ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

時空間の歪み!?で実現化を

   

bdaff116.jpg最近、なんだか時間の感覚が通常と違うようなセンセーションがしています。
時間の進み方がやけに速く感じたり、曜日や日の感覚がなんだか
分からなくなるという感覚もしています。
時間というものは本当は幻想であり、魂レベルで観察すれば実際は存在していません。しかし、私たちは肉体を持って様々な出来事を観察するために
時間を利用しています。時間とは状況ですね。
ある研究では、楽しいことをしているときは時間が速く進む感覚がするという結果が出ています。
もう数年前からですが、時間がスパイラル状にあるポイントに向かって
速くなってきていると言われてきています。
時間が速くなるということは、物事が速く現実化できるということです。
今まで数年掛かっていたことが数日で出来てしまうということも
可能になってきていると感じています。
ならば、その時間の速さを活用するべきで、今までいろいろな言い訳や
ストーリーを作り上げて行動に移していなかったことをどんどんと行動に
移し、夢を現実化させるチャンスの時ではないでしょうか。
言い訳やストーリーを作るのはとても簡単で、行動することは
ある種の勇気(エネルギー)が必要です。しかし、一歩踏み出せば
全ては自然に流れて、本当の自分に繋がっていくものです。
今まで重い腰を上げることが出来なかった趣味や企画にエネルギーを
入れて実践してみてはいかがでしょうか。きっとすごいことが起こります。

写真は今日の雲です。また龍のような雲と細長い雲が水平に並んで現れていました。何を象徴しているのかな。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性)

Comment

  1. miyu より:

    初めまして。毎日ホームページを拝見させていただいております。
    私も感じています。先月からやけに思ったことが現実化するスピードが速くなりました。それも強く思ったことより、ふっと軽く思ったことのほうが。
    それもたいしたことじゃないんですけど・・・。
    気がついたら、「あれ?そういえば、こんなふうにしたいって思ってたよね・・・」くらいな感じなんです。
    何かお気に入りの石たちのせいなのか、ある人の本で読んだ「心にプラスパワーをためた(といっても本人はまったく自覚ないんですが)」結果なのか、よく分かりません。
    とにかく、感謝の心だけは忘れないようにしたいと思います(そうすると、もっといい具合に流れていくそうなので)
    でも、富さんのおっしゃる通りなのかもしれませんね。そういうすごいことって感じる力は持ってないんだけど(石の波動とかもあんまり分かりません(^^;)「そうなのかー」って思いました。そういえば、最近周りにおいてある石たちの輝きが増してる気がします。

  2. より:

    miyuさん、コメントありがとうございます。
    本当に想念が現実化するスピード速くなってきてますよね。
    この仕組みに気付き、スィッチが入れば、あとは本当に自分が望むことをドンドンと現実化していくだけですね。
    心にプラスをためるという概念も一理あるかもしれませんが、
    実は私達の心は常に中立にいます。しかし、思考でいろいろ分析する
    ためにプラスとマイナス、良い・悪い、等の2つに分類しがちです。
    心にはプラスもマイナスも無いので、miyuさんの意識状態がクリアに
    なり統合の段階に進んだ結果だと感じます。石はそのことについて
    教えてくれる感謝すべき存在ですね。
    石のエネルギーの感じ方は人それぞれです。肉体的な感覚で感じる人もいますし、miyuさんのように投影された形(現実化として)感じることもあります。石たちの輝きが増しているのはその証じゃないかなって思いますよ。
    是非これからも石と一緒にエンジョイして「自分らしさ」を現実化していってくださいね。
    では!

  3. miyu より:

