ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

ほしいものを手に入れる方法は一つではない!

   

Sriyantra_energy

私たちはこの世界でいろんな体験をしています。手に入れるもの、なりたい自分になるものは、千差万別。人それぞれのアプローチで最終的には「己を知る」ことになります。そのプロセスにおいて、ほしいものを手に入れること、なりたい自分になっていくことが必要です。

 

 意図通りの現実が展開していますか?

ほしいものを手に入れることは、現実化やマニフェステーションと呼ばれています。人によっては引き寄せの法則と呼ぶかもしれませんね。そして、日々の様々な場面で現実化は起こっています。現実化の連続と言っても過言では無いと感じています。今、目の前に現れている世界は自分が創り出した世界です。どんな現状であっても、それが他者の影響を受けていたとしても現実化は起こっています。今体験している世界は意図した通りに展開していますか?それともなかなか想うようにほしいものが手に入っていませんか?

 

オリジナルの方法で現実化をする

なかなかほしいものが手に入らなかったり、なりたい自分になれていないように感じている場合、それは過去や他者との比較がそうさせているでしょう。過去や他者の方法をそのまま鵜呑みにして生きることは、自分を生きるのではなくて過去や他者を生きているということになります。欲しいものを手にいれる、なりたい自分になるための方法は一つではありません。方法は人それぞれです。もっと言えば、自分のオリジナルの方法があるはずです。

「あの人がこうしたから、こうしなければばらない」
「この本にはこう書いてあったから、こうしなければならない」
「常識では、これを手にいれるにはこうしなければならない」

というような想いがあれば、それは要チェックです。あなたは他者にはなれませんし、なろうとする必要もありません。他者の方法を参考にするのはよいですが、そのままでうまくいくとは限りません。ではどうしたらよいか?あなたのオリジナルの方法が必要になります。

例えば、あなたがやりたい事が、資格や免許が必要な場合もあるでしょう。でも、オリジナルの方法に気付けば、容易に、そしてシンプルに取得することにもなりますし、努力や頑張る必要なくビジョンを実現できるでしょう。

 

オリジナルの方法を見つける秘訣

オリジナルの方法を見付ける秘訣は、大きなビジョンを持つことから始まります。大きなビジョンとは、灯台の灯に例えます。真っ暗闇を船で航海しているとしましょう。真っ暗であると、元来た航路を戻ろうとしたり、適当に進んだり、「あの人がこうしたからこっちへ行ってみよう」とか「過去は確かこうだったからこうしてみよう」というような想いで迷ってしまいます。でも、そこに灯台の灯があれば、話は簡単で、ただ灯を元に目的の方向へ進めばよいだけです。その道に何があるかなんて関係ありません。ただ、目的地が見えているからそこにいけばよいだけです。

大きなビジョンとは、細かいプロセスを決めつけずに、すでに自分のビジョンが現実化している場面を意図することです。

「どんなことがあるかわからないけど、結婚している」
「どんなプロセスがあるかは置いておいて、結果的にカフェを経営できる」
「どんなことがあるかはわからないけど、ヒーラーとして活動している」

というように、プロセスを限定せずに意図を明確にすることです。

あとは、今この瞬間を味わいながら生きていくだけです。今の瞬間の連続がプロセスを作ります。そのプロセスをワクワクと味わうことが結果的にオリジナルの方法となります。何かを現実化するためには、この世界では多かれ少なかれ時間が必要です。焦ることは結果的に時間を遅くしてしまうものです。大きなビジョンを意図したら、時間は気にせずに今を意識して生きていきましょう。結果的に、早く欲しいものが手に入ります。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性) , ,

  関連記事

言葉のキャンバス

この世界は全てに形があります。私たちが日々使っている「言葉」も形です。日々、些細な言葉であっても、何らかの形でこの世の中に姿を現します。この意味で、言葉はパワフルですね。 今この瞬間、目の前にある空間 …

パーソナルリアリティ

私たちが認識している世界は個人個人の見方によって変わります。どのような価値感や新年じゃなくて信念を持っているかが、世界を見せています。 不安になったり心配になったりしている事は、他者にとってみるとシン …

遠慮が現実化を遅らせる

欲しいものを現実化する、なりたい自分になるために私たちはこの世界で様々な体験を一人一人がしていますが、なかなか現実化がスムーズに展開していかない一つの理由として「遠慮」があります。   幼少 …

自分の力で自分を認めると現実化が起こる

私たちは日々、自分自身が持つ価値感・信念に基づいて、世界を体験しています。この世界で何を体験するかは一人ひとりがこの世界にやってくる前にプログラムした内容に基づいていますが、それをどのように体験するか …

マントラの響き

マントラとは「音」「音節」「音の集まり」という意味がある言葉で、ヴェーダというインドから伝わる叡智です。日本で言えば、お経の元であったり、五十音(あいうえお)にも大きく関わっているものです。基本は「創 …

Signs(サイン)

ナイトシャラマン監督作品のサインはとても分かりやすい形でシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然的な出来事)を描いた作品だと感じています。 日本語タイトルは「サイン」ですが、英語タイトルは「Signs …

no image
現実化の裏にあるもの

現実化は誰しもが今この瞬間もしています。それは無意識的にも意識的にも。また、今体験している事もあるポイントで意図した結果と言えます。そして、今意図している事は未来に体験することになります。 例えば、悲 …

no image
夢と期待

夢と期待。言葉のニュアンスによりますが、夢も期待に繋がります。 つまりは、「実現不可能な幻想」としての夢の場合は「夢物語」として現実化はしません。例えば、「総理大臣になれたらなぁ」というのは夢になると …

プロセスや手段を一切考えずに現実化させる

年末ですね。今日は大掃除をされている方もいるんじゃないですかね。一年の区切りとして掃除をして、来年を明るく迎えるのは気持ちもスッキリしますね。   新しい年を迎えるに当たって、来年はどんな年 …

no image
できるvsできない

何かに興味を持って進んでいる時、何かの問題が起こった時、何かの壁にぶつかった時、等様々な状況で「できる」「できない」ということがテーマになってきます。これは人生で必ず浮上することで、成功・失敗と大きく …