ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

スイッチ

   

どんな事でもそうですが、何か新しい事を始めようとすると恐怖や不安というものが襲ってきます。しかし、それを乗り越える一握りの勇気があれば、新しい事は自分の人生の一部になってきます。

新しい事を身に付ける事は、温泉に似ているなぁと思っています。はじめは熱くて体を全部お湯の中につけるのは抵抗がありますが、一度お湯の温度になれてしまえば、とても気持ちがよくリラックス体験へと繋がります。

また、マラソンやジョギングにも例えられますね。走っているとお腹が痛くなったり苦しくなってきますが、あるポイントを超えるとペースに乗って楽に走る事ができます。

英語などの新しい言語を話す体験にも似ています。はじめはしどろもどろで文法を気にしたり間違ったらどうしようという不安等が出るものですが、あるポイントを過ぎるとスイッチが入り、すらすらと言葉が出てくるものです。

何か新しい事や状況に進むとき、まずはやってみるしかありません。いろいろと悩んだり考えたりし過ぎると、私たちは過去へと行ってしまったり、未来に対する不安へと進み、今この瞬間を味わう事ができなくなる傾向があります。一気にやる必要はありませんが、ちょっとづつでも歩を進める勇気が本当にほしいモノを手に入れたり、なりたい自分になるためのキーだと感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

現実化のための意図には目的や理由はいらない

福岡でのワークショップ&セッションから戻ってきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。今回も福岡グルメも堪能してきて充実した福岡でした。福岡へは春〜初夏にまた行きたいと思います。また、地 …

「私」の源

全ての表現の中には、私たちのビジョンが入っています。それが歪んでいようとダイレクトであろうと、私たちの本質の輝きのエッセンスが入っています。何をしていても、何を見ていても、そこには私たちらしさ・ビジョ …

Miracle

私達の体験・体感は自由です。どんな体験をしようともなりたい自分になれ、ほしいモノを現実化させる力があります。 傷付いて不安に溢れる人生を選択することもできますし、楽に努力やためらいの無い人生も選択でき …

no image
チャレンジ 牧師が中古車ディーラーに!

昨夜なかなか面白い番組を見ました。ドキュメンタリー番組で、アメリカのメイン州の牧師が、ラスベガスの中古車ディーラーのセールスマンになりきるというものです。1ヶ月で完全になりきり、最終日には本当のプロの …

no image
期待とビジョン

「期待」という言葉があります。「こうであったらいいなぁ」という未来に対する予測ですね。期待することで、私たちは未来に対しての目標や目的を持ち、ある種のモチベーションをキープすることができます。 しかし …

no image
チャレンジ 才女がチアリーダーに!

面白いドキュメンタリー番組を観ました。アメリカのハーバード大学のある才女が、たった3週間でチアリーダーになるという人間改造というテーマのプログラムで、最終日にはプロの中に混じってチアリーダーのオーディ …

no image
欲しいものを手に入れる

「何かを得るには何かをしなければならない」 もちろん全ての人には当てはまらないかもしれませんが、 小さい頃から私たちの多くはこのようなルールを作り上げて受け取ることをしてきたでしょう。 「親に褒められ …

no image
想い=現実

結局、この世の中で見ている世界は自分が想像(創造)している世界です。そして、それは個人個人ユニークな世界になっています。だから、他人と比較することは正直あまり価値は無いことです。なぜならば、一人一人が …

no image
下手vs上手

日々私たちは誰かの創造力が現実化したモノと触れ合っています。パソコン、料理、ペン、映画、音楽、カメラ、机、靴・・・等など、認識しているモノは誰かの創造力から生まれたものです。日常の中で当たり前にあるも …

no image
様々な答え

一つの疑問には複数の答えが存在していることがよくあります。必ずこうならなければならない、こうでなければならない、というように疑問に対して一つの答えに絞ってしまうと「答えの流れ」の中に入らず、自分が思っ …