    「みんなのモンダイ」というクイズで「鈴虫寺のお地蔵様」についての問題が出たのですが、その答えを見逃してしまい、ずっと気になってて今日「鈴虫寺」で検索したのです.そして、なにげなく、その答えの載ってたほかのページを見ていたら、(ここから長いです)「一切皆空」という言葉についての文がありました。
    【「あらゆる物には、その意味があるのか?あらゆる物には、その存在の意義はあるのか?」その答えは「あらゆる物には、本来的にその存在の意義や意味があるのでもなく、ないのでもない。存在しているあらゆる物は本来的に“空”であり“0(ゼロ)”である」です。
     ご存じの方も多いかと思いますが、私たちが日頃使っている数字の0はインドで発見されたものです。まさに“空”が“0”なのです。“0”や“空”と言っても、なにも無いのではなくて、あるのでもなく、ないのでもない、と言う全くニュートラルなもののあり方です。0に1を加えれば+1となり、0から1を引けば-1となります。なにも加えず、なにも引かない、全くフラットな状態が“0”なのです。
     元々“空”であり“0”であるものに、意味を見いだしたり、意味を見いだせなくしているのは“そのもの(対象)”ではなく、その対象を見ている側の人間に原因があるのです。(中略)あらゆる物は全て“空”であり“0”なのですから、人の人生もそれを免れません。人間の人生も本質的には“空”なのです。しかし、自分の人生を考えたとき、その対象であるはずの人生と、それを見ている見る側とが、意志を持った同じ人間に帰属する為に、本質的に空である人生を“空”として実践するところに難しさがあるのです。
     先に言いましたように、あらゆる“空”なるもに、その意味や意義を見いだしているのは、見る側の人間です。だから、どのような人生であっても、そこに意味や意義を見いだせるのも人間なのです。反対に言えば、「自分の人生は意味のないものであった」「自分には生きる価値がない」「生きる意味を教えてくれ!」と悲観的に考えてしまうのも、人間なのです。】という文が。
    実は、富さんのコメントを読んで、その「中立」という意味を考えていたところでもあったので、たかがテレビのクイズの答えを見逃したことからのこの導き方にびっくりしちゃいました。
    ちなみに私の言う「プラス」はいい気分でいること。「マイナス」は嫌な気分を貯めることだったのですが。ひとつのことをマイナスよりもプラスに解釈したほうがいいってことを言いたかったのです(^-^)そんな気分をたくさん貯めると、もっと現実化のスピードが速くなるそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ためらわないこと

現実化を遅くする一つの葛藤は「ためらい」です。 本当に欲しいものや現実化させたいことに対して、個人的な判断を加えてしまいためらってしまいがち。 例えば、 「私にはそれを得る資格がない」 「皆が反対する …

コマンディング

コマンディング(指示をする・指令を下す)とは私達のハートの望みを現実化するための一つのキーです。指令をする、と聞くとちょっとキツイ表現に聞こえますが、コマンディングとは「ためらいなく意図や気持ちを言う …

遠慮が現実化を遅らせる

欲しいものを現実化する、なりたい自分になるために私たちはこの世界で様々な体験を一人一人がしていますが、なかなか現実化がスムーズに展開していかない一つの理由として「遠慮」があります。   幼少 …

一粒の水滴もたくさん集まると岩を砕く力に

たった一粒の水滴も、たくさん集まれば岩をも砕く程のパワーを持ちます。   これは、どんな事でも少しづつの力がいつの間にか大きなものになることの例えですね。塵も積もれば山となる。ということでも …

ドルフィンマインド Vol.4 Final -ビジョンを生きる- ご案内

8/24(金)19時~21時に五反田JMAスペースにて「ドルフィンマインド Vol.4 Final  – ビジョンを生きる-」を開催します。ワールドブルー10周年記念ワークショップとして開 …

embrace

マントラの歌姫とも言われるDeva Premal(デーヴァ・プレマール)。日本でも最近は人気が出てきていますが、アメリカやヨーロッパでは高く評価されている女性シンガーです。最近インド料理のマスターにも …

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …

no image
他力本願で行こう!

他力本願・・・この言葉はよく聞きますよね。よく使われている意味は、「他人に依存して物事を行なうこと」というような意味で使われていますが、これは本来の意味とは異なった誤用です。 他力本願という言葉は仏教 …

no image
期待とビジョン

「期待」という言葉があります。「こうであったらいいなぁ」という未来に対する予測ですね。期待することで、私たちは未来に対しての目標や目的を持ち、ある種のモチベーションをキープすることができます。 しかし …

夜明け前

最近の世界や日本の状況は過酷とも言える状態になってきているように思います。それは地球全体から始まり、国、地域、会社、家族、そして個人へと影響が広がってきているように感じます。 特に私たちは以前の過去の …