ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

大野百合子さんとの出会い

   

5ce31fe3.jpg2月27日(日)にi unity(アイユニティ)主催の「アトランティスの叡智-過去世退行でアトランティスの叡智を思い出す」が開催されます。クリスタルを使ったワークショップということもあり、スピリチュアルストーンがストーンを協力することになっています。

i unityは大野百合子さんと洋子さんが運営しています。先日、ワークショップの打ち合わせということで事務所にお越しいただきました。写真はその時に撮影したi unityのお二人です。

大野百合子さんは様々なメタフィジクス、スピリチュアル関連の通訳や翻訳をされて活躍されている方です。百合子さんと出会っていなければ僕の今はどうなっているのだろうか、と思うほど僕に様々な気付きのプロセスを与えてくれた方です。

百合子さんとは前の職場で出会いました。前の職場は英語の通訳の学校で、僕はIT関連の業務を行っていました。その学校には卒業生のメーリングリストというのがあり、ある時卒業生の自己紹介が流れてきました。
ちょうどその時、僕はブライアンワイス著の
前世療法を読んでいる時で、前世の存在に興味を示していた時でした。そんな時に百合子さんのメッセージが流れてきて、通訳や翻訳をやりつつ、前世療法セッションもやっているという内容が書かれていました。まさに見事な共時性を感じ、百合子さんにメールを送りました。これが百合子さんとの出会いの切欠で、その後しばらくメル友として様々な情報交換を行いました。そのうちに、百合子さんの前世療法を受けることになり、百合子さんから「ゲリーボーネルの通訳を行うので、その時に会えるから来てみない?」という誘いもあり、ゲリーのワークに参加しました。その時に、実際に百合子さんと、そしてゲリーの二人に出会ったんです。まさに出会うべくして出会ったという感じがしています。百合子さんには様々な情報をいただき、その情報から様々な出会いや出来事が起こり、今の自分がここにいるという感じです。僕の中のキーパーソン的な方です。

i unityとして今後は様々な活動をされていくと思います。皆さんももし機会があったら是非ワークショップ等参加してみてください。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

コミュニケーションから創造される世界

この世界は言葉で創られている、という言葉がありますが、まさにこの世界は日々のコミュニケーションから創造されているとも言えます。   言葉で演じるシナリオの世界 この世界は他者との関係性を通し …

no image
大学入学前のシンクロニシティ

18の時、地元の松本を離れ、福島市での一人暮らしが始まりました。大学入学式の前には大学近くのアパートへ無事引越しを済ませ、人生初の一人暮らしがスタートしました。初めて一人で暮らした日に、大学では新入生 …

思考から言葉へ

日々の日常で私たちが使っている言葉。言霊という言葉が日本にはあるように、声に出した事にはエネルギーが宿り、それがやがて目の前に現れてくるものです。 そもそも、私たちが使う言葉には、無意識に話したとして …

ハーベスト

この世界では時間があります。そのため、大なり小なり何かを現実化させるためには、「時間」が掛かります。 それを例えると野菜や果物。ただ種を巻いただけでは種や苗が育たず、実を得る事ができません。望んだ実を …

多次元的につながっているパラレルワールド

オランダでのスペシャルリトリートが終わり、本日はスペインのバルセロナにやってきました。気候は今の東京と同じ位ですね。オランダより暖かい印象。参加いただいた皆さまは個人差はあるもののリチュアルでは言葉で …

no image
既に存在している

例えば、目の前に一枚の白い紙があるとします。これから、その紙に絵を描こうとしているところをイメージしてみてください。 頭の中では、何を描こうかと考えたり、構図を考えたり、「あの時、こうしたから今日はこ …

no image
チャレンジ 牧師が中古車ディーラーに!

昨夜なかなか面白い番組を見ました。ドキュメンタリー番組で、アメリカのメイン州の牧師が、ラスベガスの中古車ディーラーのセールスマンになりきるというものです。1ヶ月で完全になりきり、最終日には本当のプロの …

no image
映画のような世界

この世界は自分自身がどのように存在したいかという大きな意図の元に成り立っているように感じています。つまり、全てが思い通りになる世界だと大げさに聞こえてしまうかもしれないけど、僕はそのように感じています …

態度が現実を創る

今見ている世界は、どんな状況であっても自分自身が意図して見たいと想い作り上げられた世界と言えます。もっと言えば、自分の意図が五感・感情として表現された世界です。 本当はこうなりたいと想っているはずなの …

no image
ためらわないこと

現実化を遅くする一つの葛藤は「ためらい」です。 本当に欲しいものや現実化させたいことに対して、個人的な判断を加えてしまいためらってしまいがち。 例えば、 「私にはそれを得る資格がない」 「皆が反対する …