょっと不安もありますが、 …

通勤は運動にならない?

セッションやワークショップでお越しになる方に運動は最近されているかをお聞きすると「会社に行く際に歩いて行っています」という声をよく聞きます。   しかし、残念ながら通勤では運動にはならない事 …

no image
花粉症は意識から

花粉症の情報が過激になってきていますね。皆さんの中にも眼がかゆかったり、鼻水が止まらない方いらっしゃるのではないでしょうか。しかし、この花粉症は、テレビや新聞・雑誌などの情報が原因だってご存知ですか? …

ナイスなジンジャードリンク

個人的に生姜を愛用しています。ご存知の通り、生姜は体を暖めてくれますし、アーユルヴェーダ的には消化にもよいと言われています。定期的に生姜湯を愛飲していますが、今回なかなか美味しくて生姜らしいスパイシー …

呼吸の必要性

毎日している呼吸。いつも無意識になりがちですが、呼吸には非常に優れたパワーがあります。体内のエネルギーは食事として認識されがちですが、ほとんどのエネルギーは呼吸から吸収されています。体温を一定に保つの …

生姜の季節

いよいよ11月。今年の秋はなんか短い感じもしますが、これから寒い季節に向かいますね。特に今年は夏が暑かったので、冬は冷え込むとの予測があり、体調の管理が大切ですね。 個人的にこの季節だけではなく年中に …

ヒーリングがコントロールになるとき

  世の中には様々なヒーリングの手法やアプローチが存在しています。西洋医療や漢方やアーユルヴェーダ的な東洋医療、エネルギーを使った気孔的なアプローチ、意識のパワーを使った方法、カウンセリング …