ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

現実化しない理由はパワーの使い方にある

   

new_world

この世界は全てが意図で創造されています。今、目の前に起こっている体験も全て私たちの意図の結果として表れています。この意味でシンプルな世界になっていると言えます。

 

その意図をこの世界に現実化させることがパワー《想う力》です。もちろん、パワーをどのように使うかは人それぞれです。パワー自体には偏見はありませんし、意図にも偏見はありません。どれだけ強く、決意して想うかが現実化を加速させてくれます。

 

なかなか現実化が起こらない場合や想った事とは逆のことが起こっている場合、それはパワーが弱くなっているか、パワーの方向性が本質と異なっていると言えることができます。体が体験した過去の記憶に基づく思考パターンや行動パターンがパワーを弱めているか、本質的な意図に逆スピンを掛けてしまうようにパワーを使ってしまっているのかもしれません。

 

例えば、「病気になりたくないから、○○をしたい」「二度と不安になりたくないから、○○を手に入れたい」というような意図があったとします。この両者の意図は、結果的に病気や不安を現実化させる力があります。なぜならば、意図には偏見が無いので、「○○したくない」といった場合、「○○」にエネルギーは流れていくからです。つまり、どこに想いがあるかがポイントになります。先ほどの例の場合、結果が実際に意図したものとは異なるため、矛盾・葛藤が生じ、不満な人生が展開していきます。

 

意図とは想う力です。本質的にワクワクすることを意図するか、体がビクビクすることを意図するのかで結果は全然違ってきます。本質的にワクワクする意図は矛盾なくスムーズに、シンプルに人生は展開しますが、体がビクビクする意図は人生がややこしくなります。ワクワクな意図は自己完結、ビクビクな意図は他者承認とも分類できます。

 

もし現実に不満がある場合、意図を見詰めなおしてみてくださいね。

 

さてさて、いよいよアウェイクニングプログラム第3期は2/20(木)からスタートです。3期はどんな感じになるのか楽しみです。少人数制で創造の源を体験するためのプログラム。残席1となっておりますが、ギリギリ今からでも間に合います。本当に決意ができた方、是非お申込ください。

ワークショップのご案内

2/25(木) イブニングワークショップ 「 セルフパワーヨガ 」
自己の本来のパワーに気付き、自分自身を認め、自信を持ってパワフルに生きていくためのヨガ。

日時:2015/2/25(木) 19時~21時
料金:3,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening382.html

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 現実化・シンクロ(共時性)

  関連記事

no image
スピリチュアル英語上達法 その2

英語を上達するには「意図」が大切になります。これは、英語だけでなく、何を行なうにもそうですが、意図がないと自分の明確なヴィジョンが見えなくなってしまい、結果的に現実化が遅くなってしまいます。 英語を学 …

no image
実をつけるために・・・

この世界のシステムのユニークな点は「時間」という道具があるということです。 そのため、種を蒔いて、芽が出て、実を結ぶには、時間が多かれ少なかれ掛かります。 もしこの「時間」にフォーカスをしてしまうと、 …

遠慮が現実化を遅らせる

欲しいものを現実化する、なりたい自分になるために私たちはこの世界で様々な体験を一人一人がしていますが、なかなか現実化がスムーズに展開していかない一つの理由として「遠慮」があります。   幼少 …

no image
ためらわないこと

現実化を遅くする一つの葛藤は「ためらい」です。 本当に欲しいものや現実化させたいことに対して、個人的な判断を加えてしまいためらってしまいがち。 例えば、 「私にはそれを得る資格がない」 「皆が反対する …

no image
現実化がしない時

よくメールやブログのコメントで現実化がなかなかしなかったり遅い時があるという話を聞きます。そのような時のポイントを今回はちょこっと書きたいと思います。 現実化にはここの世界では遅かれ早かれ必ず「時間」 …

no image
できるvsできない

何かに興味を持って進んでいる時、何かの問題が起こった時、何かの壁にぶつかった時、等様々な状況で「できる」「できない」ということがテーマになってきます。これは人生で必ず浮上することで、成功・失敗と大きく …

no image
意図のままに

私達の人生は私達の意図に基づいて進んでいます。しかし、意図は意図であって、どのような出来事が起こるかは、その時に起こる事象にどのように反応するかで結果は変わってきます。例えば、「創造性を発揮する」とい …

蜘蛛の巣

私たちの世界はまるで蜘蛛の巣のようです。それも、平面的にできている蜘蛛の巣ではなくて、中央から放射しているような蜘蛛の巣をイメージしています。 中央にある本質・源・はじまりの瞬間が、放射していきます。 …

自分の力で自分を認めると現実化が起こる

私たちは日々、自分自身が持つ価値感・信念に基づいて、世界を体験しています。この世界で何を体験するかは一人ひとりがこの世界にやってくる前にプログラムした内容に基づいていますが、それをどのように体験するか …

no image
現実化はそうなっている

例えば、辛い料理を食べるという体験をためらい無く意図するとき、辛い料理を食べる体験が待っています。それは、どこにいても、どんな状況であってもそうなります。 例えば、ヨーロッパに行く体験をためらい無く意 …